TAP the CHART

ライヴ8が開催された2005年、コールドプレイやシガー・ロスが心に響いた

2016.05.12

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第37回は、2005年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【2005年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES
❶We Belong Together / Mariah Carey
❷Holdback Girl / Gwen Stefani
❸Let Me Love You / Mario
❹Since U Been Gone / Kelly Clarkson
❺1, 2 Step / Ciara and Missy Elliott
❻Gold Digger / Kanye West featuring Jamie Foxx
❼Boulevard of Broken Dreams / Green Day
❽Candy Shop / 50 Cent featuring Olivia
❾Don’t Cha / The Pussycat Dolls featuring Busta Rhymes
❿Behind These Hazel Eyes / Kelly Clarkson

★TOP 10 ALBUMS
❶The Massacre / 50 Cent
❷Encore / Eminem
❸American Idiot / Green Day
❹The Emancipation of Mimi / Mariah Carey
❺Breakaway / Kelly Clarkson
❻Love. Angel. Music. Baby. / Gwen Stefani
❼Destiny Fulfilled / Destiny’s Child
❽How to Dismantle an Atomic Bomb / U2
❾Greatest Hits / Shania Twain
❿Feels Like Today / Rascal Flatts

【2005年の主な音楽的出来事】
○コールドプレイがサード作『X&Y』をリリース。「Fix You」はゼロ年代ロックを代表する名曲。


○ジェームス・ブラントの「You’re Beautiful」が大ヒット。

○ボブ・ゲルドフの提唱により、東京、ロンドン、フィラデルフィア、パリ、ローマ、ベルリン、トロント、ヨハネスブルグ、エディンバラ、モスクワでライヴ8が開催。ビッグネームが多数参加して話題となる。ロンドンではピンク・フロイドが再結成ライヴを行った。

○アイスランドのシガー・ロスが『Takk…』をリリース。代表作である「Hoppípolla」を収録。

○ニッケルバックの『All the Right Reasons』が大ヒット。

○ザ・フレイが『How to Save a Life』でデビュー。

○リック・ルービンがプロデュース参加したシステム・オブ・ア・ダウンの『Mezmerize』『Hypnotize』が共にナンバー1に。
○アークティック・モンキーズがシングルデビュー。いきなり全英1位に。
○M.I.A.がデビューアルバム 『Arular』をリリース。
○『アメリカン・アイドル』出身のキャリー・アンダーウッドのデビュー作『Some Hearts』かロングセラーに。

○マーズ・ヴォルタ『Frances the Mute』リリース
○ゴリラズ『Demon Days』リリース
○パニック・アット・ザ・ディスコ『A Fever You Can’t Sweat Out』リリース
○オール・アメリカン・リジェクツ『Move Along』リリース
○クラップ・ユア・ハンズ・セイ・ヤー『Clap Your Hands Say Yeah』リリース
○カニエ・ウエスト『Late Registration』リリース
○テヴェンドラ・バンバート『Cripple Crow』リリース
○アントニー・アンド・ザ・ジョンソンズ『I Am a Bird Now』リリース
○LCDサウンドシステム『LCD Soundsystem』リリース

【2005年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Let Me Love You/Mario ⑨
Candy Shop/50 Cent featuring Olivia ⑨
Holdback Girl/Gwen Stefani ④
We Belong Together/Mariah Carey ⑪
Inside Your Heaven/Carrie Underwood ①
Gold Digger/Kanye West featuring Jamie Foxx ⑩
Run It!/Chris Brown ⑤
Don’t Forget About Us/Mariah Carey ②*翌年1週分含む

2005年のナンバー1ヒットは8曲。

★ALBUMS
Loyal to the Game/2Pac ①
American Idiot/Green Day ⑦*前年1週分含む
The Documentary/The Game ②
Seventeen Days/3 Doors Down ①
Genius Loves Company/Ray Charles ①
O/Omarion ①
The Massacre/50 Cent ⑥
The Emancipation of Mimi/Mariah Carey ②
…Something to Be/Rob Thomas ①
Devils & Dust/Bruce Springsteen ①
With Teeth/Nine Inch Nails ①
Stand Up/Dave Matthews Band ①
Mezmerize/System of a Down ①
Out of Exile/Audioslave ①
X&Y/Coldplay ③
Somewhere Down in Texas/George Strait ①
TP-3:Reloaded/R. Kelly ②
Now 19/Various Artists ②
Fireflies/Faith Hill ①
Chapter V/Staind ①
Most Wanted/Hilary Duff ②
Late Registration/Kanye West ②
The Peoples Champ/Paul Wall ①
Ten Thousand Fists/Disturbed ①
All Jacked Up/Gretchen Wilson ①
All the Right Reasons/Nickelback ①
Unplugged/Alicia Keys ①
I Am Me/Ashlee Simpson ①
#1’s/Destiny’s Child ①
Now 20/Various Artists ②
The Road and the Radio/Kenny Chesney ①
Confessions on a Dance Floor/Madonna ①
Hypnotize/System of a Down ①
Curtain Call:The Hits/Eminem ②

【2005年の全米ベストセラーアルバム】
○800万枚/ニッケルバック『All the Right Reasons』
○700万枚/キャリー・アンダーウッド『Some Hearts』

【2005年のグラミー賞】
最優秀レコード/グリーン・デイ「Boulevard of Broken Dreams」
最優秀アルバム/U2『How to Dismantle An Atomic Bomb』
最優秀ソング/U2「Sometimes You Can’t Make It on Your Own」
最優秀新人/ジョン・レジェンド

U2の代表作の一つ

【2005年のMTVアワード】
ビデオ・オブ・ジ・イヤー/グリーン・デイ「Boulevard of Broken Dreams」

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑