佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。ライター/シンガーソングライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

■PV「唄うたい」(YouTubeライブ動画)
https://www.youtube.com/watch?v=1j0ZiOPVGWQ

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

b4782d1f

TAP the NEWS

尾崎豊I Love You〜17歳という年齢と純粋さが生み出した“歌い継がれる名曲”の誕生秘話〜

「今にして思うと…彼は歌詞になるべく英語を使わないと言っていたわりには、やっぱり急場しのぎでつけたようなタイトルでしたね。でも急場しのぎって凄くいいものができる…

d1355-2201-465839-0

TAP the DAY

季節が君だけを変える〜BOØWY時代の氷室京介が受け入れた“最初で最後”の歌詞変更と、解散を意識したレコーディング舞台裏のドラマ〜

ガラスの中の退屈な街 踊りつかれた 今夜バレリーナ じゃあもう お別れのキスをしておくれ 雨のヴェールで隠れてるうちに いつもテンダネス だけどロンリネス ガラ…

120121132_guthrie_376792c

TAP the DAY

ウディ・ガスリーを偲んで〜ディランやスプリングスティーンに多大な影響を与え男の功績と“本当に伝えたかったメッセージ”とは!?〜

ウディ・ガスリーを“アメリカの国民詩人”と定義したのは、日本人の村上春樹だった。 アメリカ人は、彼をプロテストソングの先駆者として、またはアメリカンフォークソン…

20378-01

季節(いま)の歌

百万本のバラ〜その原曲“マーラが与えた人生”を生んだラトビアの悲劇の歴史〜

10月といえば、秋薔薇のシーズンです。 「秋の花は腕で咲かせる。」と言うように、春花後の手入れと日頃の努力の結晶が見事な秋花となって応えてくれるのだという。 秋…

maxresdefault

TAP the NEWS

ぼくたちの失敗・森田童子〜引退から10年後に突如として注目を集めた謎のカリスマ歌手の正体と消息〜

春の木漏れ日の中で 君の優しさに埋もれていた僕は 弱虫だったんだよね 君と話し疲れていつか黙り込んだ ストーブ代わりの電熱器赤く燃えていた 地下のジャズ喫茶 変…

story_161001

TAP the STORY

生きながらブルースに葬られ〜ジャニス・ジョプリン27歳、彼女が死んだ夜の足跡〜

それはジャニス・ジョプリンの遺作となったアルバム『PEARL』のレコーディング中におきた悲劇だった。 1971年にリリースされた本作は、ジャニスが新たなバックバ…

machinouta_160925

街の歌

五番街のマリーへ〜700人の女性たちと乗り込んだ大型客船の中で生まれた!? 阿久悠の“無国籍ソング”〜

この「五番街のマリーへ」は、ペドロ&カプリシャスの5枚目のシングルとして1973年10月25日に発売された。 彼らの前作「ジョニィへの伝言」と同様にロ…

img_1

TAP the NEWS

ルビーの指環物語・後編〜3部作同時チャートイン、その伏線とビートルズをモデルにした常套手段〜

くもり硝子の向こうは風の街 さめた紅茶が残ったテーブルで 衿を合わせて日暮れの人波に まぎれる貴女を見てた 「指環」と書いて“ゆびわ”と読ませたこの昭和歌謡を代…

story_160924

TAP the STORY

井上陽水27歳〜日本の音楽史上かつてなかった“画期的”なレコード会社、フォーライフの誕生経緯〜

楽しいことなら何でもやりたい 笑える場所なら何処でも行く 悲しい人とは会いたくもない 涙の言葉で濡れたくはない 青空、あの日の青空、ひとりきり 何かを大切にして…

day_160922

TAP the DAY

別れのブルース〜日本初の“ブルース歌謡”の誕生秘話と、淡谷のり子が経験した特攻隊員たちとの悲痛な別れ〜

特攻隊の慰問にいったときのこと。 白鉢巻をした兵隊さんがいっぱいいるんですよ。 ちょっと横を向いたら2~30人もいたでしょうか. 中には子供みたいな兵隊さんもい…

0000184 のコピー

TAP the NEWS

ルビーの指環物語・前編〜29歳で経験した大病、石原裕次郎の一声、担当プロデューサーの戦略〜

くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから… 「指環」と書いて“ゆびわ”と読ませたこの昭和歌謡を代表するミ…

marc_bolan

TAP the DAY

耽美な歌〜オスカー・ワイルドの美学に共鳴したグラムロック〜

「けばけばしい俗物だ!」 「病的で有害だ!」 そんな罵声を浴びながら誕生したグラムロックの歴史は、T・レックスの1sシングル「Ride A White Swan…

day_160916_02

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで②〜映画出演、人生最後の恋、ラストステージ…そしてパリでの寂しい晩年〜

1969年、46歳を迎えた彼女は、心の痛手を振り切るかのように映画『王女メディア』(1970年公開)の撮影に挑んでいた。 それは、自身のキャリアにおいて初となる…

day_160916_01

TAP the DAY

マリア・カラスを偲んで①〜過食症、年の差婚、大富豪との恋、自殺未遂…波瀾万丈の歌人生〜

1997年9月16日13時30分、パリの自宅の浴室で一人の女性歌手がこの世を去った。 家政婦によれば、彼女は正午頃に目を覚まして朝食をとり、ふらつく足取りで浴室…

original

TAP the DAY

ビル・エヴァンスを偲んで〜マイルスとの出会い、パートナーや実兄との死別、悲劇の最期〜

「ビル・エヴァンスの演奏には、いかにもピアノという感じの静かな炎のようなものがあった。」(マイルス・デイヴィス) 1980年9月15日午後3時30分、ジャズピア…

news_160911

TAP the NEWS

カルメン・マキ物語〜高校中退、寺山修司アングラ劇団との出会い、紅白歌手、そしてロックへの転向〜

「高校をやめてどうするの!?」 1968年のある日、彼女の母は語気を強めて言った。 カルメン・マキことマキ・アネット・ラブレイスは当時まだ17歳の高校二年生だっ…

imanouta_160911

季節(いま)の歌

すみれSeptember Love〜まさに“新しい波(ニューウェイヴ)”を起こした土屋昌巳の才能と功績〜

この「すみれ September Love」は、土屋昌巳(当時30歳)率いる一風堂が1982年7月21日に発売した6枚目のシングルである。 当時、最先端のスタイ…

news_160904

TAP the NEWS

八田ケンヂの歌魂〜よりシンプルかつストレートで“メッセージ色の強い”ソングライティング〜

「ヒューマン」 何でもありじゃねぇ!ルールがあるのさ! 人として生きる 魂のルールが! オレたちの中の良心に恥じるな! オレたちの中の愛に恥じるな! アイアム …

800__P2093262

街の歌

無縁坂〜母の人生を坂道に喩えながら綴ったさだまさしの名曲〜

母がまだ若い頃 僕の手をひいて この坂を登るたび いつもため息をついた ため息をつけば それで済む 後だけは見ちゃだめと 笑ってた白い手は とてもやわらかだった…

掘下さゆりA写・切取-1024x682

TAP the NEWS

堀下さゆりの子育てソング〜一児の母となって紡いだ “ママさんあるある”応援歌〜

今日も一日頑張りました 一人で育児奮闘しました 髪振り乱して顔も洗えず 気づけば一日終わってました 可愛いあの子はやっとねんね すやすや天使のような顔して これ…

スポンサーリンク

4 / 17<<...23456...>>
Pagetop ↑