「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the NEWS

ジミヘンがナポレオンジャケット(軍服)を身にまとうようになった理由

2018.07.15

Pocket
LINEで送る

1960年代…ビートルズ、ストーンズを始め、英国のロックミュージシャンたちの多くが身に纏っていたミリタリーファッション。
例えばビートルズが『Sgt. Pepper’s Lonely Hearts Club Band』のアルバムジャケットで着ていたあの衣装。
そしてアメリカからイギリスの渡ってブレイクしたジミ・ヘンドリックスが着ていたあの上着。
それらはファッションシーンなどで“ナポレオンジャケット”とも呼ばれている軍服のことである。
60年代の後半には世界的な流行となり、日本でもGS(グループサウンズ)のバンドメンバーがステージ衣装として取り入れていた。
ミリタリージャケットと呼ばれる多くのものは、第一次世界大戦時の英国軍の将軍の礼服だった。
ジミヘンは1966年に渡英してまもない頃、ロンドンのヴィンテージショップでゴージャスな軍服を見つけ、チャス・チャンドラー(アニマルズのベーシストでもあり当時ジミのマネージャーを担当)にベースを売って工面してもらったお金で購入した。
チャスは、アニマルズ時代にイメージ戦略(衣装や写真)の重要性をよく理解したので、なんの躊躇もしなかったという。


「あの服はイギリス王立獣医軍団のものさ!1898年製だったっけ?軍服としてはかなりの代物だ。」


ジミは十代の頃に(一時期だけ)アメリカで陸軍に志願入隊している。
陸軍第101空挺師団(別名スクリーミング・イーグルス)に所属し、実際に軍服に身を包んだ経験のある数少ない若手ロックミュージシャンの一人だった。

「16歳で学校を中退して暇を持てあましてたし、俺が生まれ育ったシアトルの町では面白いことなんてなんにもなかったんだ。法的に入隊が許可される17歳になるのを待って陸軍に志願したんだ。そしたら驚くべきことに、軍人生活の方がずっとつまんなかったんだ!気温が0度以下で腕立て伏せ。飛行機からの落下訓練。軍隊は俺の根性を叩き直そうとした。俺が泥の中でも眠れるかどうか試したかったんだ。」



1966年9月24日、ジミ・ヘンドリックス(当時22歳)はロンドンのヒースロー空港に降り立った。
当時まだ無名だった彼は、その後、音楽シーンに革命をもたらすこととなる。
アニマルズのベーシストだったチャス・チャンドラーに見いだされた彼は、アメリカからの渡英を決断する。
当時、チャスにジミの情報をもたらしたのは、キース・リチャーズの恋人リンダだった。
ニューヨークのクラブ『チーター』で演奏していたジミに、リンダは強い衝撃を受けたという。
当時、ジミはそれまでのバックミュージシャンを脱して、自らのバンド“Jimmy James and the Blue Flames”を率いていた。
チャスはジミの演奏を初めて聴いたときのことを鮮明に憶えていた。

「ギタリストが3人くらい同時に演奏しているのかと思ったが、実際にはジミ1人だけと知って驚いたよ!これほどの才能に誰もまだ気がついていなかったなんて、何か裏があるのではないかと不安になるほどだった。」


ジミはロンドンでノエル・レディング(ベース)、ミッチ・ミッチェル(ドラムス)と共に新たしいバンド“The Jimi Hendrix Experience”を結成する。
アメリカからやってきた黒人が、イギリスの伝統的な服を身に纏って、左利きのエレキギターで爆音ブルースを演奏する…その圧倒的なジミの実力とパフォーマンスは、チャスの後押しもあって一気にブレイクを果たす。
気位の高い一部のイギリス人にとって、アメリカ人で黒人のジミが英国の軍服を衣装にすることは“いけ好かない”ことだった。

「ある夜、俺はあの服を着てロンドンの街を歩いていたんだ。すると青いランプを点滅させた車が近づいて来て、5〜6人の警官が俺に飛びかかってきたんだ。あいつら至近距離から俺の顔をまじまじと見て、容赦ない雰囲気で取り囲みやがった。」


ジミと警官の間でこんなやりとりがあったという。

警官「それはイギリス製か?将軍の服だろ?」

ジミ「だったらなんだってんだ!それが何か問題あるのか?」

警官「昔、その服を着て、多くの勇者たちが国のために死んでいったんだ!お前のような奴にその服を着る資格はない!」

ジミ「1898年のイギリス王立獣医軍団の払い下げ品を着たらだめなのか?とにかく俺は軍服が好きなんだ。アメリカ陸軍でずっと着ていたからな!」

警官「お前!警察をだますつもりか!それじゃどこの部隊所属なんだ!」

ジミ「ジ・エクスペリエンスさ!」

警官「お前は放浪の詩人にでもなったつもりか!?お前のような奴の顔を見ているだけで気分が悪くなる!」


警官たちは去り際に馬鹿にした笑いと共に、ジミに向かってこんな捨て台詞を吐いた。

「おい!お前はエクスペリエンスに属しているって言ったな。何を経験(エクスペリエンス)してるんだ?」


ジミは振り向きざまに一言。

「ポリス・ハラスメントさ!」


<参考文献『ジミ・ヘンドリクスかく語りき』スティーブン・ロビー (著)安達眞弓(訳)/スペースシャワーネットワーク>



Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the NEWS]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ