「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

中野 充浩

「東京ポップカルチャー研究家」「都市生活コラムニスト」「事業開発プロデューサー」
文筆家/編集者/企画家/脚本家/作詞家/コピーライター/選曲家

中野充浩(なかの みつひろ)
1968年神戸市生まれ、大阪と東京で育つ。1989年、学生時代より文筆家として活動。同世代に関するノンフィクション・コラム・エッセイを、『PLAYBOY日本版』『週刊プレイボーイ』『BART』(集英社)『ポパイ』(マガジンハウス)『エスクァイア日本版』『i-Dジャパン』(UPU)『バァフアウト!』(ブラウンズブックス)などの雑誌で企画・取材・執筆。他に短編小説、映画・TVドラマ・Vシネマの脚本(東映ほか)、ラジオ番組の企画構成やナビゲーター(J-Wave)など。

2000年より10年間、出版社の編集部/広告部、メディア系ベンチャーに勤務(一部業務委託)。主な仕事にフリーマガジン/カスタム出版の開発監修(マツモトキヨシ*フリーマガジンの草分け「デジマガ」/フジテレビ*業界初番組連動「めざましマガジン」/ユニマット「ジョイーレ」/エクシング「ポケメロ」/スターアライアンス「R25」ほか)、デジタルサイネージ型店舗設置メディアの開発運営とコンテンツの企画監修(マツモトキヨシ/ローソン/ガスト)、新雑誌の開発監修(角川書店)、ティーン向けファッション誌の編集(英知出版)、モバイルコンテンツの企画編集(角川書店)、クロスメディア広告の営業企画(主婦の友社/リクルート)、ナイトスポット連動型ファッションショーの企画運営(主婦の友社)、公開オーディションイベントの企画運営と総合プロデュース(ローソン)など。

2010年よりWebメディアの運営(『TAP the POP』『Music Imidas』)、雑誌・書籍での執筆のほか、プロジェクト単位で事業開発や企画プロデュース業務を行う。
2020年より日本発の新たなポップカルチャー事業、日本の未来を担う全国の高校生世代に向けたEdTech事業などを始動。

●著書に『デスペラード』(1995年/ソニー・マガジンズ)、『バブル80'sという時代』(1997年/アスペクト)、『うたのチカラ』(2014年/集英社)、脚本に『となりのボブ・マーリィ』(1995年/東映)など。

●note(コラム・エッセイ・小説)
https://note.com/neuromancer

★お知らせ
*Webマガジン『Tokyo Wise』にて、「Tokyo Pop Culture Graffiti〜Tokyoに描かれた時代と世代の物語 1983-2015」を連載中。
http://tokyowise.jp/category/rensai/tokyopopculture

*日本テレビ『教師役の陣内孝則が推定家賃70万の一軒家でひとり暮らしをしていた時代…とマツコ』監修・出演(2019年8月/2020年5月再放送)

*日本テレビ『角川春樹が薬師丸ひろ子に機関銃を乱射させた時代…とマツコ』出演(2020年8月)

【事業開発分野】
日本発のポップカルチャーの開拓、キャリア教育/金融教育の改革、EdTech及びeラーニングの活性、それに伴う人財の発掘と育成、東京と地方間・企業間シナジーの創出、子と親から考える日本の親孝行(cotooya*商標登録)など。

【企画プロデュース分野】
Webメディア/会員制メディア、プラットフォーム/アプリ、デジタル/動画コンテンツ、企業/店舗ブランディング、ティーン/中高生マーケティング、イベント/講演、キャラクター/グッズ、商品開発/店舗設計、雑誌/フリーマガジン、書籍/コミック、映画/ドラマ、テレビ/ラジオ番組など。

【執筆分野】
1980〜2010年代の東京の都市文化・若者文化・ポップカルチャー全般及びその変遷、世代と時代と東京の関わり、バブル世代や高校生の動向をはじめ、洋楽・洋画・TVドラマ・ベンチャー企業・人財採用・都市生活・ステップファミリーにも詳しい。他に小説や脚本、漫画や絵本の原作など。

********************************************
お仕事の依頼、取材・出演の依頼はこちらまで
nakano@tapthepop.net

中野 充浩 が最近聴いてるアルバム

中野 充浩 の記事一覧

TAP the SCENE

キャデラック・レコード〜ビヨンセも出演した伝説のレーベル“CHESS”の物語

レコード会社を描いた映画はこれまで数々作られてきたが、中でもメンフィスのサンやデトロイトのモータウン、NYのアトランティックといったインディペンデントと呼ばれる…

TAP the SCENE

ナイト・アンド・デイ〜ポピュラー・ソングに“永遠の若さ”を刻んだコール・ポーター

「壮大な音楽探求」の旅路を愛する人たちがいる。英米や日本のオールドロックの呪縛から解き放たれ、世界中の国々や土地の音楽、ロック以前以外の時代やジャンルの音楽を開…

TAP the SCENE

パルプ・フィクション〜世界のポップカルチャーの記号になったタランティーノ作品

一つの映画の中に3つの物語を入れて、犯罪映画のアンソロジーを作ろうと思ったんだ。1930〜40年代に流行った大衆犯罪小説(パルプ・フィクション)からヒントを得て…

TAP the SCENE

エリザベスタウン〜絶望して生きる気力を失いかけた時はこの映画を観よう

人生には失敗なんてつきものだし、その経験が成長の糧となっていくことは言うまでもないが、もしスケールの違う“大失敗”をやらかしてしまった時、人は一体どうなるのだろ…

TAP the SCENE

her/世界でひとつの彼女〜スマホ片手に都会で虚しく静かに生きる人たちへ

『her/世界でひとつの彼女』(Her/2013) の主人公セオドア(ホアキン・フェニックス)は、昔は新進気鋭の書き手だったが、今はネット企業に勤めていて代筆ラ…

TAP the SCENE

ブギーナイツ〜ポルノ映画に従事する人々の愛と葛藤を描いたドラマであの名優は復活した

ロサンゼルス郊外、サン・フェルナンド・ヴァレー。70年代から80年代にかけてこの地では数多くの映画が作られた。映画と言ってもポルノ。そう、ここは「もう一つのハリ…

TAP the SCENE

セッション〜“完璧な音楽”を求めてぶつかり合う狂気の師弟関係

今、最も注目されている映画監督の一人、デイミアン・チャゼル。まったくの無名だったこの監督を一気に有名にしたのが『セッション』(Whiplash/2014)。サン…

TAP the SCENE

1984〜数多くの音楽や映画に影響を与えたジョージ・オーウェルのディストピア世界

2019年は平成の終わりと新元号、2020年は東京五輪開催と一大イベントを立て続けに控える日本だが、我々はこの4つの数字(西暦)に時には弄ばれることが少なくない…

TAP the SCENE

キル・ビル〜オマージュが吹き荒れる復讐を誓った女の孤高の旋律

小説も音楽も映画も美術も、過去の偉大な作品の影響なくして創造されない。作り手の体験や無知なることに対する取材、あるいは空想でさえ大切なのは言うまでもないが、文化…

TAP the SCENE

モーターサイクル・ダイアリーズ~南米大陸縦断の旅で「革命家チェ・ゲバラ」は生まれた

黒のベレー帽を被ったチェ・ゲバラの顔がプリントされたTシャツや煙草やポスターを見たことがある人は多いと思う。また、ベニチオ・デル・トロ主演の映画『チェ 28歳の…

TAP the SCENE

ブレードランナー2049〜リドリー・スコット監督の夢を引き継いだ“伝説”の続編

『ブレードランナー2049』(Blade Runner 2049/2017)が2017年10月27日に劇場公開された。何せあれだけ時間を掛けて伝説と化した前作『…

TAP the SCENE

ディパーテッド〜男たちの“甘い夢”が聞こえてくる完璧な映画

「完璧な作品」と呼ばれるものがある。例えば音楽の世界では、ヴァン・モリソンの『アストラル・ウィークス』やジョニ・ミッチェルの『ブルー』といったアルバムがそう評価…

2 / 8512345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ