「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SCENE

恋しくて〜80年代の青春を魅了した“ジョン・ヒューズ学園映画”のラスト作

2018.06.27

Pocket
LINEで送る

1980年代の映画を語ろうとする時、ある時期の“学園映画”を見落としてはならないこと。そしてその頂点に君臨していたのが「ジョン・ヒューズの学園映画6本」であったことは、『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』でも語った通り。

あれから30年以上が経ち、これまでもたくさんの学園映画が製作されてきた。だが「あの頃のヒューズ作品を超えた」という話を一度も聞いたことがない。それほど彼の映画には観る者を魅了する一貫したムードと世界観が息づいていた。そんなヒューズも1987年を最後に学園映画を撮らなくなり、2009年8月6日に59歳で亡くなった。

雑誌編集に携わりながらコメディ映画の脚本家でもあったジョン・ヒューズが、初監督を担当した『すてきな片想い』(Sixteen Candles)でデビューしたのが1984年。16歳の女の子の心情を描いたこの作品ですべてが始まった。

続く『ブレックファスト・クラブ』(The Breakfast Club/1985)では様々なタイプの高校生を登場させ、『ときめきサイエンス』(Weird Science/1985)ではギークと呼ばれるオタクを主人公にした。さらに『プリティ・イン・ピンク/恋人たちの街角』(Pretty in Pink/1986)では貧富の差を超えたロマンスを実らせ、『フェリスはある朝突然に』(Ferris Bueller’s Day Off/1986)では学校をサボることの有意義さを説いた。

また、このうち3本に主演したモリー・リングウォルドは大ブレイク。「こんなコどこにでもいるよね」的な普通のルックスもあってアイドル化し、アメリカでは公開時の映画館に長蛇の列。彼女のファッションを真似る女の子たちが続出して“リングレッツ”現象も起こった。

ヒューズ映画は学校の人気者以外のタイプを主人公に設定したことが新しく、大きな共感を呼ぶことになった。それは日本の高校や教室にもシンクロして、ちょっとオシャレな高校生なら見逃す奴なんていなかった。ヒューズの愛弟子ともいえるハワード・ドゥイッチ監督は人気の秘訣を語る。

青春時代は複雑なものだということをヒューズは充分に認識している。その時代の悩みに対する様々な解決方法を彼は常に探して求めているんだ。そこには数え切れないほどのストーリー、ヴァリエーションがある。ヒューズはそれを知っていて、その作り方を心得ている。彼は若者と真面目に付き合う。それゆえに若者たちも彼を慕うようになる。


『恋しくて』(Some Kind of Wonderful/1987)は、ジョン・ヒューズが脚本・製作を担当し、ハワード・ドゥイッチが監督した“最後の学園映画”。まさにラストを飾るに相応しい集大成的な内容だった。

主演は『初体験リッジモント・ハイ』のエリック・ストルツ、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』のリー・トンプソン、そしてボーイッシュなショートカットが印象的なメアリー・スチュワート・マスターソン。

(ストーリー)*結末あり
絵を描くのが好きで、ガソリンスタンドでアルバイトする日々を送っている物静かな高校生キース(エリック・ストルツ)。彼にはお幼馴染のワッツ(メアリー・スチュワート・マスターソン)がいる。ワッツは髪を短く切り、男言葉を話し、ドラムを叩くような強気な女の子。

エリックが密かに想いを寄せるのはアマンダ・ジョーンズ(リー・トンプソン)。いかにも学校のマドンナ的存在の彼女にはハーディという学園一のお坊っちゃま彼氏がいて、ワッツからも「高望みはするな。お前なんか眼中にない」と馬鹿にされる始末。でも実は、口達者なハーディは学校で別の女の子たちを口説くような奴だった。

想いが募るキースは、アマンダがデートで授業をサボって早朝登校を命じられたことを知ると、自分もワザと問題を起こして同じ場にいる機会を作ろうとする。翌朝、意気揚々とキースが教室に入ると、そこはスキンヘッドの不良たちしかいなかった。

キースとワッツは何かと口喧嘩が絶えない。アマンダのことを話すと、ワッツは否定的なことばかり。キースから「この気持ちは恋をしていないから分からないんだ」と言われると、ワッツは辛くなった。本当はずっとキースのことが好きなのだ。見た目に関して何もかも正反対のアマンダと自分。どうやら通じそうもない。

ワッツの気持ちなど知るはずもないキースは、ハーディの軽薄さに嫌気がさし始めたアマンダとデートの約束を交わすことに成功する。ワッツに付き合ってもらい、アマンダへの高価なプレゼントを買いに行くキース。「もし彼女がキスを求めてきら? 練習台になってやるよ」。ワッツはこれで最後になるかもしれないキースと口づけをする。

ハーディは自宅のパーティにキースとアマンダを招待したが、これには裏があり、仲間たちとキースを袋叩きにするつもりでいる。それを知ったキースは逆に立ち向かう。「いずれそうなるのなら、逃げ隠れなんかしない」

いよいよアマンダとのデートの日。ワッツは運転手役になって二人の恋を見届ける。夜の美術館に忍び込むと、完成したアマンダの肖像画を見せてびっくりさせるキース。すると、アマンダは自分が見栄っ張りであったことを恥じ、一人でいることが怖くて金持ちグループと付き合っていたことを告白する。

パーティに出向くと、ハーディたちが待ち構えていた。「俺とヨリを戻したいなら、ひざまづいてお願いしろ」とアマンダを侮辱するハーディ。思わず殴り掛かるキース。仲間たちを使ってキースを外に連れ出そうとしたその瞬間、スキンヘッズの不良たちが乱入してきて状況は一変。早朝登校のおかげでみんな仲良くなっていたのだ。

ハーディに平手打ちを喰らわしたアマンダは、「本当の自分を取り戻せたわ。もう大丈夫」と言ってキースに微笑む。プレゼントされたイヤリングを外し、「あなたの本当の好きな人にあげて」。そして一人涙を流して舗道を歩くワッツを、キースは追いかけていく……。

ヒューズ映画はサウンドトラックも秀逸で、本作ではチャーリー・セクストンの「Beat’s So Lonely」が流れていることにも注目。またロックファンならもうお気づきかもしれないが、キース、ワッツ、アマンダ・ジョーンズと登場人物たちの名前がストーンズネタ。もちろん「Miss Amanda Jones」も使われているので、そちらもどこで流れるか探すのも楽しい。

映画のハイライトの一つ。キースとワッツがキスの練習をするシーン。


ちょっと泣かせるエンディング。

『恋しくて』


*日本公開時チラシ

*参考・引用/『恋しくて』パンフレット

評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ