141206_ohtakieiichi‎

いつまでも鳴り響くナイアガラ~大瀧詠一特集

大瀧詠一さんがこの世を去ってからまもなく1年、ベスト・アルバムやコンピレーションがリリースされて、残された作品の数々は忘れられるどころか、ますます輝きを増していくように思えます。

滝の音は 絶えて久しく なりぬれど
名こそ流れて なほ聞こえけれ


万葉集に残された和歌は、こうも読み取れます。

大きな瀧の音楽はもう新たに生まれることはないが、ナイアガラの音楽は今もしっかり聞こえている‥‥。

大瀧さんが残した素晴らしい楽曲の数々が、この先もずっと歌い継がれることを願い、TAP the POPでは書き下ろしも含めて、コラムをまとめて特集したいと思います。

風待ちジャケットを

Extra便

大瀧詠一が初めて細野晴臣の部屋に入った瞬間、思わず発した言葉とは?

細野晴臣と大瀧詠一がはじめて出会うのは1967年の春先のことだが、きっかけはもう一人の友人との出会いだった。 その前年の秋、立教大学のキャンパスにある待ち合わせ…

ab640

Extra便

大滝詠一の名作「サイダー’73」から始まった、CM音楽の新時代

1970年代にCM音楽で音楽シーンに新風を吹き込んだのは、日本におけるコマーシャルソングの祖と言える三木鶏郎の門下生で、CM音楽のプロデューサーとして活躍してい…

otaki-1024x642大滝詠一さんとドーナッツ盤

Extra便

次々と作品がボツになっても、なぜ大瀧詠一はCMに起用され続けたのか?

大瀧詠一は1972年の11月に初のソロ・アルバム「大瀧詠一」を出したものの、73年と74年は自分のアルバムを1枚も出さず、いわば雌伏の期間を過ごしながらナイアガ…

day_140921

TAP the DAY

はっぴいえんど解散と名づけた、ファミリーによる旅立ちコンサート

「はっぴいえんど」と「風街ろまん」、それに「HAPPY END」という3枚のアルバムを発表したはっぴいえんどは、すでに1972年いっぱいで実質的には解散していた…

写真 o

TAP the SONG

大瀧詠一が自分のポップスで最初の完成品と言った「サイダー`74」が陽の目をみるまでの1年間

大瀧詠一が自ら「大瀧ポップスの最初の完成品です」と自信を持って宣言する作品が誕生したのは、オン・アソシエイツのプロデューサー、大森昭男と知り合ってからちょうど1…

story_141206

TAP the STORY

27歳になった大瀧詠一を待っていたのは、地獄の責苦のようなハード・スケジュールだった

1975年6月9日にスタートした大瀧詠一のDJ番組『ゴー・ゴー・ナイアガラ(GO! GO! NIAGARA)』は、1978年9月25日まではラジオ関東で、197…

夢で逢えたら

TAP the SONG

大瀧詠一の「夢で逢えたら」が、日本のスタンダードに至るまでの道

数多くのヒット曲を残した大瀧詠一の作品の中でも、広くカバーされてスタンダードになったという意味で、「夢で逢えたら」は代表曲にあげられる。 この歌が誕生したのは、…

headphone

TAP the LIVE

大瀧詠一の奇想天外なヘッドフォン・コンサート

ライブに来た観客全員が、ヘッドフォンをして音を聴いている。 そんな奇想天外なコンサートが催されたのは1981年12月3日、場所は東京の渋谷公会堂だった。 ナイア…

extra_141003

Extra便

憧れの人、小林旭に大瀧詠一が渾身の力を振り絞って作った「熱き心に」

大瀧詠一は長い間、自分がミュージシャンになるきっかけは、エルヴィス・プレスリーに憧れてロック・ミュージックに興味を持ったことだと思い込んでいた。 だが実際にはア…

竹内まりや TAPTHEPOP

Extra便

竹内まりやが「一緒に歌う相手は大瀧さんしかいない」と決めていたラブソング

「Something Stupid(恋のひとこと)」は1967年にフランク・シナトラと娘のナンシー・シナトラが歌ってヒットし、全米ナンバーワンになったデュエット…

スポンサーリンク

Pagetop ↑