佐々木 モトアキ

【佐々木モトアキ】
福岡県出身。ライター/シンガーソングライター。
1988年、アルバム『TOO MUCH “GAMBLER”』(The Sham)でワーナーパイオニアよりデビュー。
1990〜2007年、THE HUNDREDS(ザ・ハンドレッズ)のフロントマンとして活動。
音楽活動を中心に、俳優・モデル・ライター・アパレル業など様々な経験を経て“表現者”としてのベースを築く。
2008年、福岡に帰郷。
2010年、二度目の上京。
2011年〜2014年、集英社・漫画系笑劇団『なりキり座』のプロデューサーを務める。
2014年、書籍『うたのチカラ JASRACリアルカウントと日本の音楽の未来』(集英社)にて、浅川マキ・美空ひばり・漣健児・岩谷時子にスポットをあてたコラム「舶来メロディに“超訳”乗せて」を執筆。
現在は、音楽系デジタルコンテンツ『TAP the POP』にて記事を配信中。
2014年よりアンプラグドスタイルの新たな音楽活動を再開。
2015年1月、オフィシャルブログを開設。

■佐々木モトアキOfficial Blog〜感謝と覚悟とケセラセラ〜
http://ameblo.jp/sasakimotoaki/

■PV「唄うたい」(YouTubeライブ動画)
https://www.youtube.com/watch?v=1j0ZiOPVGWQ

佐々木 モトアキ が最近聴いてるアルバム

佐々木 モトアキ の記事一覧

街の歌

デトロイトメドレー〜B・スプリングスティーンが観客に呼びかける「心臓の弱い人は一旦会場から出てくれ!」その訳とは!?〜

ブラックミュージックファンなら“知らぬ者がいない”レーベルMotown Records 。そのモータウンサウンド発祥の地となったのが、アメリカのミシガン州南東部…

TAP the DAY

ジェリー・マリガンを偲んで〜バリトンサックスを相棒に“ジャズ人生”を見事に全うした男の足跡〜

作家の村上春樹は著書の中でジェリー・マリガンについてこんな風に綴っている。 たしかレコードジャケットの写真で最初に彼の姿を目にしたとき、なんだかひどく眩しく感じ…

TAP the DAY

ひこうき雲〜ユーミンの才能を世に知らしめるきっかけとなった“稀代の名曲”の誕生エピソード〜

僕がユーミンと知り合ったのは、まだ彼女が中学生のころでした。 新宿の『ACB』や池袋の『ドラム』といった都内のジャズ喫茶でよく話をしました。出会ったころのユーミ…

TAP the NEWS

Something〜ジョージ・ハリスンの最大のヒット曲はこうして生まれ、歌い継がれてきた〜

あの娘の仕草のひとつひとつが ほかの誰よりも強く僕をひきつける 愛をささやく時の何かが… もうあの娘を離したくない 心からそう思う 本当に この歌は、1969年…

TAP the DAY

ダニー・ハサウェイを偲んで〜事故死だったのか?自殺だったのか?その栄光の裏で彼が苦悩しみ続けたものとは?〜

ダニー・ハサウェイを語るに言葉はいらない。 1970年、キャロル・キングは彼のデビューアルバム『Everything Is Evrything(新しきソウルの光…

TAP the NEWS

悪魔と深海〜“面倒くさいことこの上ない”未練がましい恋心を歌ったJazzの名曲〜

君が僕をだましているのは みんなが知っていることだよ きっと君はすべて僕が悪いんだと言うだろう ありふれた手でも君にやられると効くね こっちが勝手に大きな間違い…

TAP the NEWS

Show Me The Place〜天国へと旅立って行った詩人レナード・コーエンが生涯探し続けた場所とは?〜

教えてください あなたのしもべに、どこへ行ったらいいか 教えてください 忘れてしまい、どこにあるか分からない場所を 教えてください、その場所を 途方に暮れた私に…

TAP the STORY

ノラ・ジョーンズ27歳〜休む間もない4年間を経て、ようやく完成させた全自作曲による3rdアルバムの満足度〜

「自分で書いた曲をどれも誇りに思っているけど、とりわけ物語やキャラクターを用いて仕上げた曲をすごく気に入っているの。そうした“書き方”において、歌詞だけじゃなく…

TAP the DAY

マリアンヌ・フェイスフル70歳〜ミック・ジャガーの恋人、薬物・アルコール依存症を乗り越えて、老婆を好演する女優となって〜

「That of all the girlfriend’s he’s (Jagger) ever had,He loved her(Ma…

季節(いま)の歌

Happy Xmas (War is Over)〜ジョンとヨーコが出した異例の広告看板から生まれた切なるメッセージソング〜

So this is Xmas クリスマスがやってきたね And what have you done 今年はどんなことをしたんだい Another year …

TAP the NEWS

2016 TAP the NEWS下半期〜人気記事&推し記事ダイジェスト〜

2016年もあと数日で終りですね。 カレンダーをめくると、もうすぐそこには新しい年が待っています。 今週はTAP the NEWSが 2016年下半期に公開した…

TAP the NEWS

スローなブギにしてくれ〜気弱で強がりなハードボイルドの世界観を見事に仕立て上げた南佳孝と松本隆の手腕〜

この南佳孝が作曲した「スローなブギにしてくれ(I want you)」は1981年1月21日にリリースされた。 作詞はこの当時からヒットメーカー(作詞家)として…

TAP the DAY

季節の中で〜松山千春の名を全国区にした名曲の誕生には“寂しさ”と“闘志”という伏線があった〜

あれはね、ひとつの流れで出てきた歌だからね。 それまで、いわゆる俺の曲を作るペースの流れから“すーっと”出てきた歌だから、自分ではそれほど印象に残っている歌じゃ…

TAP the NEWS

Black Coffee〜なんとも言えない“女心”をあらわしたジャズの名曲〜

ひどい孤独に襲われて一睡もできやしないわ 部屋を歩き回ってはドアを見つめる そしてその間に飲むのはブラックコーヒー 恋とは使い古しのホウキのようなもの この部屋…

TAP the DAY

それはあの悲劇が起きる3年前の出来事だった〜ジョン・レノンとデビッド・ボウイと過ごした“香港での想い出”を語るイギー・ポップ〜

1977年に香港でジョンに会った。 2歳くらいだったショーンと旅行中で、日本にいるヨーコに会いに行く途中だった。 俺はデビッド・ボウイと彼の友人でアシスタントで…

TAP the DAY

トム・ウェイツOl’55を聴きながら〜父への想い、若き日の路上への憧れ…そしてハイウェイ沿いで目にした光景〜

時はすぐに過ぎ去ってゆく 俺は急いで愛車の55年製に飛び乗った ゆっくりと車を出すと神聖な気分になった ほんとうに生きている感じがしたのさ 今、太陽は昇り 俺は…

TAP the NEWS

私たちの望むものは〜“フォークの神様”と呼ばれた男が、社会への抗議(プロテスト)を自身に変換して紡ぎ出した強烈なメッセージソング〜

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく 私たちの望むものは 生きる喜びなのだ 私たちの望むものは 社会のための私ではなく 私たちの望むものは 私たちのための社…

街の歌

On the Sunny Side of the Street〜ウォール街株価大暴落から始まった世界的な大恐慌時代、人々の心に勇気と希望を与えた歌〜

(ヴァース・前置き) 歩くときはいつも独りぼっち ずっと話し相手もいなかったよ あるのは陰気な暗がりと憂鬱だけ ところがある朝、君が通りかかり僕の心が晴れたんだ…

季節(いま)の歌

春夏秋冬〜泉谷しげるに“歌わせない・弾かせない”手法で最大のヒットを生み出したプロデューサー加藤和彦の手腕とは!?〜

ボブ・ディランもそうじゃないですか。 初期の頃はワー!っと歌ってるんだけど、そういう歌い方をやめるじゃないですか。 吉田拓郎もそうだよね。 いわゆる“歌い上げる…

TAP the NEWS

尾崎豊Oh My Little Girl〜本人亡き後にして“最大のヒット”となったラヴソングはデビュー前の大学ノートの中で産声をあげていた〜

こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら …

スポンサーリンク

4 / 19<<...23456...>>
Pagetop ↑