TAP the CHART

ビートルズが来日した1966年、ビーチ・ボーイズが『ペット・サウンズ』を作った

2016.07.14

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第43回は、1966年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1966年のBillboard年間チャート】
★TOP 10 SINGLES
❶Ballad of the Green Berets / SSgt. Barry Sadler
❷Cherish / The Association
❸(You’re My) Soul and Inspiration / The Righteous Brothers
❹Reach Out I’ll Be There / The Four Tops
❺96 Tears / ? & the Mysterians
❻Last Train to Clarksville / The Monkees
❼Monday, Monday / The Mamas & the Papas
❽You Can’t Hurry Love / The Supremes
❾Poor Side of Town / Johnny Rivers
❿California Dreamin’ / The Mamas & the Papas


★TOP 10 ALBUMS
❶Whipped Cream and Other Delights / Herb Alpert’s Tijuana Brass
❷The Sound of Music / SoundtrackThe Monkees / The Monkees
❸Going Places / Herb Alpert and His Tijuana Brass
❹Rubber Soul / The Beatles
❺What Now My Love / Herb Alpert and the Tijuana Brass
❻If You Can Believe Your Eyes and Ears / The Mamas & the Papas
❼Dr. Zhivago / Soundtrack
❽Revolver / The Beatles
❾Color Me Barbra / Barbra Streisand
❿Ballads of The Green Berets / SSgt. Barry Sadler

【1966年の主な音楽的出来事】
○ビートルズが『Revolver』をリリース。この年の6月30日〜7月2日、日本武道館で5回の来日公演を行う。また、ジョン・レノンのキリスト発言の影響で、レコードが燃やされたり放送禁止の事態に。8月29日でのサンフランシスコがビートルズにとって最後のステージとなった。

○ローリング・ストーンズが全曲オリジナル曲の『Aftermath』をリリース。

○ボブ・ディランが2枚組『Blonde on Blonde』をリリース。この年、オートバイ事故を起こしてシーンから退く。

○ビーチ・ボーイズが名作『Pet Sounds』をリリース。この後、ブライアン・ウィルソンは『Smile』に取り掛かるも頓挫。この年の初めには初来日公演も行う。

○エリック・クラプトンはジョン・メイオールのブルース・ブレイカーズに加入して、『Blues Breakers with Eric Clapton』を録音。その後、クリームを結成して『Fresh Cream』でデビュー。

○ママス&パパスが『If You Can Believe Your Eyes and Ears』をリリース。「California Dreamin’」や「Monday,Monday」が大ヒット。

○ドノヴァンの「Sunshine Superman」や「Mellow Yellow」がヒット。

○ソウルシーンではパーシー・スレッジの「When a Man Loves a Woman」やウィルソン・ピケットの「Land of a Thousand Dances」などが大ヒット。

○フランク・ザッパ率いるマザーズ・オブ・インヴェンションが『Freak Out!』でデビュー。

○ザ・フーが『A Quick One』をリリース。ロックオペラ「A Quick One, While He’s Away」を収録。

○英国モッズバンドのスモール・フェイセスが『Small Faces』でデビュー。

○サイモン&ガーファンクルの「The Sound of Silence」がレコード会社によってフォーク・ロック調にアレンジされてヒット。
○ジミ・ヘンドリックスが年末に「Hey Joe」でデビュー。
○タミー・ウィネットが「Apartment No. 9」でデビュー。
○ジェファーソン・エアプレイン、バッファロー・スプリングフィールド、13thフロア・エレベーターズらがデビュー。
○TV番組からモンキーズがデビュー。翌年にかけて大ブーム。
○ヤードバーズにジミー・ペイジ加入。
○バターフィールド・ブルース・バンドが『East-West』をリリース。

○1966年に亡くなったミュージシャン
バド・パウエル(7月31日)
レニー・ブルース(8月3日)
スマイリー・ルイス(10月7日)
ミシシッピ・ジョン・ハート(11月2日)

【1966年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
The Sound of Silence/Simon & Garfunkel ②
We Can Work It Out/The Beatles ③
My Love/Petula Clark ②
Lightnin’ Strikes/Lou Christie ①
These Boots Are Made for Walkin’/Nancy Sinatra ①
Ballad of the Green Berets/SSgt Barry Sadler ⑤
(You’re My) Soul and Inspiration/The Righteous Brothers ③
Good Lovin’/The Young Rascals ①
Monday, Monday/The Mamas & the Papas ③
When a Man Loves a Woman/Percy Sledge ②
Paint It Black/The Rolling Stones ②
Paperback Writer/The Beatles ②
Strangers in the Night/Frank Sinatra ①
Hanky Panky/Tommy James and the Shondells ②
Wild Thing/The Troggs ②
Summer in the City/The Lovin’ Spoonful ③
Sunshine Superman/Donovan ①
You Can’t Hurry Love/The Supremes ②
Cherish/The Association ③
Reach Out I’ll Be There/Four Tops ②
96 Tears/? & the Mysterians ①
Last Train to Clarksville/The Monkees ①
Poor Side of Town/Johnny Rivers ①
You Keep Me Hangin’ On/The Supremes ②
Winchester Cathedral/The New Vaudeville Band ③
Good Vibrations/The Beach Boys ①
I’m a Believer/The Monkees ⑦*後年6週分含む

1966年のナンバー1ヒットは27曲。

★ALBUMS
Whipped Cream and Other Delights/Herb Alpert’s Tijuana Brass ⑧
Rubber Soul/The Beatles ⑥
Going Places/Herb Alpert and His Tijuana Brass ⑥
Ballads of The Green Berets/SSgt. Barry Sadler ⑤
If You Can Believe Your Eyes and Ears/The Mamas & the Papas ①
What Now My Love/Herb Alpert and the Tijuana Brass ⑨
Strangers in the Night/Frank Sinatra ①
Yesterday and Today/The Beatles ⑤
Revolver/The Beatles ⑥
Supremes A’ Go-Go/The Supremes ②
Dr. Zhivago/Soundtrack ①
The Monkees/The Monkees ⑬*後年5週分含む

【1966年のグラミー賞】
最優秀レコード/フランク・シナトラ「Strangers in the Night」
最優秀アルバム/フランク・シナトラ『Sinatra: A Man And His Music』
最優秀ソング/ビートルズ「Michelle」
最優秀新人/該当なし


年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑