TAP the CHART

ビートルズ解散とジミヘンとジャニスを失った1970年、「レイラ」と「明日に架ける橋」を聴いた

2016.03.30

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第32回は、1970年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1970年のBillboard年間チャート】
★TOP 10 SINGLES
❶Bridge Over Troubled Water / Simon & Garfunkel
❷(They Long to Be) Close to You / The Carpenters
❸American Woman / The Guess Who
❹Raindrops Keep Fallin’ on My Head / B.J. Thomas
❺War / Edwin Starr
❻Ain’t No Mountain High Enough / Diana Ross
❼I’ll Be There / The Jackson 5
❽Get Ready / Rare Earth
❾Let It Be / The Beatles
❿Band of Gold / Freda Payne

1970年の年間TOP100。TOP10は23分10秒以降。


★TOP 10 ALBUMS
❶Bridge Over Troubled Water / Simon & Garfunkel
❷Led Zeppelin II / Led Zeppelin
❸Chicago II / Chicago
❹Abbey Road / The Beatles
❺Santana / Santana
❻Get Ready / Rare Earth
❼Easy Rider / Soundtrack
❽Butch Cassidy and the Sundance Kid / Soundtrack
❾Joe Cocker! / Joe Cocker
❿Captured Live at the Forum / Three Dog Night

【1970年の主な音楽的出来事】
○ビートルズが解散。ラストアルバムとして『Let It Be』がリリースされる。

○サイモン&ガーファンクルが『Bridge over Troubled Water』をリリース。彼らの最後のアルバムとなった。

○デレク&ザ・ドミノスが『Layla and Other Assorted Love Songs』をリリース。エリック・クラプトンとデュアン・オールマンのギターが絡み合う名曲「Layla」が話題に。
(こちらもお読みください)
エリック・クラプトン〜愛の告白の失敗と悲劇に取り憑かれた数年間

○ジェームス・テイラーが『Sweet Baby James』をリリース。

○B.B.キングの「The Thrill Is Gone」がヒット。ブルースの魅力を世界に広めるきっかけとなった。

○オジー・オズボーンやトミー・アイオミらによるブラック・サバスの『Paranoid』がヒット。

○CSN&Yが『Déjà Vu』をリリース。また、オハイオ州の反戦デモで学生が射殺される事件が起きて「Ohio」を吹き込んだ。
○クリス・クリストファーソンがアルバムデビュー。収録曲をジャニス・ジョプリンが歌ったことでも話題に。
○ジェームス・ブラウンの「Get Up (I Feel Like Being Like A) Sex Machine (Part 1) 」がヒット。
○ジョー・コッカーがレオン・ラッセルやリタ・クーリッジを引き連れて全米ツアー。その模様が収録された『Mad Dogs & Englishmen』もヒット。
○第3回ワイト島フェスティヴァル開催。ジミ・ヘンドリックス、ザ・フー、ドアーズ、ジョニ・ミッチェルらが出演。
○ジャクソン・ファイヴがヒットを連発。リードシンガーはマイケル・ジャクソン。
○10月より人気番組『ソウル・トレイン』が放映開始。

○9月18日、エレクトリック・ギターの革命児、ジミ・ヘンドリックスが死去。享年27。
○10月4日、強烈なブルース・フィーリングを持った歌手、ジャニス・ジョプリンが死去。享年27。
○モンキーズからデイヴィ・ジョーンズが脱退。
○フリートウッド・マックからピーター・グリーンが脱退。
○インプレッションズからカーティス・メイフィールドが脱退。
○ヴェルヴェット・アンダーグラウンドからルー・リードが脱退。
○デイヴ・クラーク・ファイヴが解散。
○EL&Pがデビュー。
○J.ガイルズ・バンドがデビュー。

(この年リリースされた主なアルバム)
○ジョージ・ハリソン『All Things Must Pass』
○ポール・マッカートニー『McCartney』
○ジョン・レノン『John Lennon/Plastic Ono Band』
○ザ・フー『Live at Leeds』
○ヴァン・モリソン『Moondance』
○ピンク・フロイド『Atom Heart Mother』
○シド・バレット『The Madcap Laughs』
○エルトン・ジョン『Elton John』
○フリー『Fire and Water』
○ビーチ・ボーイズ『Sunflower』
○グレイトフル・デッド『Workingman’s Dead』
○ニール・ヤング『After the Gold Rush』
○レオン・ラッセル『Leon Russell』
○サンタナ『Abraxas』
○シカゴ『Chicago』
○イギー&ストゥージズ『Fun House』
○グランド・ファンク・レイルロード『Closer to Home』
○ロレッタ・リン『Coal Miner’s Daughter』

○1970年に亡くなったミュージシャン
スリム・ハーポ(1月31日)
アール・フッカー(4月21日)
オーティス・スパン(4月25日)
ジミ・ヘンドリックス(9月18日)
ジャニス・ジョプリン(10月4日)

【1970年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Raindrops Keep Fallin’ on My Head/B.J. Thomas ④
I Want You Back/The Jackson 5 ①
Venus/Shocking Blue ①
Thank You (Falettinme Be Mice Elf Agin)/Sly & the Family Stone ②
Bridge over Troubled Water/Simon & Garfunkel ⑥
Let It Be/The Beatles ②
ABC/The Jackson 5 ②
American Woman/No Sugar Tonight/The Guess Who ③
Everything Is Beautiful/Ray Stevens ②
The Long and Winding Road/For You Blue/The Beatles ②
The Love You Save/The Jackson 5 ②
Mama Told Me (Not to Come)/Three Dog Night ②
(They Long to Be) Close to You/The Carpenters ④
Make It with You/Bread ①
War/Edwin Starr
Ain’t No Mountain High Enough/Diana Ross ③
Cracklin’ Rosie/Neil Diamond ①
I’ll Be There/The Jackson 5 ⑤
I Think I Love You/The Partridge Family ③
The Tears of a Clown/Smokey Robinson & the Miracles ②
My Sweet Lord/Isn’t It a Pity/George Harrison ④

1970年のナンバー1ヒットは21曲。

★ALBUMS
Abbey Road/The Beatles ⑪*前年8週分含む
Led Zeppelin II/Led Zeppelin ⑦*前年1週分含む
Bridge over Troubled Water/Simon & Garfunkel ⑩
Déjà Vu/Crosby,Stills,Nash&Young ①
McCartney/Paul McCartney ③
Let It Be/The Beatles ④
Woodstock/Soundtrack ④
Blood,Sweat&Tears 3/Blood, Sweat & Tears ②
Cosmo’s Factory/Creedence Clearwater Revival ⑨
Abraxas/Santana ⑥
Led Zeppelin III/Led Zeppelin ④

【1970年の全米ベストセラーアルバム】
○1000万枚/エルヴィス・プレスリー『ELVIS’ CHRISTMAS ALBUM』

【1970年のグラミー賞】
最優秀レコード/サイモン&ガーファンクル「Bridge over Troubled Water」
最優秀アルバム/サイモン&ガーファンクル『Bridge over Troubled Water』
最優秀ソング/サイモン&ガーファンクル「Bridge over Troubled Water」
最優秀新人/カーペンターズ

この年の新人賞はカーペンターズ

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑