「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the DAY

3月21日は春分の日だが、いつの頃からか音楽ファンには「大滝詠一の日」になった 

2016.03.21

Pocket
LINEで送る

3月21日といえば日本人には「春分の日」なのだが、日本の音楽ファンの間ではいつの頃からか、「大滝詠一の日」になっていった。
そもそもの発端は1981年3月21日に、アルバム『A LONG VACATION(ア・ロング・バケイション)』がリリースされたことから始まっている。

そして2011年の3月21日、NHK-FMで昼の12時15分から24時までの特別番組「今日は一日“大滝詠一”三昧」がオンエアされた。
音楽に限らず特定のジャンルをテーマにした長時間特別番組のシリーズ「今日は一日三昧」では、それまでにも「ラテン」「アニソン」「モーツァルト」「民謡」「プログレ」「ゲーム音楽」といった音楽が取り上げられてきた。

その番組では聴取者からのリクエストを受け付けて、全部で107曲もの大瀧詠一作品が紹介された。(注)

ア・ロング・バケイション大滝詠一

1976年に日本コロムビアと契約を結んだ大瀧詠一は、最新鋭の16チャンネル・マルチトラック・テープレコーダーを提供してもらうことを条件にした。
そのおかげでそれからの3年間は全部で12枚のアルバムを制作して、次々に発売するという苛酷なノルマに苦しんだ。
それでも地獄の責苦のようなハード・スケジュールをこなした大瀧詠一は、自宅そばに構えた「FUSSA45スタジオ」でアルバム制作に没頭した。

日本語のロックを考え続けた帰結として、『ナイアガラ・カレンダー’78』を完成させて発売したのは、1977年の12月のことだった。

ナイアガラカレンダー 大滝詠一

ところが、このアルバムがセールス的にはまったくの不発に終わったことで、音楽活動の前途には暗雲がたちこめてしまうのである。
大瀧詠一はその当時の心境を自著「All About Niagara」(2001年 白夜書房)で、このように述べていた。

私本人としては、このアルバムが”最高傑作”である、と考えています。
出来上がりに関しては100%やり遂げたとは言い切れませんが、これ以上のデキが可能だったかに関しては自信がありません。
少なくても”アイデア”そのものはこれが”大瀧の極限(究極)”です。
(『ロング・バケ-ション』はこれと全く同じ”構造”を持っているのですが、それを理解してくれたのは山下達郎君を初めとする少数の人達だけでした)


時代の最先端を行くサウンドやアイデアも、残念ながらセールスにはまったく結び付かず、ナイアガラはレーベルとして苦境に陥っていく。
そして1978年の『LET’S ONDO AGAIN』を最後に、コロムビアとの契約は解消された。
プロデューサーの大瀧詠一は一旦、ナイアガラ・レコードを休業状態にせざるを得なくなった。

それからしばしの休息をはさんで約1年のレコーディング期間をとり、あらためて腰を据えて制作したのが久々のアルバム『A LONG VACATION』だった。

この時はほんとうに背水の陣で、もしもアルバム・チャートの100位に入らなかったら、音楽業界から足を洗う”諦めもつく”というのが本音だったという。
まさに”最後の最後”だったのである。

発売にあたってプレスされたレコードは8500枚、チャートの初登場は70位とまずまずの出足となった。
ところが2週目には29位に上昇し、3週目には25位、4週目には17位と数字を伸ばしていった。

それまでのアルバムにはない動きになって、まもなくナイアガラとしては過去最高の売上を記録した。

それから後も順調に売上を伸ばしていって、約5ヶ月後には最高位2位にまで到達している。
この時点でロングセラーからついに、ベストセラーの道に突入という流れになったのである。

こうして軌道に乗ったナイアガラは第二期に入り、翌年の3月21日には『NIAGARA TRIANGLE Vol.2』がリリースされた。

1年おいた1984年3月21日には、最後のソロ・アルバムとして『EACH TIME(イーチ・タイム)』が発売になった。
そしてこのアルバムが『A LONG VACATION』に続く、大ヒットを記録したのである。

イーチタイム 大滝詠一の

こうして3月21日はナイアガラにとって、大きな意味を持ち始めていく。

21世紀に入った2001年にも、『ロング・バケイション 20th Anniversary Edition』が3月21日にリリースされた。

そして翌年の『ナイアガラ・トライアングル Vol.2 20th Anniversary Edition』から、ナイアガラの記念盤が登場する日として定着する。

2004年『EACH TIME 20th Anniversary Edition』
2005年『ナイアガラ・ムーン 30th Anniversary Edition』
2006年『ナイアガラ・トライアングル Vol.1 30th Anniversary Edition』
2007年『ナイアガラCMスペシャル Vol.1 3rd Issue 30th Anniversary Edition』

2008年は休んだが、その後も記念盤は続いた。

2009年に『TATSURO from NIAGARA』
2010年『EIICHI OHTAKI song book 1 大瀧詠一作品集 Vol.1』
2011年『ロング・バケイション 30th Edition』『NIAGARA CD BOOK I』
2012年に『ナイアガラ・トライアングル Vol.2 30th Edition』
2013年に『NIAGARA SONG BOOK 30th Edition』

3月21日は大滝詠一が逝去した後もナイアガラ音源がリリースされる日となり、2016年には奇跡的なニュー・アルバム『DEBUT AGAIN(デビュー・アゲイン)』が登場する。


(注)ただし出演して自作を解説する予定だった大瀧詠一は、10日前に起こった東日本大震災で大きな被害を受けた岩手県出身であることから、出演を自粛しています。


大滝詠一『DEBUT AGAIN』
SMJ

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the DAY]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ