TAP the CHART

1969年は若者文化の歴史で最も重要な1年となり、伝説のウッドストックが開催された

2016.04.19

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第34回は、1969年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1969年のBillboard年間チャート】
★TOP 10 SINGLES
❶Sugar,Sugar / The Archies
❷Aquarius/Let the Sunshine In / The 5th Dimension
❸I Can’t Get Next to You / The Temptations
❹Honky Tonk Women / The Rolling Stones
❺Everyday People / Sly & the Family Stone
❻Dizzy / Tommy Roe
❼Hot Fun in the Summertime / Sly & the Family Stone
❽I’ll Never Fall in Love Again / Tom Jones
❾Build Me Up Buttercup / The Foundations
❿Crimson and Clover / Tommy James and the Shondells

★TOP 10 ALBUMS
❶In-A-Gadda-Da-Vida / Iron Butterfly
❷Hair / Original Cast
❸Blood,Sweat&Tears / Blood,Sweat&Tears
❹Bayou Country / Creedence Clearwater Revival
❺Led Zeppelin / Led Zeppelin
❻At Folsom Prison / Johnny Cash
❼Funny Girl / Soundtrack
❽The Beatles(The White Album) / The Beatles
❾Donovan’s Greatest Hits / Donovan
❿Greatest Hits / The Association

【1969年の主な音楽的出来事】
○レッド・ツェッペリンがデビュー。この年2枚のアルバムをリリースするが、セカンド作で頂点に。


○ビートルズの実質的なラストアルバム『Abbey Road』がリリースされる。この年の初め、アップル本社屋上で演奏して警察沙汰にも。

○ザ・フーがロック・オペラ『Tommy』を発表。バンドの評価が一気に高まった。

○キング・クリムゾンがデビュー。この年、イエスやジェネシスもデビューした。

○クリームを脱退したエリック・クラプトンとジンジャー・ベイカーがスティーヴ・ウィンウッドらとブラインド・フェイスを結成。ロンドンのハイドパークのフリーコンサートや唯一のアルバムをリリース。

○イギー・ポップ率いるストゥージズがデビュー。

○グラム・パーソンズ率いるフライング・ブリトー・ブラザーズが『The Gilded Palace of Sin』をリリース。当時はまったく注目されなかったが、のちにカントリー・ロック幕開けの歴史的名盤に。
(こちらもお読みください)
キース・リチャーズとグラム・パーソンズ〜涙の川を渡った男たちの心の風景

○CCRはこの年3枚ものアルバムをリリース。『Bayou Country』『Green River』『Willy and the Poor Boys』からはヒットシングルが連発した。

○契約金100万ドルのブルース・ギタリスト、ジョニー・ウィンターが話題に。

○マイルス・デイヴィスがロック・リズムを導入した『Bitches Brew』をリリース。70年代のジャズシーンの方向性を決定づける歴史的名作。

○スライ&ザ・ファミリー・ストーンが『Stand!』をリリース。

○8月15〜17日。野外ロック・フェスが続々と開催される中、愛と平和の祭典『ウッドストック』が開催。40万人以上を動員して社会現象化する。出演した主なアーティストはJimi Hendrix/Blood,Sweat & Tears/Joan Baez/Creedence Clearwater Revival/The Band/Janis Joplin/Jefferson Airplane/Sly and the Family Stone/The Who/Crosby,Stills, Nash & Young/Johnny Winter/Ten Years After/Grateful Dead/Joe Cocker/Santanaなど。

○7月3日、ローリング・ストーンズの創始者ブライアン・ジョーンズが自宅のプールで溺死。また、アルバム『Let It Bleed』やシングル「Honky Tonk Women」などをリリースしたローリング・ストーンズは、12月6日にオルタモントでフリーコンサートを行うが、警備にあたったヘルス・エンジェルスが観客の黒人青年を刺殺するというショッキングな事件が起こった。
(こちらもお読みください)
ブライアン・ジョーンズ/ストーンズから消えた男〜すべてを失いながら彼は1969年に伝説になった

○映画『イージー・ライダー』が公開される。
(こちらもお読みください)
イージー・ライダー~少年たちの閉ざされた心を解放した自由への疾走

○ジョン・レノンとヨーコ・オノが平和を訴えるためにベッドインを行う。
○ドアーズのジム・モリソンがマイアミ公演で自慰パフォーマンスを行って問題視されて有罪判決。
○ジミ・ヘンドリックスがバンド・オブ・ジプシーズを結成。
○ニール・ヤングがクレイジー・ホースとの初共演作をリリース。
○ロッド・スチュワードがジェフ・ベック・グループを脱退。
○マザーズ・オブ・インヴェンションが解散。リーダーのフランク・ザッパはソロ活動開始。
○ダイアナ・ロスがシュープリームスを脱退。ソロ活動へ転向。
○クロスビー・スティルス&ナッシュ、サンタナ、オールマン・ブラザーズ・バンド、シカゴ、エルトン・ジョンらがデビュー。

(この年リリースされた主なアルバム)
○ボブ・ディラン『Nashville Skyline』
○ザ・バンド『The Band』
○CS&N『Crosby,Stills & Nash』
○グレイトフル・デッド『Live/Dead』
○アル・クーパー『I Stand Alone』
○ニック・ドレイク『Five Leaves Left』
○キャプテン・ビーフハート『Trout Mask Replica』
○MC5『Kick Out the Jams』
○フリートウッド・マック『English Rose』
○デヴィッド・ボウイ『Space Oddity』

○1969年に亡くなったミュージシャン
ジュディ・ガーランド(6月22日)
ブライアン・ジョーンズ(7月3日)
レナード・チェス(10月16日)
マジック・サム(12月1日)

【1969年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
I Heard It Through the Grapevine/Marvin Gaye ⑦ *前年3週分含む
Crimson and Clover/Tommy James&the Shondells ②
Everyday People/Sly&the Family Stone ④
Dizzy/Tommy Roe ④
Aquarius/Let the Sunshine In (The Flesh Failures)/The 5th Dimension ⑥
Get Back/The Beatles ⑤
Love Theme from Romeo and Juliet/Henry Mancini ②
In the Year 2525 (Exordium and Terminus)/Zager and Evans ⑥
Honky Tonk Women/The Rolling Stones ④
Sugar,Sugar/The Archies ④
I Can’t Get Next to You/The Temptations ②
Suspicious Minds/Elvis Presley ①
Wedding Bell Blues/The 5th Dimension ③
Come Together/The Beatles ①
Na Na Hey Hey Kiss Him Goodbye/Steam ②
Leaving on a Jet Plane/Peter,Paul&Mary ①
Someday We’ll Be Together/Diana Ross&the Supremes ①

1969年のナンバー1ヒットは17曲。

★ALBUMS
The Beatles (The White Album)/The Beatles ⑨*前年1週分含む
TCB/Diana Ross&The Supremes and The Temptations ①
Wichita Lineman/Glen Campbell ⑤*前年1週分含む
Blood,Sweat&Tears/Blood,Sweat&Tears ⑦
Hair/Original Cast ⑬
At San Quentin/Johnny Cash ④
Blind Faith/Blind Faith ②
Green River/Creedence Clearwater Revival ④
Abbey Road/The Beatles ⑪*後年3週分含む
Led Zeppelin II/Led Zeppelin ⑦*後年6週分含む

【1969年の全米ベストセラーアルバム】
○1200万枚/ビートルズ『ABBEY ROAD』
○1200万枚/レッド・ツェッペリン『LED ZEPPELIN II』

【1969年のグラミー賞】
最優秀レコード/フィフス・ディメンション「Aquarius/Let the Sunshine In (The Flesh Failures)」
最優秀アルバム/ブラッド・スウェット&ティアーズ『Blood,Sweat&Tears』
最優秀ソング/ジョー・サウス「Games People Play」
最優秀新人/クロスビー・スティルス&ナッシュ

ロック・ミュージカル『ヘアー』の名曲をカバーしたフィフス・ディメンション

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑