TAP the ROOTS

ポールが遭遇したある不思議な出来事

2015.08.06

Pocket
LINEで送る

前編コラム『アーティストの曲作りを支えた音楽の女神たち』はこちらからどうぞ

♪ 僕のことを忘れないでおくれ
  可愛い僕のマーサ      ♪


ポール・マッカートニーにはミューズ(彼に付き添う音楽の女神)がいた。ポールはその存在にマーサと名づけ、自らが飼っていた雌犬をマーサと呼んでいた。

物語は、ある日の朝、ポールが友人と一緒に愛犬マーサの散歩に出かけた時に起こった。
丘をのぼる散歩コース。ポールは友人と議論に夢中になっていた。
彼らは丘の上から眺める景色の美しさについて語り合った後、「神は実在するかどうか」について議論していたのだが、気がつくとマーサの姿が見えなくなっていたのだ。

♪ 可愛い僕のマーサ
  僕がずっとおしゃべりしてたからって
  どうか、僕のことを覚えていてくれよ
  忘れないでおくれ、可愛い僕のマーサ ♪


「マーサ・マイ・ディア」の歌詞は、友人とおしゃべりに夢中になっている間に迷子になったマーサ、という設定以外に説明できないものだ。
そして、マーサを探そうと振り返ったポールは、コートを着込んだ身なりのいい紳士に出会うことになる。

ポールがマーサを探そうと振り返ったほんの数秒前、そこには誰もいなかったはずだった。
だが、男は、ずっとそこにいたかのように、静かに立っていた。

ふたりは挨拶を交わす。
すると男は、ロンドンを見渡せるプリムローズ・ヒルの頂からの景色は素晴らしい、と言った。

3375594775_0881ce3622_z3

何が起こっているのかわからず、気が動転していたポールは愛犬を探していたことを思い出し、男から視線を外す。
そしてまた数秒後、視線を戻すと、男の姿は見えなくなっていたのである。
不思議なことに、男が姿を消したと同時に、愛犬マーサは姿を現した。

家に戻ったポールは友人と、何が起こったのだろう、と語り合った。
ドラッグの影響はありえなかったし、数秒間で出入りできるような木々も近くにはなかった。

♪ 来る日も来る日も
  ただ一人、丘の上
  愚か者の笑みをたたえた男が
  完璧な静けさで立っている  ♪


 ポールは、その不思議な出来事を歌にした。
 それが「フール・オン・ザ・ヒル」である。
 もちろん、ポール自身が目撃した男は、愚か者ではない。

♪ 誰も彼のことを知ろうとしない
  彼のことをただの愚か者だと思っているからだ
  そして彼も何を答えるわけではない      ♪

 だが。。。と歌は続く。

♪ 丘の上の愚か者は
  日が沈みゆくのを眺め
  その頭にある目で
  世界が回転する様を観ているのだ ♪


ポールは「神」のイメージと遭遇した、と思ったのだろう。

丘の上から世界を見下ろす目、というイメージは、ドル紙幣に刷られたピラミッドの眼をも連想させるが、高い場所から世界を見下ろすというイメージは、日本人にも馴染みが深い般若心経に登場する<観自在菩薩>にも見られるように、様々な場所で共有されているものだ。

ところで、愛犬マーサと再会したポールは、彼女とどんなふうに遊んだのだろう。
僕には、「フール・オン・ザ・ヒル」の最後の部分が、マーサと遊んでいるシーンのように思える。
  
スピン。
主人がそう言うと、犬は回転し始めるのだ。
ラウンド、ラウンド、ラウンド、ラウンド、ラウンド。。。

P.S.

愛犬マーサとポールはいつまで一緒にいたのだろう。
ポールはいつまでミューズと一緒にいたのだろう。
もしかしたら。。。
ポール28歳死亡説と何か関係があるのだろうか、と
ふと、真夏の夜に考えてみる。。。



ポールの歌にまつわる他のコラムも合わせてどうぞ

僕と君は異質なのか、同質なのか、ジョンとポールの激論
祖国への想いを歌にした「バック・イン・ザ・U.S.S.R.」
ジ・エンド~ポールが用意した「最後の言葉」
馬鹿げたラヴ・ソングばかり書いてると非難されたポールからの返答

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the ROOTS]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑