TAP the NEWS

2016 TAP the NEWS下半期〜人気記事&推し記事ダイジェスト〜

2016年もあと数日で終りですね。 カレンダーをめくると、もうすぐそこには新しい年が待っています。 今週はTAP the NEWSが 2016年下半期に公開した…

TAP the NEWS

スローなブギにしてくれ〜気弱で強がりなハードボイルドの世界観を見事に仕立て上げた南佳孝と松本隆の手腕〜

この南佳孝が作曲した「スローなブギにしてくれ(I want you)」は1981年1月21日にリリースされた。 作詞はこの当時からヒットメーカー(作詞家)として…

TAP the NEWS

Black Coffee〜なんとも言えない“女心”をあらわしたジャズの名曲〜

ひどい孤独に襲われて一睡もできやしないわ 部屋を歩き回ってはドアを見つめる そしてその間に飲むのはブラックコーヒー 恋とは使い古しのホウキのようなもの この部屋…

TAP the NEWS

私たちの望むものは〜“フォークの神様”と呼ばれた男が、社会への抗議(プロテスト)を自身に変換して紡ぎ出した強烈なメッセージソング〜

私たちの望むものは 生きる苦しみではなく 私たちの望むものは 生きる喜びなのだ 私たちの望むものは 社会のための私ではなく 私たちの望むものは 私たちのための社…

TAP the NEWS

尾崎豊Oh My Little Girl〜本人亡き後にして“最大のヒット”となったラヴソングはデビュー前の大学ノートの中で産声をあげていた〜

こんなにも騒がしい街並に たたずむ君は とても小さく とっても寒がりで 泣きむしな女の子さ 街角のLove Song 口ずさんで ちょっぴりぼくに微笑みながら …

TAP the NEWS

銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)〜あの感動のクライマックスシーンは主題歌の歌詞に合わせて変更された!?ある世代を夢中にさせた名曲の魅力〜

“ある世代”にとってはたまらなくノスタルジックな気持ちにさせられる名曲がある。 この「銀河鉄道999(The Galaxy Express 999)」も、そんな…

TAP the NEWS

私は泣いています〜あの魅惑のハスキーボイスは深酒のせいだった、不況の時代にヒットする歌の方程式とは!?〜

一昨日、りりィさんが亡くなられたという訃報が流れました(享年64)。 「私は泣いています」などのヒット曲で知られるほか、女優としてもドラマ、映画、CMに多数出演…

TAP the NEWS

聖者の行進〜亡くなることを祝う!?黒人奴隷たちの心の叫び、そして聖者は“街にはやってこない”〜

We are traveling in the footsteps Of those who’ve gone before, And we̵…

TAP the NEWS

文化の歌〜カーマは気まぐれ〜

■11月3日の文化の日は結局なに?由来は?日本一謎の祝日(これは知りたかった!!情報センターより) 「文化の日」は1948年(昭和23年)に決められた。実は19…

TAP the NEWS

ファイト!〜中島みゆき流の応援歌を読み解けば、理不尽だらけの世の中や歪(いびつ)な村社会が見えてくる〜

あたし中卒やからね 仕事をもらわれへんのやと書いた 女の子の手紙の文字は とがりながらふるえている ガキのくせにと頬を打たれ 少年たちの眼が年をとる 悔しさを握…

TAP the NEWS

フジ子・ヘミング物語—後編〜報われない恋、猫との出会い、天国にある貯金通帳〜

「フジ子・ヘミング物語—後編〜報われない恋、猫との出会い、天国にある貯金通帳〜」 フジ子・ヘミング。 「聴いた人が涙を流すピアニスト」 「聴力の80パーセントを…

TAP the NEWS

フジ子・ヘミング物語—前編〜失った国籍と聴力、まるでドラマのような経歴、動物愛護と博愛主義〜

フジ子・ヘミング。 「聴いた人が涙を流すピアニスト」 「聴力の80パーセントを失った音楽家」 「60歳を過ぎるまで全く無名だった天才アーティスト」 彼女がメディ…

TAP the NEWS

尾崎豊I Love You〜17歳という年齢と純粋さが生み出した“歌い継がれる名曲”の誕生秘話〜

「今にして思うと…彼は歌詞になるべく英語を使わないと言っていたわりには、やっぱり急場しのぎでつけたようなタイトルでしたね。でも急場しのぎって凄くいいものができる…

TAP the NEWS

ぼくたちの失敗・森田童子〜引退から10年後に突如として注目を集めた謎のカリスマ歌手の正体と消息〜

春の木漏れ日の中で 君の優しさに埋もれていた僕は 弱虫だったんだよね 君と話し疲れていつか黙り込んだ ストーブ代わりの電熱器赤く燃えていた 地下のジャズ喫茶 変…

TAP the NEWS

ルビーの指環物語・後編〜3部作同時チャートイン、その伏線とビートルズをモデルにした常套手段〜

くもり硝子の向こうは風の街 さめた紅茶が残ったテーブルで 衿を合わせて日暮れの人波に まぎれる貴女を見てた 「指環」と書いて“ゆびわ”と読ませたこの昭和歌謡を代…

TAP the NEWS

ルビーの指環物語・前編〜29歳で経験した大病、石原裕次郎の一声、担当プロデューサーの戦略〜

くもり硝子の向こうは風の街 問わず語りの心が切ないね 枯葉ひとつの重さもない命 貴女を失ってから… 「指環」と書いて“ゆびわ”と読ませたこの昭和歌謡を代表するミ…

TAP the NEWS

カルメン・マキ物語〜高校中退、寺山修司アングラ劇団との出会い、紅白歌手、そしてロックへの転向〜

「高校をやめてどうするの!?」 1968年のある日、彼女の母は語気を強めて言った。 カルメン・マキことマキ・アネット・ラブレイスは当時まだ17歳の高校二年生だっ…

TAP the NEWS

八田ケンヂの歌魂〜よりシンプルかつストレートで“メッセージ色の強い”ソングライティング〜

「ヒューマン」 何でもありじゃねぇ!ルールがあるのさ! 人として生きる 魂のルールが! オレたちの中の良心に恥じるな! オレたちの中の愛に恥じるな! アイアム …

TAP the NEWS

堀下さゆりの子育てソング〜一児の母となって紡いだ “ママさんあるある”応援歌〜

今日も一日頑張りました 一人で育児奮闘しました 髪振り乱して顔も洗えず 気づけば一日終わってました 可愛いあの子はやっとねんね すやすや天使のような顔して これ…

TAP the NEWS

友川カズキ物語〜デビューまでの道のり、映画“戦メリ”の主役を蹴った過去、怒れる詩人としての信念〜

1980年代の初頭、映画監督・大島渚はある無名のシンガーソングライターを呼び出した。 それは新作映画への出演依頼だった。 しかも主役という大抜擢。 共演者はデヴ…

スポンサーリンク

2 / 912345...>>
Pagetop ↑