tokiasako-banner-n

TAP the NEXT

土岐麻子──街の人の音楽にこだわり続けた彼女が到達した、これぞ現在進行形シティポップの傑作

City Lights あなたの目でゆれる City Lights またたく窓明り  (中略) City Lights 誰かが手を振った 街の灯は 都会の福音 …

sampha-banner

TAP the NEXT

サンファ──深みのある歌声と斬新なサウンドで注目のUK R&Bシンガー

サム・スミスの次を担うとの呼び声も高い、UKのR&Bシンガー/ソングライター/プロデューサーの〈サンファ〉。カニエ・ウエストやドレイク、フランク・オー…

sakatamanabu_banner

TAP the NEXT

坂田学──人気ドラマーが10年の時間を費やし完成させた、充実の歌ものポップ・アルバム

遠い記憶を拾い集める おじいさんの手をたぐり寄せるように 子供の頃の記憶はなくても 見えない場所に今も残っている  (中略) 木の奥で 声が聞こえる 木の奥で …

keishitanaka_3rd-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

Keishi Tanaka──多彩なコラボを経て表現の幅を広げたシンガー・ソングライター、待望の新作

2011年にriddim saunter解散後、ソロ・アーティストとして活動するKeishi Tanaka(ケイシ・タナカ)。2015年までに『Fill』と『A…

nanook2

TAP the NEXT

ナヌーク──叙情的な美しいメロディを聴かせる、北極圏グリーンランド発のロック・バンド。

北極海と北大西洋の間にある世界最大の島、グリーンランド。北極圏に属したこの地域から音楽を発信しているロック・バンドが〈ナヌーク〉だ。 クリスチャンとフレデリック…

moretheman_b

TAP the NEXT

MORE THE MAN──冷牟田竜之が20代のミュージシャンたちと結成したスカ・バンド

ブルー・トニック、東京スカパラダイスオーケストラの活動で知られるミュージシャン、冷牟田竜之。2008年にスカパラを脱退後、2010年にはウエノコウジ(the H…

benlon

TAP the NEXT

ベン・ロンクル・ソウル──フランスの気鋭ソウル・シンガー、シナトラ名曲を大胆に蘇らせるトリビュート

2008年にモータウン・フランスと契約したシンガー、ベン・ロンクル・ソウル。ホワイト・ストライプスやケイティ・ペリーのヒット曲を、ダンサブルなソウル・ミュージッ…

emasolo

TAP the NEXT

エマーソン北村──多くのアーティストから信頼を集めるキーボード奏者、2年ぶりのソロ・アルバム

JAGATARAやMUTE BEATでの活動をはじめ、忌野清志郎&2・3’s、EGO-WRAPPIN’、斉藤和義、キセル、シアター・ブルッ…

dopedup-banner

TAP the NEXT

ドープト・アップ・ドーリーズ──スカ/レゲエを基軸に自由なサウンドを展開する、美麗ガールズ・トリオ

ボストンのベテラン・スカパンク/ネオスカ・バンド〈ビッグD&ザ・キッズ・テーブル〉のバックボーカルとしてスタートしたガールズ・ボーカル・グループ〈ドープト・アッ…

%e3%83%a1%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%80%802016%e7%a7%8b-1-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

フィロソフィーのダンス──ファンク/ソウル好きにこそ聴いてほしい!期待の4人組アイドル・グループ

TAP the POPの読者には「アイドル」というだけで拒否反応を示してしまう方も多いかもしれないが、まずは騙されたと思って、この曲を聴いてみてほしい(水着姿の…

rulers-bnner

TAP the NEXT

Okawa & The Rulers──世界中のルードな音楽を呑み込んだ、男のロマンがほとばしる怪作

サックス奏者であり、ジャズシンガーakikoなどを手がける音楽プロデューサーとしても手腕を発揮、さらには〈Okawa78〉名義で世界でも類を見ないSPレコードに…

timers_banner

TAP the NEXT

玉手初美──アンプ直結のフェンダー ムスタングをかき鳴らし激情を叫ぶ、女性シンガー・ソングライター

まずはこの映像を観てほしい。 フェンダー ムスタングをマーシャルアンプに直結して、やり場のない怒りや悲しみをギターとマイクロフォンにぶつける──ロックンロールに…

conbrio-banner

TAP the NEXT

コン・ブリオ──フジロックで大きな反響を呼んだ、7人組のソウル・バンド

Con brio──音楽の発想標語の「活き活きと」「生気に満ちて」という言葉をバンド名に冠した7人組のソウル・バンド〈コン・ブリオ〉。 長いキャリアを持つドラマ…

alabama-shakes-photo-640x360

TAP the NEXT

アラバマ・シェイクス──4年ぶりの来日公演も間近!グラミー4部門受賞のインディー・バンド

「カーティス・メイフィールド の『スーパーフライ』にデイヴィッド・アクセルロード、ギル・スコット=ヘロンのミニマル感………そういった音楽の細部に至…

profile-%e3%81%ae%e3%82%b3%e3%83%92%e3%82%9a%e3%83%bc

TAP the NEXT

T字路s──名曲の数々をブルーに染め上げる激情カバー集と個性派映画主題歌

ボーカル/ギターの伊東妙子(ex.DIESEL ANN)と、ベースの篠田智仁(COOL WISE MAN)によるT字路s。胸を鷲掴みにするような伊藤のシャウトと…

shibayama_bannee

TAP the NEXT

柴山一幸──40代の瑞々しいソウルがあふれ出る、充実のポップ・アルバム

シンガー・ソングライターの柴山一幸。現在46歳の彼は、2001年に鈴木博文主宰のレーベルで〈メトロトロン〉からデビュー。ファースト・アルバム『Everythin…

horigomey-banner

TAP the NEXT

堀込泰行──キリンジを脱退し新たな歩みを踏み出した、待望のソロ・デビュー・アルバム

軽いトランクに道ずれた愛を 明日への今日を もういちど こんな歌のように始めよう どうでもいいさ 昨日の涙はもう 見上げる街 懐かしい空へ捨てたよ 新しい季節と…

skaflames_banner

TAP the NEXT

スカフレイムス──日本のスカ・バンドの草分け、11年ぶりとなるフレッシュな新作

1980年代前半。東京にまだクラブ・シーンが根付いてなかった時代に、ジャマイカのスカをオーセンティックなスタイルで演奏するバンドが生まれた──スカフレイムス(T…

isao_tsukamoto

TAP the NEXT

塚本功──孤高の存在感を放つギタリスト、5年ぶりのソロ・アルバム

ギブソンのフルアコースティックギター「ES-175T」をダイレクトにアンプに突っ込んで響かせるのは、時に埃っぽい荒野のような渇ききった音色で、時に感情を激しく露…

bonobosbnner

TAP the NEXT

タフ・セッション──日々の暮らしを詩情あふれる歌で紡いでいくレゲエ・バンド

ボーカル/バイオリンの内田コーヘイと、ドラムス/ボーカルを担当するヤギーを中心に、2001年に結成された〈タフ・セッション(Tuff Session)〉。レゲエ…

スポンサーリンク

1 / 912345...>>
Pagetop ↑