「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。唄うたい/ライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

TAP the STORY

ポール・スタンレーとジーン・シモンズ〜出会った瞬間に認め合った互いの才能

1970年、当時18歳だったポール・スタンレーは、商業デザイナーになるため通っていたニューヨークのハイスクール・オブ・ミュージック&アートを卒業する。 その後、…

TAP the STORY

沢田研二27歳〜海外進出、結婚、そしてキャリア最大のヒット曲〜

日本を代表する歌手、沢田研二。 彼はザ・タイガースでデビューした19歳から現在に至るまでの約50年間、毎年欠かすことなくレコーディングし、作品を発表し、ツアーを…

Extra便

デイヴ・バーソロミュー追悼〜“ニューオーリンズ音楽の巨人”と呼ばれた男の偉大な足跡と功績

2019年6月23日の午前中、“ニューオーリンズ音楽の巨人”と呼ばれたデイヴ・バーソロミュー(享年100)がニューオーリンズ郊外メテリーのイースト・ジェファーソ…

TAP the NEWS

ダイアナ・ロスの少女時代〜母親が口ずさんでいたゴスペルソング、15歳で結成したガールズグループ

1944年3月26日、彼女はミシガン州のデトロイトの街で生まれた。 セント・アントワーン通り5736番地にある集合住宅の23号室。 彼女は幼い頃に過ごしたその場…

TAP the DAY

ジュディ・ガーランドを偲んで〜“史上最高のエンターティナー”と呼ばれたトップスターの光と影

1969年6月22日、アメリカのポピュラー音楽の歴史において大きな功績を残したジュディ・ガーランド(享年47)が滞在先のロンドンで死亡した。 死因は睡眠薬の過剰…

TAP the STORY

木村充揮と内田勘太郎〜15歳の出会い、ブルースの魔力に惹かれていった二人

「内田と友達になって、どっちも好きな音楽が似とってね。そのうち内田の方がブルースにどんどんハマって行って、僕もだんだんブルースってええなぁと思うようになったんで…

TAP the DAY

ジョン・リー・フッカーを偲んで〜“ブギの王様”と呼ばれたブルースマンの足跡と功績

2001年6月21日、“キング・オブ・ブギ”の名で親しまれたブルースマン、ジョン・リー・フッカー(享年80)がカリフォルニア州サンフランシスコ近郊ロス・アルトス…

TAP the DAY

ジェリー・ゴフィンを偲んで〜妻キャロル・キングと幾多の名曲を生み出した作詞家が、別れの後に綴った失恋ソング

「彼の詞は、多くの人々が感じていながら言い表す術(すべ)を知らなかった想いを表現していた。」(キャロル・キング) 2014年6月19日、キャロル・キングの元夫で…

TAP the NEWS

アレサ・フランクリンの少女時代〜大好きだった母親の死、偉大な父親の存在、十代で経験した出産

「フランクリン家の居間にはグランドピアノがあって、幼いアレサが弾く姿を見て打ちのめされたよ。まだ7歳だというのに複雑なコードを押さえて、節まわしが難しいサラ・ヴ…

TAP the DAY

マレーネ・ディートリヒの「リリー・マルレーン」が日本で発売された日

1975年(昭和50年)6月15日、ベルリン出身のハリウッド女優マレーネ・ディートリヒが歌った「リリー・マルレーン」(ビクター)が日本で発売された。 同年の国内…

TAP the NEWS

サミー・デイヴィス・ジュニアの少年時代〜3歳の頃から踏み入れたショービジネスの世界

「俺は3歳の頃からショービジネスにどっぷり浸かっていた。寝起きはホテル、下宿屋、移動の車に列車やバス、そして楽屋だった。」 1925年12月8日、彼はニューヨー…

TAP the STORY

スティーヴン・タイラーとジョー・ペリー〜運命的な出会い、探し求め合っていた“ミッシングリンク”

「1964年から1970年までに俺が在籍したバンドには、足りないものが一つあった。必須の材料が欠けていたんだ。ジョーがその“ミッシングリンク”だった。ミックとキ…

4 / 59<<...23456...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ