「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

ボブ・ディランの「朝日のあたる家」から40年、ちあきなおみのライブ音源が発見された……

2019.06.16

Pocket
LINEで送る

イギリスのアニマルズが1964年にロック・ヴァ―ジョンでカヴァーして、全米1位の大ヒットとなって世界中に広まったのが、「朝日のあたる家(House Of The Rising Sun)」である。

原曲はアメリカのトラディッショナル(伝承歌)で、ウディ・ガスリーやレッドベリーらフォーク・シンガーによって歌い継がれてきた。
ニューヨークのフォーク・リバイバルでも注目されて、ボブ・ディランも1962年にデビュー・アルバムで取り上げている。

なおディランのドキュメンタリー映画『ノー・ディレクション・ホーム』(2005年)では、デイヴ・ヴァン・ロンクがインタビューのなかで、自分がレコーディングするつもりでいたのに、ディランに先をこされたと語っていた。

アニマルズのヴァージョンでは主人公が男性に変えられたために、オリジナルよりも曖昧な内容になっているのだが、この歌は『恋人がギャンブラーで、町から町を転々とするうちに、犯罪を犯し、最後にはニューオーリンズの娼婦の館「the rising sun」で働くまでに堕ちてしまった』という、悲しい女の身の上話である。

日本ではロカビリー出身の歌手だった尾藤イサオの歌でヒットしたが、浅川マキが原詩のニュアンスを生かした日本語の歌詞でカヴァーしたことで、そこからほんとうの意味で浸透して広まった。

朝日楼(朝日のあたる家) 作詞:浅川マキ 作曲:アメリカ民謡

私が着いたのは ニューオーリンズの
朝日楼という名の 女郎屋だった
愛した男が 帰らなかった
あの時 私は 故郷(くに)を出たのさ


1992年から音楽活動を停止したまま、沈黙を続けていたちあきなおみの未発表ライヴ音源が、新たに数曲、テープで発見されたのは2002年の秋だった。

そのなかにはコンサートやTVでも歌ったことで、幻の熱唱としてファンに語り継がれてきた「朝日のあたる家」が含まれていた。


「ちあきなおみ VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家」というCDは、2003年の春にテイチクから発表された。
これはちあきなおみのバーチャルなライブ・コンサートという趣向のアルバムだ。

そこでは12曲目が「黄昏のビギン」、13曲目が「朝日のあたる家」という並びになっている。

遠い日の淡い恋心をノスタルジックに歌った「黄昏のビギン」の直後に、恋心の行き着いた果ての半生を懺悔するかのように、娼婦に身を落とした女性の痛切な歌が続くという流れだ。

ちあきなおみの絶唱によって、この2曲は聴き手に強い印象を残すことになっ。



(本コラムは2014年4月4日に公開されました)





ちあきなおみ『VIRTUAL CONCERT 2003 朝日のあたる家』
テイチク

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[TAP the SONG]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ