TAP the CHART

『タイタニック』が世界中で大ヒットした1998年、コーンの断末魔の叫びが聴こえた

2015.08.13

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第16回は、1998年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1998年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES

❶Too Close / Next
❷The Boy Is Mine / Brandy and Monica
❸You’re Still the One / Shania Twain
❹Truly Madly Deeply / Savage Garden
❺How Do I Live / LeAnn Rimes
❻Together Again / Janet Jackson
❼All My Life / K-Ci & JoJo
❽Something About the Way You Look Tonight/Candle in the Wind 1997 / Elton John
❾Nice and Slow / Usher
❿I Don’t Want to Wait / Paula Cole

世界中で記録的なヒットとなった『タイタニック』


★TOP 10 ALBUMS
❶Titanic / Soundtrack
❷Let’s Talk About Love / Celine Dion
❸Sevens / Garth Brooks
❹Backstreet Boys / Backstreet Boys
❺Come on Over / Shania Twain
❻Yourself Or Someone Like You / Matchbox 20
❼City of Angels / Soundtrack
❽Big Willie Style / Will Smith
❾Savage Garden / Savage Garden
❿Spiceworld / Spice Girls

スクリーンショット(2015-08-10 14.49.17)
【1998年の主な音楽的出来事】
○ナタリー・インブルーリアの「Torn」やグーグー・ドールズの「Iris」がエアプレイ・チャートで大ヒット。
1990年代半ば頃、レコード会社はアルバムを重視して、シングルCD盤のリリースを減少する傾向にあったが、ラジオでアルバムの収録曲が大ヒットしても(エアプレイチャートで1位を記録していても)、シングル盤が発売されていないために、チャートには入らないという現象が起こった。このため、1998年12月5日付よりビルボードHOT100は、“シングル盤”から“曲”対象へのチャートに変更した。

○日本ではヘヴィ・ロック/ラウド・ロックなどと呼ばれたニュー・メタルの看板バンド、コーンの『Follow the Leader』がナンバー1に。9月からはリンプ・ビズキットを引き連れてファミリー・ヴァリューズ・ツアーを開始。

○ノーマン・クックのプロジェクト、ファットボーイ・スリムが『You’ve Come a Long Way, Baby』をリリース。ビッグビートでダンスフロアを中心にブレイク。

○フージーズで活躍したローリン・ヒルがソロ作でブレイク。

○映画『タイタニック』とサントラ盤や主題歌が世界的大ヒット。
○サミー・ヘイガー脱退後のヴァン・ヘイレンが元エクストリームのゲイリー・シェローンを加えて新生し、アルバムをリリース。
○元ストレイ・キャッツのブライアン・セッツァーが『The Dirty Boogie』をリリース。
○ビースティ・ボーイズが『Hello Nasty』をリリース。
○レッド・ホット・チリ・ペッパーズに1992年に脱退したジョン・フルシアンテが復帰。 
○カルチャー・クラブ、バウハウスが再結成ツアー。
○アイドル・グループのバックストリート・ボーイズがブレイク。
○ティーンエイジャーのR&B歌手、ブランディとモニカのデュエット曲「The Boy Is Mine」が大ヒット。
○ジェイ・Zが現在まで13枚あるナンバー1アルバムの1枚目『Vol. 2… Hard Knock Life』をリリース。
○ローリング・ストーンズ、エアロスミス、U2、オアシス、スマッシング・パンプキンズ、ベック、コーン、ビョーク、プロディジーなどが来日公演。

○1998年に亡くなったミュージシャン
ソニー・ボノ(1月5日)
ジュニア・ウェルズ(1月15日)
カール・パーキンス(1月19日)
カール・ウィルソン<ビーチ・ボーイズ>(2月6日)
ファルコ(2月6日)
コージー・パウエル(4月5日)
タミー・ウィネット(4月6日)
リンダ・マッカートニー(4月17日)
エディ・ラビット(5月7日)
フランク・シナトラ(5月14日)
ロイ・ロジャース(7月6日)
ジーン・オートリー(10月2日)

【1998年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Something About the Way You Look Tonight/Candle in the Wind 1997/Elton John ⑭*前年12週分含む
Truly Madly Deeply/Savage Garden ②
Together Again/Janet Jackson ②
Nice & Slow/Usher ②
My Heart Will Go On/Céline Dion ②
Gettin’ Jiggy wit It/Will Smith ③
All My Life/K-Ci & JoJo ③
Too Close/Next ⑤
My All/Mariah Carey ①
The Boy Is Mine/Brandy and Monica ⑬
I Don’t Want to Miss a Thing/Aerosmith ④
The First Night/Monica ⑤
One Week/Barenaked Ladies ①
Doo Wop (That Thing)/Lauryn Hill ②
Lately/Divine ①
I’m Your Angel/R. Kelly and Céline Dion ⑥*翌年2週分含む

1998年のナンバー1ヒットは16曲。

★ALBUMS
Sevens/Garth Brooks ⑤*前年3週分含む
Let’s Talk About Love/Celine Dion ①
Titanic/Soundtrack ⑯
Before These Crowded Streets/Dave Matthews Band ①
The Limited Series/Garth Brooks ②
It’s Dark and Hell Is Hot/DMX ①
City of Angels/Soundtrack ③
MP Da Last Don/Master P ②
Armageddon/Soundtrack ②
Hello Nasty/Beastie Boys ③
Da Game Is to Be Sold Not to Be Told/Snoop Dogg ②
Follow the Leader/Korn ①
The Miseducation of Lauryn Hill/Lauryn Hill ④
Mechanical Animals/Marilyn Manson ①
Vol. 2… Hard Knock Life/Jay-Z ⑤
Supposed Former Infatuation Junkie/Alanis Morissette ②
Double Live/Garth Brooks ⑤*翌年1週分含む

【1998年の全米ベストセラーアルバム】
○2100万枚/ガース・ブルックス『DOUBLE LIVE』*2枚組カウント
○1200万枚/ディクシー・チックス『WIDE OPEN SPACES』
○1100万枚/キッド・ロック『DEVIL WITHOUT A CAUSE』
○1000万枚/2パック『GREATEST HITS』
○1000万枚/インシンク『’N SYNC』

【1998年のグラミー賞】
最優秀レコード/セリーヌ・ディオン「My Heart Will Go On」
最優秀アルバム/ローリン・ヒル『The Miseducation of Lauryn Hill』
最優秀ソング/セリーヌ・ディオン「My Heart Will Go On」
最優秀新人/ローリン・ヒル

【1998年のMTVアワード】
ビデオ・オブ・ジ・イヤー/マドンナ「Ray of Light」

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑