浅川マキ特集

Pocket
LINEで送る

浅川マキが歌えばいつでも「あの時代」が浮かび上がってきた。
そこに現実は不要で、彼女の存在そのものが物語になった。
長い黒髪、黒いドレス、目元が強調されたメイク、燻らせたタバコの煙、そして歌われるジャズやブルース…。
彼女こそが日本の“Woman In Black(黒服の女)”だった。
徹底してライブ活動にこだわった生涯は、2010年に公演先で客死したその日から止まったが、残された歌は今も生き続けている。

Pocket
LINEで送る

TAP the STORY

浅川マキ27歳〜新宿に惹かれた女、新宿が生んだアングラの女王〜

1969年、浅川マキは劇作家・寺山修司によってその才能と存在感を見出され、シングル「夜が明けたら/かもめ」で再デビューを果たす。 それは、彼女が27歳になった年…

TAP the SONG

「彼女、詩人だね」と寺山修司に気に入られた浅川マキ~「夜が明けたら」

寺山修司が知人の音楽プロデューサー、寺本幸司に誘われて銀座にあったシャンソン喫茶『銀巴里』に出かけたのは、1968年の秋口のことだった。 「ちょっと面白い歌手が…

TAP the DAY

浅川マキが初コンサートの前夜、寺山修司に唄えないと抗議した「ロング・グッド・バイ」

浅川マキが初のワンマン公演を行ったのは、1968年12月13日から15日までの3日間のことだ。 場所は「アンダーグラウンド蠍座」、前衛芸術とカウンターカルチャー…

TAP the SONG

寺山修司が世に出した”ふたりのマキ”①浅川マキの世界「かもめ」

浅川マキが2010年に突然のように亡くなった後、音楽プロデューサーの寺本幸司はCDのライナーノーツでこう述べている。 蠍(さそり)座で、寺山修司構成演出で、浅川…

TAP the NEWS

浅川マキが愛した名曲〜ビリー・ホリデイの“奇妙な果実”を聴きながら〜

■浅川マキのアルバムをイギリスの名門レーベルがリリース(ARBANより) ジャズやブルースから影響を受けた歌声と黒い衣装で“アンダーグラウンドの女王”と称され、…

TAP the NEWS

挫折を知る者の歌〜それはスポットライトではない〜

♪「それはスポットライトではない」/浅川マキ 器用には生きれない人。 挫折を味わったことのある者だからこそ唄える“歌”がある。 彼等だけが知っている。 本当の優…

TAP the LIVE

浅川マキの目に映った歌手としての野坂昭如

舞台の隅っこから逆光の照明のなかに野坂さんの背中が見える。 わたしはこの夜、野坂さんのバック・コーラスを受け持っていた。 浅川マキが野坂昭如とともにステージに上…

Extra便

浅川マキに魅入られた喜多條忠が、南こうせつとかぐや姫に書いた歌~「マキシーのために」

作詞家の喜多條忠が初めて浅川マキの歌に出会ったのは1968年、銀座にあったシャンソン喫茶『銀巴里』でのことだ。 まだ学生だった喜多條が『銀巴里』に入ったのはまっ…

TAP the STORY

いつも黒い服をまとう男、ジョニー・キャッシュ

20世紀の後半はロックとカントリーの間には、歴然とした境界線があった。 そうした時代だったにもかかわらず、ジョニー・キャッシュが立ちはだかる壁を越えて活躍し、両…

スポンサーリンク

Pagetop ↑