街の歌

蒲田行進曲〜ブロードウェイ舞台の主題歌が数々の伝説を生んだ松竹蒲田撮影所の所歌に!?

どこかノスタルジックなムードが漂うこの活気溢れるメロディー。 つかこうへい作・演出の戯曲で1982年に映画化された『蒲田行進曲』(松竹)の主題歌として知る人が多…

街の歌

帰れソレントへ〜名立たるオペラ歌手たち、エルヴィス、そして美空ひばりが歌い継いできた100年以上前の名曲

ごらん、なんて美しい海だろう 豊かな感情があふれている 君の優しい言葉が 僕を夢心地にするように… ごらん、この庭を このオレンジの花の香りを感じて 繊細な香り…

街の歌

チュニジアの夜〜アフリカ、アラビア、キューバの文化が混ざり合ったビバップの名曲

月はいつもと変わらず空高く昇り 夕焼けに染まり赤く輝いている でもこのキラキラと輝くチュニジアの夜ほど まばゆく輝く夜を他に知らない 星たちはダイヤモンドのよう…

街の歌

I Love Paris〜“Mr.アメリカンメロディー”と呼ばれた男コール・ポーターが手掛けた珠玉のラブソング

私は春のパリに心引かれる 私は秋のパリに心引かれる 物凄く暑い夏のパリに心引かれる 霧雨に煙る冬のパリに心引かれる この「I Love Paris」は、1953…

街の歌

A Foggy Day〜霧の都ロンドンをテーマにした名曲の誕生秘話

秋といえば霧。 そして霧といえば…霧の都ロンドン。 そのロンドンの“霧”の正体をご存知だろうか? 19世紀のイギリスは産業革命によってもたらされた工業化により、…

街の歌

東京〜まだ“遠距離恋愛”という言葉がなかった時代に描かれた名曲の誕生秘話

この歌が発売された1974年(昭和49年)と言えば「巨人軍は永久に不滅です」という名台詞を残して長嶋茂雄が現役引退をした年である。 セブンイレブンの第1号店が東…

街の歌

悲しい色やね〜大阪弁、女言葉で綴られた名曲はこうして生まれた

にじむ街の灯を ふたり見ていた 桟橋に停めた 車にもたれて 泣いたらあかん泣いたら せつなくなるだけ Hold me tight 大阪 Bay blues 「俺…

街の歌

カントリーロード〜70年代のアメリカを代表する大ヒットソングの誕生秘話〜

誰もが一度は胸に抱く都会への憧れ。 進学、就職、または夢を追いかけて…故郷から旅立ってゆく人々。 その多くの者達が、ある時期必ず想うことがある。 「故郷へかえり…

街の歌

駅〜今はなき東急東横線旧渋谷駅が舞台となった竹内まりやの名曲

見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね 懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に 言葉が…

街の歌

Dancing In The Street〜最も多くのアーティストにカヴァーされたモータウンソング

世界中に大声で叫ぼう 新しいビートに乗る用意はできた? 今は夏 ストリートで踊るための“時は今” みんなシカゴで踊ってる ニューオーリンズの田舎でも ニューヨー…

街の歌

Kansas City〜人種、宗教、国境を超えたロックンロールナンバー

ビートルズがカヴァーしたことによって広く知られることとなったこの曲は、1940年代末からアメリカのブルース界を中心に活躍したユダヤ系白人のシンガーソングライター…

街の歌

Blue Kentucky Girl〜カントリーの女王たちが唄い継いだ名曲

カントリーミュージック。 それはアメリカ合衆国南部で発祥した音楽である。 「アパラチアンミュージック」「マウンテンミュージック」「ヒルビリー」「カントリー&ウエ…

街の歌

Born in Chicagoを聴きながら…ホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドの足跡を辿る

この歌は、アメリカを代表するホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドが率いたバンドの記念すべきデビュー曲だ。 一部の洋楽ファンの間では「日本において過小…

街の歌

Mony Mony〜ニューヨークの喧騒をあらわす“造語”から生まれた最強のパティーナンバー

まず、この歌のキャッチーなサビで連呼されるフレーズ“Mony”とは一体なんのことだろう? 作曲者の1人としてクレジットされているトミー・ジェイムスが、当時暮して…

街の歌

St.Louis Blues〜戦時中に敵も味方もなく聴かれたという一枚のレコード

この歌は「ブルースの父」と呼ばれた男、W.C.ハンディ(ウィリアム・クリストファー・ハンディ)が1914年に楽譜出版した楽曲だ。 現在ジャズのスタンダードナンバ…

TAP the DAY街の歌

Stars Fell on Alabama〜80年以上前に本当にあった奇蹟のような流星群から生まれた名曲

「東京ブギウギ」「銀座の恋の物語」「ブルーライトヨコハマ」「大阪で生まれた女」「長崎は今日も雨だった」「函館の女」「津軽海峡・冬景色」…などなど、日本では“ご当…

街の歌

Le métèque(異国の人)〜エジプト生まれのギリシャ人がパリの街で紡いだ多国籍ソング

よそ者の顔をした僕 彷徨えるユダヤ人 ギリシャの牧人 泥棒の浮浪者の顔 僕の肌 それはすべての夏の太陽に刃向かう… ジョルジュ・ムスタキという男をご存知だろうか…

街の歌

Santa Lucia〜世界で最も美しい港町の歌、目をくりぬかれた聖ルチアの伝説〜

日本で言う「日光を見ずして結構と言うことなかれ」と同じように、イタリアには「ナポリを見てから死ね」ということわざがある。 そう、ナポリ湾一帯の風景を見ずに死んで…

街の歌

パープルタウン〜八神純子の才能と実力、人気絶頂期の光と影〜

「デビューして丸2年、いい曲を作ろうと思って無我夢中でした。でも、ふと気づいた時に“いい曲を作らなきゃいけない”というプレッシャーに押しつぶされそうになっている…

街の歌

大都会〜クリスタルキングが夢を賭けた楽曲の誕生物語〜

あー果てしない 夢を追い続け あーいつの日か 大空かけめぐる 裏切りの言葉に 故郷を離れ わずかな望みを 求め さすらう俺なのさ 見知らぬ街では 期待と不安が …

スポンサーリンク

1 / 3123
Pagetop ↑