「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

時代を超えたベストセラーアルバムの変遷(イギリス編)

2018.02.21

Pocket
LINEで送る

今回は、英国でベストセラーを記録したアルバムを並べてみよう。アメリカと違って意外な顔ぶれが続々登場。ただし、音楽は決して売り上げだけで語られるものではなく、壮大な音楽探究のきっかけの一つとしてお楽しみください。*2016年に英国で発表されたトップ60を再構成したものです。

なお、アメリカ編はこちらから。
時代を超えた1000万枚以上ベストセラーアルバムの変遷(アメリカ編)

まずはトータルでのベスト10
❶612万枚/クイーン『Greatest Hits』(1981)
❷530万枚/アバ『Gold』(1992)
❸520万枚/ビートルズ『Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band』(1967)
❹500万枚/アデル『21』(2011)
❺470万枚/オアシス『(What’s The Story) Morning Glory』(1995)
❻440万枚/マイケル・ジャクソン『Thriller』(1982)
❼430万枚/ピンク・フロイド『The Dark Side Of The Moon』(1973)
❽430万枚/ダイアー・ストレイツ『Brothers In Arms』(1985)
❾400万枚/マイケル・ジャクソン『Bad』(1987)
❿399万枚/クイーン『Greatest Hits II』(1991)


続いては各時代別
【1960年代】
●520万枚
ビートルズ『Sgt Pepper’s Lonely Hearts Club Band』(1967)
●250万枚
サウンドトラック『The Sound of Music』(1965)

備考/ビートルズの同作はアメリカでは1100万枚を売った。

【1970年代】
●430万枚
ピンク・フロイド『The Dark Side Of The Moon』(1973)
●380万枚
フリートウッド・マック『Rumours』(1977)
●328万枚
ミートローフ『Bat Out of Hell』(1977)
●315万枚
サイモン&ガーファンクル『Bridge over Troubled Water』(1970)
●274万枚
ジェフ・ウェイン『The War of the Worlds』(1978)
●268万枚
マイク・オールドフィールド『Tubular Bells』(1973)
●260万枚
アバ『Greatest Hits』( 1975)
●258万枚
サウンドトラック『Grease』(1978)

備考/フリートウッド・マックの同作はアメリカでは2000万枚、ピンク・フロイドは1500万枚を売った。マイク・オールドフィールドやジェフ・ウェインのランクインが英国らしい。



【1980年代】
●612万枚
クイーン『Greatest Hits』(1981)
●440万枚
マイケル・ジャクソン『Thriller』(1982)
●430万枚
ダイアー・ストレイツ『Brothers In Arms』(1985)
●400万枚
マイケル・ジャクソン『Bad』(1987)
●338万枚
ボブ・マーリィ&ザ・ウェイラーズ『Legend』(1984)
●315万枚
サウンドトラック『Dirty Dancing』(1987)
●279万枚
U2『The Joshua Tree』(1987)
●274万枚
フィル・コリンズ『…But Seriously』(1989)
●267万枚
トレイシー・チャップマン『Tracy Chapman』(1988)
●250万枚
ポール・サイモン『Graceland』(1986)
フリートウッド・マック『Tango in the Night』(1987)

備考/英国バンドのクイーンやレゲエを世界に広めたボブ・マーリィのベスト盤、ダイアー・ストレイツやU2の世界的成功作などがランクイン。クイーンは唯一の600万枚台。



【1990年代】
●530万枚
アバ『Gold』(1992)
●470万枚
オアシス『(What’s The Story) Morning Glory』(1995)
●399万枚
クイーン『Greatest Hits II』(1991)
●370万枚
マドンナ『The Immaculate Collection』(1990)
●341万枚
シンプリー・レッド『Stars』(1991)
シャニア・トゥエイン『Come On Over』(1998)
●331万枚
ザ・ヴァーヴ『Urban Hymns』(1997)
●301万枚
デヴィッド・グレイ『White Ladder』(1998)
●296万枚
ザ・コアーズ『Talk on Corners』(1997)
●294万枚
スパイス・ガールズ『Spice』(1996)
●274万枚
アラニス・モリセット『Jagged Little Pill』(1995)
●268万枚
トラヴィス『The Man Who』(1999)
●258万枚
ロビー・ウィリアムズ『I’ve Been Expecting You』(1998)
●250万枚
ジョージ・マイケル『Ladies & Gentlemen』(1998)
●235万枚
R.E.M.『Automatic for the People』(1992)

備考/ブリット・ポップ全盛のこの時代、オアシスやヴァーヴの世界的ブレイク作がランクイン。アバのベスト盤は歴代2位の売上げ。シンプリー・レッド、コアーズ、トラヴィスといった顔触れが英国らしい。



【2000年代】
●378万枚
エイミー・ワインハウス『Back to Black』(2006)
●333万枚
ジェームス・ブラント『Back to Bedlam』(2004)
●323万枚
ビートルズ『1』(2000)
●313万枚
レオナ・ルイス『Spirit』(2007)
●309万枚
マイケル・ブーブレ『Crazy Love』(2009)
●308万枚
ダイド『No Angel』(2000)
●294万枚
レディー・ガガ『The Fame』(2009)
●291万枚
キングス・オブ・レオン『Only by the Night』(2008)
●290万枚
コールドプレイ『A Rush of Blood to the Head』(2002)
●288万枚
ダイド『Life for Rent』(2003)
●285万枚
テイク・ザット『Beautiful World』(2006)
●283万枚
キーン『Hopes and Fears』(2004)
●274万枚
シザー・シスターズ『Scissor Sisters』(2004)
コールドプレイ『X&Y』(2005)
●262万枚
コールドプレイ『Parachutes』(2000)
●255万枚
ノラ・ジョーンズ『Come Away with Me』(2002)
●245万枚
エミネム『The Marshall Mathers LP』(2000)
●238万枚
ロビー・ウィリアムズ『Swing When You’re Winning』(2001)
●236万枚
テイク・ザット『Never Forget』(2005)』
スノー・パトロール『Eyes Open』(2006)

備考/27歳で亡くなったエイミー・ワインハウスの大ブレイク作がトップ。日本でも売れたジェームス・ブラントもランクイン。ダイド、キーン、コールドプレイ、スノー・パトロールら英国勢が続々。



【2010年代】
●500万枚
アデル『21』(2011)
●324万枚
アデル『25』(2015)
●300万枚
エド・シーラン『x』(2014)
●236万枚
テイク・ザット『Progress』(2010)

備考/CDが売れない時代の常識を覆したアデルの2枚が堂々の存在感。アメリカでは『21』は1400万枚、『25』は1100万枚をセールス。エド・シーランの数字も凄い。


Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ