TAP the ROOTS

世界への悲観を描いた「エピタフ」と、それに共鳴した日本の歌い手たち

2015.01.29

Pocket
LINEで送る

♪ 預言者が言葉を記した壁は
  そのつなぎ目に亀裂が入り
  死の武器には
  太陽が煌々と照りつける
  誰もが悪夢と夢に引き裂かれる時
  月桂樹の花輪を手向ける者はなく
  ただ静寂が叫び声をかき消すだろう ♪


1969年に発表されたキング・クリムゾンのファースト・アルバム『キング・クリムゾンの宮殿』は、またたく間にチャートを駆け上がり、ビートルズの『アビーロード』(それはビートルズ最後のスタジオ録音アルバムである)を蹴落とした。
ロックの黄金時代は、ひとつの節目を迎えていた。

『キング・クリムゾンの宮殿』に収録されている「エピタフ」は、シングルカットされた作品ではないのだが、その叙情的なメロディも相まって、クリムゾン・ファンのみならず、多くのリスナーに愛されてきた。そして、日本の歌謡界でも。。。

1969年といえば、佐良直美が「いいじゃないの幸せならば」でレコード大賞を獲得し、水前寺清子が「三百六十五歩のマーチ」をヒットさせた年だが、1970年代に入ると、「エピタフ」は様々なアーティストにカバーされるようになる。
たとえば、フォーリーブス。たとえば、西城秀樹。そして何といっても、ザ・ピーナッツ!



彼らは、歌いやすい日本語の訳を歌ったのではない。オリジナルの歌詞のまま、アレンジもさほど変えずに歌ったのである。
ザ・ピーナッツのハーモニーが上記の歌詞を歌い上げる時、オリジナルとは違った不思議な清らかさと恐ろしさを感じる。
「エピタフ」の歌詞はこう続く。

♪ 運命の鉄の門の狭間に
  時の種子は蒔かれ
  知りし者と知られし者の行為が
  水を蒔く
  誰もルールを決めなければ
  知識は死の友となる
  全人類の運命は
  愚か者の手に
  委ねられているようにしか見えない ♪


「運命の鉄の門」は、資本主義と共産主義という右と左の扉だ。
もちろん、冷戦を背景にした核の恐怖といった時代背景はあるだろう。そんな時代のムードに日本の音楽界がシンクロしたのかも知れない。
だが、この曲のボーカルをつとめ、クリムゾン脱退後には、エマーソン・レイク&パーマーを結成することになるグレッグ・レイクは次のように語っている。

「エピタフは基本的に、狂った世界の中で混乱することを歌ったものだ。キング・クリムゾンは不思議なほど、予言的な世界観を歌にする才能があった」

そして「エピタフ」はコーラスへと続く。

♪ 私の墓碑銘は、混乱
 (中略)
  傍観し、笑っていることもできる
  だが明日、私は涙を流しているような気がする
  だが明日、私は涙を流しているような気がするのだ ♪


「そしてこの曲の歌詞は」と、グレッグ・レイクは続けていう。

「書かれた時よりも、現代の方がよりメッセージの意味をもっているように思えるんだよ」

日本の歌世界が、海外とリンクしなくなってから、もうずいぶんと長い時が経つ。

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑