佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄いたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the DAY

ナット・キング・コール〜20世紀を代表する偉大なシンガーは、もともと“歌わないはずの”ピアニストだった〜

それは今から半世紀前の出来事だった。 1965年2月15日、20世紀の音楽シーンに偉大な功績を残した男が、サンタモニカの病院で家族に看取られながら静かに息をひき…

TAP the NEWS

チョコレートの歌〜清志郎とチャボの出会い〜

チョコレートから始まった出会い…そして“特別な再会” 1970年代になってすぐに、二人は渋谷の音楽喫茶『青い森』で出会う。 程なくして、チャボは実に多忙な日々を…

街の歌

The Dark End of the Street〜多くのアーティストが歌い継いできた“不倫ソング”の意外な誕生秘話とは!?〜

通りの暗がりで いつも俺たちは逢う 居てはいけない場所で物影に隠れ 二人の過ちを隠すために暗がりで生きる 俺とおまえ通りの暗がりで…俺とおまえ この「Dark …

TAP the NEWS

I’d Have You Anytime〜ジョージ・ハリスンとボブ・ディランによる“共作歌詞”はこうして生まれた〜

この「I’d Have You Anytime」は作詞の一部をボブ・ディランが協力し、イントロを含むリードギターでエリック・クラプトンが参加という豪…

TAP the STORY

レディー・ガガ27歳〜世界で最も稼ぐ二十代となった彼女が経験した裏切りと、シアトリカルな創造力〜

2013年、レディー・ガガは27歳にしてアルバム『ARTPOP』で新境地を切り拓いた。アルバムのリリースイベントをニューヨークのブルックリン海軍工廠(Brook…

TAP the NEWS

二人の友情〜ジョン・レノンの名盤『Rock ’n’Roll』の選曲にミック・ジャガーも関わっていた!?〜

1960年代、イギリスで誕生したビートルズとローリングストーングは人気を二分しながらもよきライバル関係でもあった。 ミック・ジャガーはジョン・レノンと初めて会っ…

TAP the DAY

カレン・カーペンターを偲んで〜輝かしい活躍の舞台裏で彼女が抱えつづけた“心の闇”とは!?〜

1983年2月4日、カレン・カーペンターは32歳でこの世を去った。 死因は摂食障害がもたらした心不全だった。 カーペンターズといえば、彼らが活躍した1970年代…

TAP the DAY

シド・ヴィシャスの死〜革ジャンのポケットから発見された直筆の遺書〜

パンクのアイコン的存在として現代の若者やカルチャーにも影響を与え続けているシド・ヴィシャス。 1979年2月2日、彼は麻薬の過剰摂取によってこの世を去った。享年…

TAP the DAY

プロフェッサー・ロングヘアを偲んで〜“ロックンロール界のバッハ”と呼ばれた男の足跡と功績〜

“ロックンロール界のバッハ”と呼ばれた男、プロフェッサー・ロングヘア。 1980年、彼は61歳になった年にニューオーリンズの黒人街の借家で心臓発作を起こしてこの…

TAP the NEWS

ミック・ジャガーが勲爵士(ナイト)になった日―後編

♪あちこちで行進と突進する音が聞こえる 夏が来て、市街戦にはぴったりの季節だから この可哀想な少年にできるのは ロックンロールバンドで歌うことくらい 寝ぼけたロ…

TAP the DAY

We Are The World〜チャリティソングの金字塔となった歌がレコーディングされた日〜

1月28日は、アフリカ難民飢餓救済のためのチャリティソング「We Are The World(ウィ・アー・ザ・ワールド)」がレコーディングされた日である。 それ…

TAP the STORY

クリッシー・ハインド27歳〜ハイスクール時代に描いた夢を10年後に叶えた彼女のロックな履歴書〜

クリッシー・ハインド。 ロック界の姉御的存在として常に第一線で活躍してきた彼女は27歳で大きな転機を迎え、翌年にプリテンダーズとしてデビューを果たした。 プリテ…

TAP the NEWS

ミック・ジャガーが勲爵士(ナイト)になった日―前編

♪王宮を陥落させる革命の時が来た でも俺の住んでいるところは妥協案を出そうとしている この可哀想な少年にできるのは ロックンロールバンドで歌うことくらい 寝ぼけ…

街の歌

デトロイトメドレー〜B・スプリングスティーンが観客に呼びかける「心臓の弱い人は一旦会場から出てくれ!」その訳とは!?〜

ブラックミュージックファンなら“知らぬ者がいない”レーベルMotown Records 。そのモータウンサウンド発祥の地となったのが、アメリカのミシガン州南東部…

TAP the DAY

ジェリー・マリガンを偲んで〜バリトンサックスを相棒に“ジャズ人生”を見事に全うした男の足跡〜

作家の村上春樹は著書の中でジェリー・マリガンについてこんな風に綴っている。 たしかレコードジャケットの写真で最初に彼の姿を目にしたとき、なんだかひどく眩しく感じ…

TAP the DAY

ひこうき雲〜ユーミンの才能を世に知らしめるきっかけとなった“稀代の名曲”の誕生エピソード〜

僕がユーミンと知り合ったのは、まだ彼女が中学生のころでした。 新宿の『ACB』や池袋の『ドラム』といった都内のジャズ喫茶でよく話をしました。出会ったころのユーミ…

TAP the NEWS

Something〜ジョージ・ハリスンの最大のヒット曲はこうして生まれ、歌い継がれてきた〜

あの娘の仕草のひとつひとつが ほかの誰よりも強く僕をひきつける 愛をささやく時の何かが… もうあの娘を離したくない 心からそう思う 本当に この歌は、1969年…

TAP the DAY

ダニー・ハサウェイを偲んで〜事故死だったのか?自殺だったのか?その栄光の裏で彼が苦悩しみ続けたものとは?〜

ダニー・ハサウェイを語るに言葉はいらない。 1970年、キャロル・キングは彼のデビューアルバム『Everything Is Evrything(新しきソウルの光…

TAP the NEWS

悪魔と深海〜“面倒くさいことこの上ない”未練がましい恋心を歌ったJazzの名曲〜

君が僕をだましているのは みんなが知っていることだよ きっと君はすべて僕が悪いんだと言うだろう ありふれた手でも君にやられると効くね こっちが勝手に大きな間違い…

TAP the NEWS

Show Me The Place〜天国へと旅立って行った詩人レナード・コーエンが生涯探し続けた場所とは?〜

教えてください あなたのしもべに、どこへ行ったらいいか 教えてください 忘れてしまい、どこにあるか分からない場所を 教えてください、その場所を 途方に暮れた私に…

スポンサーリンク

4 / 19<<...23456...>>
Pagetop ↑