TAP the LIVE

なぜルー・リードはステージに太極拳の師匠を呼んだのか?

2015.10.27

Pocket
LINEで送る

ルー・リードが肝臓疾患による闘病生活の末にこの世を去ったのは2013年10月27日のこと。享年71歳だった。

ルーが1964年に結成したヴェルヴェット・アンダーグラウンドはパンクの祖とも呼ばれ、ロック史上で最も有名なジャケットであろう1stアルバム、『The Velvet Underground and Nico』が後世に与えた影響は計り知れない。

71H2+Sj3wmL._SL1287_

ヴェルヴェット・アンダーグラウンドを脱退した後はソロで活動し、文学的な歌詞と独特の歌い回しや美学、反世俗的なスタンスで孤高の存在として異彩を放ち続けた。

そのルーが亡くなった日について、妻のローリーはこう話している。

「ルーは日曜日の朝に木立を見つめながら、彼のミュージシャンとしての手を宙で動かしながら、太極拳の有名な第21式を行いながら、息を引き取りました」


太極拳は中国に伝わる歴史ある拳法で、体内の気を操ることから健康法としても高く評価されている。

ルーが太極拳と出会ったのは1980年前半の頃で、マーシャルアーツの先生に勧められて始めて以来、毎朝2時間以上は太極拳をした。
太極拳は身体を作り、精神を磨く事ができると信じていたからだ。

「精神が統一され、修練とは何かを知り、物事に動じないことを学べるんだ」


lou-reed

その太極拳をライヴに導入したのは2003年のことだった。
小説家エドガー・アラン・ポーの作品を題材としたアルバム、『The Raven』をリリースしたその年のツアーで、ルーは様々な挑戦を試みる。

ドラムを外してチェロを加えるという、ロックではありえなかった変則編成のバンドにした。
それまで長らくライヴで取り上げていなかった「Snday Morning(日曜の朝)」や「Venus in Furs(毛皮のヴィーナス)」といった、ヴェルヴェット・アンダーグラウンド時代の代表曲をセットリストに入れた。

そしてライヴの後半には、「All Tomorrow’s Parties」や「The Raven」といった曲では太極拳の師匠であるレン先生をステージに登場させたのだ。

英BBCの人気番組「ジュールズ倶楽部」に出演した時にも、レン先生が「Perfect Day」で太極拳を披露している。


しかし、ルーによれば大半の人はその真意を理解してくれなかったという。

「彼の動きは優雅でしかも力強い。俺にとって太極拳はモダン・ダンスにとても近いものといえる。だけど結局ほとんどの客は何のことだがわかっちゃいなかった。だから、ああいうスタイルのコンサートはもうやらないよ」


このツアーの模様はLAで行われた「NYC Man Tour」のライヴを完全収録した2枚組のライヴ・アルバム、『Animal Serenade』となって残されている。


Lou Reed『Animal Serenade』
Reprise / Wea



ルーの死から四十九日にあたる2013年12月16日には、ニューヨークのアポロシアターでレン先生による太極拳が披露された。


(このコラムは2014年10月28日に公開されたものです)

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑