TAP the ROOTS

「ヘルター・スケルター」に取り憑いたチャールズ・マンソンの妄想

♪ ヘルター・スケルター 汗だくの夏 ♪  1971年。ドン・マクリーンは「アメリカン・パイ」の中でそう歌っている。汗だくの夏と彼が歌ったのは、1969年の夏。…

TAP the COLOR

11月のナンバーワンアルバム⑤〜ビートルズ/フォリナーほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第221回〜GRAY〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャー…

TAP the NEWS

心の旅〜チューリップを一躍人気アーティストにした楽曲の誕生秘話

ああだから今夜だけは 君を抱いていたい ああ明日の今頃は 僕は汽車の中 旅立つ僕の心を知っていたのか 遠く離れてしまえば 愛は終るといった もしも許されるなら …

TAP the CHANGE

ウィーザーのリヴァース・クオモのビーチ・ボーイズ愛はコイントスから始まった

ウィーザーのボーカルでソングライティングも手がけるリヴァース・クオモ。 彼はスポティファイで、自身が聴いていた音楽を年代別にプレイリストにして公開しており、その…

TAP the CHANGE

トム・ペティのロックンロールはエルヴィスと会ったことから始まった

1950年にフロリダ州のゲインズビルで生まれたトム・ペティ。 彼がロックに目覚めたきっかけはエルヴィス・プレスリーだった。 1956年に「ハートブレイク・ホテル…

Extra便

ビートルズの原点となる「ラヴ・ミー・ドゥ」から始まった輝かしい歴史

ビートルズのメンバーたちはみんな第二次世界大戦の戦火の下で生まれ育っている。 ジョン・レノンとリンゴ・スターが1940年、ポール・マッカートニーが1942年、ジ…

TAP the CHART

トップ10シングル数ランキング1955-2017〜最多はあの世界的エンターテイナーの38曲!!

「TAP the CHART」第88回 「No.1ヒット数ランキング1890-2017〜127年間で最もチャートを賑わせた歌手やバンドは?」では、No.1ヒット…

街の歌

Kansas City〜人種、宗教、国境を超えたロックンロールナンバー

ビートルズがカヴァーしたことによって広く知られることとなったこの曲は、1940年代末からアメリカのブルース界を中心に活躍したユダヤ系白人のシンガーソングライター…

TAP the CHART

トップ10アルバム数ランキング1955-2017〜最多はあの現役ロックバンドの37枚!!

「TAP the CHART」第84回 「No.1アルバム数ランキング1945-2017〜72年間で最もチャートを賑わせた歌手やバンドは?」では、No.1アルバ…

TAP the DAY

ビートルズの4人とエルヴィス・プレスリーが一堂に会した夜

「史上最も成功したソロ・アーティスト」とギネスに認定されたエルヴィス・プレスリー。 そして「史上最も成功したグループ・アーティスト」とギネスに認定されたビートル…

TAP the DAY

Rocky Mountain High〜ジョン・デンバーが自伝的な歌に込めた大自然への想い

2016年から国民の祝日として8月11日が“山の日”になった。 日本の議員連盟による制定により「山に親しむ機会を得て、山の恩恵に感謝する」ということで祝日になっ…

TAP the ROOTS

69年の夏、交錯する様々なメタファー

♪  最初のギターは  安物の雑貨屋で買った  指から血がにじむまで弾いたものさ  あれは69年の夏のこと ♪  ブライアン・アダムスの「思い出のサマー」は、ギ…

TAP the NEWS

青春の影〜チューリップの運命を大きく変えた一曲

この歌は、財津和夫(当時26歳)が在籍したチューリップが1974年の6月5日にリリースした楽曲である。 前年に大ヒットを記録した「心の旅」からアイドル路線を走っ…

TAP the NEWS

Please Mr. Postman〜モータウン史上“初のチャート1位”を獲得した名曲

洋楽ファンのみならずとも一度は耳にしたことがある歌ではないだろうか? 今にも踊りだしたくなるリズムに、心がワクワクしてくるような掛け合いのメロディー♪ ビートル…

季節(いま)の歌

二人のシーズン〜まるでゾンビのように死んだり蘇ったり…あるバンドが辿った運命

60年代の中頃以降にアメリカのヒットチャートを賑わせたイギリスのバンド“ゾンビーズ”をご存知だろうか? 1962年にイングランドのハートフォードシャーで結成され…

TAP the STORY

リンゴ・スターが27歳のときに出会って救われたマハリシの「超越瞑想」

ビートルズの初期を振りかえって、リンゴ・スターはこんなふうに語っている。 バンドを始めた頃は、いい音楽を作ることだけが目的だった。 僕がビートルズに入りたかった…

Extra便

DNAのように2代3代と子孫に受け継がれていくビートルズの遺伝子~峯田和伸と連続テレビ小説『ひよっこ』

銀杏BOYZのヴォーカル&ギターとして知られる峯田和伸は、1996年にGOING STEADYというパンクバンドを結成して以来、基本的にはバンドで音楽活動を続け…

TAP the DAY

7月1日の武道館ライブを観て「ビートルズは自分がやらなければいけない」と思った大学生の石坂敬一

日本武道館で1966年6月30日から7月2日まで、合計で5回行われたビートルズのコンサートは、会場に観に来た人たちの人生に大きな影響を及ぼした。 7月1日に大学…

TAP the DAY

ミスター・タンブリン・マン〜フォークとロックの境界線に橋を架けた名曲

1965年6月26日、ザ・バーズのデビュー曲「ミスター・タンブリン・マン」がビルボード全米シングルチャートで1位を獲得した。 ボブ・ディランが作詞作曲した歌とし…

TAP the DAY

ニルヴァーナの登場〜カートがビートルズを丸一週間聴き続けて書いた曲〜

「彼にはハートはあるね…。」 ボブ・ディランがニルヴァーナの「Polly」という曲を聴いて一言だけ口にした言葉だという。 「パッと出ては消える成り上がりのバンド…

スポンサーリンク

1 / 812345...>>
Pagetop ↑