TAP the STORY

名曲「ウィズアウト・ユー」を書いた後、自死に追い込まれたバッドフィンガーの2人

ビートルズが作ったレコード会社のアップルから1968年にデビューを飾ったアイヴィーズは、ビートルズの弟分的存在として期待されていた。 ところが運が悪いことにアッ…

TAP the DAY

エディ・コクランを偲んで〜ロックンロール草創期の大スターが遺した足跡と功績

1950年代、アメリカでは幾人かの“ロックスター”が誕生した。 その中でも70年代までスターであり続けたのは、エルヴィス・プレスリーただ一人だけだった。 50年…

Extra便

あのベスト盤はどれだけ売れているのか〜世界で4200万枚を売ったロックバンドは?

2016年はデヴィッド・ボウイ(享年69)、プリンス(享年57)、グレン・フライ(享年67)といった大物ミュージシャンが立て続けに亡くなった……思えば1980年…

TAP the DAY

みこころのままに〜ポール・マッカートニーがビートルズを脱退した日〜

♪「Let It Be」/ビートルズ 悩みごとのあるときは 聖母マリアが僕の前にあらわれて 賢者の言葉を語る 「神のみこころのままにゆだねなさい」と 心が重くふ…

TAP the NEWS

死んだ男の残したものは〜鉄腕アトムの主題歌で知られる詩人・谷川俊太郎が書いた反戦歌

世界各地で起きているテロ事件や争いごと、格差社会への不安と不満…そんなニュースを日々見聞きしている我々は、ほぼ“戦争を知らない子供たち”である。 戦争、そして暴…

Extra便

チェコで不滅のプロテスト・ソングとして歌われていたビートルズの「ヘイ・ジュード」と、国民的な歌手マルタ・クビシェヴァ

チェコスロヴァキアでは1968年の初頭から共産党第一書記のアレクサンデル・ドプチェクの指導の下で、知識人や学生を中心に民主化運動が展開された。 ドプチェクは3月…

TAP the DAY

サラ・ヴォーンを偲んで〜天才歌手の足跡と、ちょっと素敵なララバイ(子守唄)エピソード

1990 年 4 月 3 日、天才歌手サラ・ヴォーンの訃報が伝えられ、多くの音楽ファンがその死を惜しんだ。 彼女はその生涯を通じて、歌と共に酒も煙草も豪快に楽し…

TAP the BOOK

少年少女を熱狂させ未来を創った、ビートルズ来日の立役者たちの物語 〜「ウェルカム!ビートルズ」〜

 今や戦後日本の歴史の一部として語られる1966年のビートルズ来日。  ビートルズが日本に来た5日間は、日本の音楽やショービジネスのあり方を変えただけでなく、公…

Extra便

時代を超えたベストセラーアルバムの変遷(イギリス編)

今回は、英国でベストセラーを記録したアルバムを並べてみよう。アメリカと違って意外な顔ぶれが続々登場。ただし、音楽は決して売り上げだけで語られるものではなく、壮大…

Extra便

2回目の「エド・サリヴァン・ショー」にマイアミからの生中継出演で人気を決定づけたビートルズ

1964年2月12日、ビートルズはカーネギーホールで午後7時45分からと午後11時15分から、それぞれ35分間の2ステージを披露して歓声と熱狂に包まれた後、ホテ…

TAP the DAY

音楽の殿堂として知られるカーネギーホールでビートルズが開催したコンサート

デビューから1年たらずのうちにイギリスで最も人気があるグループになったビートルズのマネージャー、ブライアン・エプスタインはアメリカ進出にあたっていくつかの作戦を…

Extra便

時代を超えた1000万枚以上ベストセラーアルバムの変遷(アメリカ編)

CDやアルバムが売れなくなったと言われて久しい。アメリカでは1999年からCDの売り上げは下降線を辿っているし、日本でも音楽CDとしてのミリオンセラーを望むのは…

TAP the ROOTS

いつの時代も恋人への手紙は「P.S.アイ・ラブ・ユー」

 文末に  託す言の葉  君恋し  ビートルズの英国でのデビュー・シングル「ラブ・ミー・ドゥー」のカプリング・ナンバーであり、デビュー・アルバム『プリーズ・プリ…

TAP the LIVE

エド・サリヴァン・ショーに出演したビートルズが全米の若者にもたらした衝撃

「あの夜エド・サリヴァン・ショーを見ていなかったら、今日の僕はないと断言できる。 この世に存在してさえいなかったかもしれない。 僕の人生が活力に満ちているのも彼…

TAP the NEWS

Fire and Rain〜鬱病を患っていた20歳のジェイムス・テイラーが紡いだ名曲

1960年代から70年代のミュージックシーンでは、社会的なメッセージを歌ったアーティストが数多く活躍した。 ボブ・ディラン、ジョン・レノン、マーヴィン・ゲイ、ジ…

TAP the STORY

ジョン・レノン27歳〜敏腕マネージャーの死、インド哲学への傾倒、そしてヨーコとの関係を深めていく日々〜

1967年10月9日、ジョン・レノンは27歳の誕生日を迎えた。 この頃のジョンは深い悲しみの中にいた。 “ビートルズを売り出した男”として知られる男、敏腕マネー…

TAP the COLOR

12月のナンバーワンアルバム①〜ハート/ノー・ダウトほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第223回〜RED〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャート…

ミュージックソムリエ

僕らの世代が見たビートルズとジョン・レノン~斉藤和義、真心ブラザーズ

1966年夏、ビートルズの初来日に日本中が沸き立った。 当時10代~20代だった多くの若者は、たとえ来日公演を見ることができなくても、ラジオやレコードから流れる…

TAP the NEWS

恋はみずいろ〜全盛期のビートルズの売り上げを超えた!?インストゥルメンタルの金字塔

甘い、甘い、恋は甘いわ 私の世界は甘いの あなたの腕の中にいれば 甘い、甘い、恋は甘いわ 私の世界は甘いの あなたのそばにいれば 青い、青い、恋は青いわ 私のこ…

Extra便

アルバム復活の時代は来るのか?〜世界のベストセラーアルバムリスト

今年初旬のグラミー賞の授賞式でプリンスが「“アルバム”って覚えてる?」と皮肉を放って歓声と拍手を浴びていたが、前回のコラム【アデルの輝きと歌の力──時代を超えた…

スポンサーリンク

1 / 812345...>>
Pagetop ↑