ookami

TAP the SONG

「狼なんか怖くない」~阿久悠がピンク・レディーの「S・O・S」から発展させて書いた石野真子のデビュー曲

伝説のオーディション番組『スター誕生!』(日本テレビ系)に出場した石野真子は高得点で合格、1978年3月25日に「狼なんか怖くない」でデビューすることになった。…

TAP the SONG

朝日ソノラマが「鉄腕アトム」に続いて連続して放ったテレビ漫画のヒット曲「鉄人28号」と「エイトマン」

朝日ソノラマの橋本一郎が『鉄腕アトム』の音盤化を思いついてすぐに制作に取りかかり、音源やビジュアルを完成させたちょうどその頃、テレビ漫画の第2弾となる3本の作品…

%e6%b9%af%e5%b7%9d%e3%82%8c%e3%81%84%e5%ad%90%e3%81%ae

TAP the SONG

GSブームに先鞭をつける和製ポップス第1号、「涙の太陽」は洋楽評論家だった湯川れい子の作詞家デビュー作

1965年4月20日に発売された「涙の太陽」は歌詞がすべて英語、その年から本格化したエレキ・ブームでにふさわしいサウンドで大ヒットした。 歌ったのはエミー・ジャ…

%e3%82%a8%e3%83%87%e3%82%a3%e3%83%83%e3%83%88%e3%83%bb%e3%83%94%e3%82%a2%e3%83%95

TAP the SONG

越路吹雪、美輪明宏、大竹しのぶ、それぞれが定番にしたエディット・ピアフの「愛の讃歌」

シャンソンの名曲として世界中で親しまれている「愛の讃歌」は、越路吹雪の歌によって日本でも1950年代前半から60年代にかけて、広く親しまれて浸透していった。 と…

%e3%83%a4%e3%83%9e%e3%83%8f%e3%83%9d%e3%83%97%e3%82%b3%e3%83%b3

TAP the SONG

「あなた」~ポプコンと世界歌謡祭の方向を決めたのは小坂明子がガロのために書いた曲

名古屋の高校生だった小坂明子が歌った「あなた」が、ヤマハが主宰するポピュラー・ミュージック・コンテスト(通称・ポプコン)の「第6回合歓本選会」で、グランプリに選…

%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d%e3%81%af%e8%8d%92%e9%87%8e%e3%82%88%e3%82%8a

TAP the SONG

中島みゆき「時代」③~亡くなった父の言葉が聴こえてくる「荒野より」と「もう一人の私」

1974年の春に札幌藤女子大を卒業した中島みゆきは、帯広の実家に帰って父と母が営んでいた中島産婦人科医院を手伝うようになった。 そして1年後、第9回ヤマハポピュ…

%e6%99%82%e4%bb%a3%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%83%e3%83%81

TAP the SONG

中島みゆき「時代」②~ヤマハ音楽振興会の創始者だった恩人に捧げる言葉「DAD 川上源一」

第6回世界歌謡祭の舞台でグランプリを受賞して「時代」を歌う際に、中島みゆきはオーケストラの伴奏を制して自分のギター一本でうたった。 そこには自分を発掘してくれた…

tece-3161

TAP the SONG

ちあきなおみの「かもめの街」はカラスをかもめに、渋谷の街を浜辺に見立てて作られた難曲だった

デビューして12年、いつもいつもヒット曲を追いかけるのではなく、自分にふさわしい歌を目指して活動し始めたちあきなおみは、シャンソンを日本語詞でカヴァーしたアルバ…

イムジン河1

TAP the SONG

「イムジン河」のかわりに加藤和彦が作った「悲しくてやりきれない」の奥深さ

発売の前日に中止が決まったザ・フォーク・クルセダーズの「イムジン河」は、レコード店や東芝レコードの営業所から回収された。こうしてもう二度と世に出ることはなかった…

エミシーダスカパラと

TAP the SONG

ブラジルで新たな一歩を踏み出した「上を向いて歩こう~オーリャ・プロ・セウ(Olha pro céu)」

2016年7月29日の金曜日と30日の土曜日、リオデジャネイロ市の中心部にある「VIVO RIO」では、『上を向いて歩こう~Olha pro céu~(オーリャ…

%e3%82%b3%e3%83%bc%e3%83%92%e3%83%bc%e3%83%ab%e3%83%b3%e3%83%90-1

TAP the SONG

蘇った歌の系譜①「コーヒールンバ」が大ヒットした後で発見された西田佐知子「アカシアの雨がやむとき」

西田佐知子の「アカシアの雨がやむとき」は1960年4月、ポリドール・レコードからシングルが発売された。 その片面には原田信夫が歌った「夜霧のテレビ塔」という曲が…

music-labo-vol-265%e4%b8%ad%e5%b3%b6%e3%81%bf%e3%82%86%e3%81%8d%e3%82%a4%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%93%e3%83%a5%e3%83%bc

TAP the SONG

中島みゆき「時代」①~初めて会った日にノートにメモした言葉「もう一人の私」

中島みゆきが「時代」を歌って世界歌謡祭のグランプリを獲得したのは、1975年11月16日夜のことだった。 そのニュースは翌17日の月曜日、ミュージック・ラボの社…

%e3%83%aa%e3%83%aa%e3%82%a4

TAP the SONG

追悼・りりィ~哀切きわまりない「心が痛い」と、ヒット曲の「私は泣いています」

1952年2月17日に福岡県に生まれたりりィは、ロシア系アメリカ人の父と日本人の母との間に生まれたハーフである。 朝鮮戦争に従軍した父は彼女が生まれるまえに戦死…

%e6%b0%b8%e3%81%95%e3%82%93

TAP the SONG

さだまさしにとって歌の原点となった中村八大と永六輔による六・八ソングと「生きるものの歌」

永六輔が歌手としてデビューしたのは1974年の夏のことだ。 そのときに先行シングルとして発売されたのが「生きているということは」だった。 〈参照コラム 追悼・永…

kuroikaban

TAP the SONG

最初からヒットの道が閉ざされていた泉谷しげるの「黒いカバン」

岡本おさみが泉谷しげるに書いた「黒いカバン」の歌詞に、”ぼくは人間ですよ”というフレーズが出てくる。 そこには「いち庶民」の目線でうたのことばを書くという、岡本…

sanomotoharu

TAP the SONG


「ガラスのジェネレーション さよならレボリューション」〜新しい時代の新しい音楽が聴こえてきた瞬間

レコードを聴くときの喜びは、まずジャケットのビジュアルから始まる。 そっとレコード盤を取り出して、歌詞カードを目にしながらターンテーブルに載せる。 最初の1行の…

%e6%b3%89%e8%b0%b7%e3%81%97%e3%81%92%e3%82%8b-%e9%bb%84%e9%87%91%e7%8b%82%e6%99%82%e4%bb%a3-%e8%a1%a8%e7%b4%99

TAP the SONG

〈吐きすて〉の歌の系譜=⑦人間の本質に由来する愚かさ、醜さ、滑稽さ、哀れさを、ためらわず歌う泉谷しげる

『黄金狂時代』は泉谷しげるの通算5枚目のアルバムで、1974年10月10日にエレック・レコードより発売になった。 そこからシングル・カットされた「眠れない夜」が…

%e3%82%b0%e3%83%aa%e3%83%a0%e3%82%b9%e3%83%91%e3%83%b3%e3%82%ad%e3%83%bc

TAP the SONG

〈吐きすて〉の歌の系譜⑥ジャニス・ジョプリンの「ムーヴ・オーヴァー」をカヴァーしたGLIM SPANKY(グリム・スパンキー)

ジャニス・ジョプリンの遺作となったアルバム『パール』で、1曲目を飾っていた「ムーヴ・オーヴァー」は代表曲のひとつとして知られる。 You say that it…

161007

TAP the SONG

久保田早紀の「異邦人」を見事なアレンジで大ヒット曲に仕上げた編曲家とプロデューサーの力技

1979年10月に発売された無名の新人シンガー・ソングライター、久保田早紀のデビュー曲「異邦人」が誕生した陰には、すぐれた編曲家によるプロの仕事があり、そこには…

zunoukeisatsu3

TAP the SONG

〈吐きすて〉の歌の系譜③ 発売禁止にならないように計算された頭脳警察の「ふざけるんじゃねえよ」

タイトルからも想像がつくように「ふざけるんじゃねえよ」は、社会に対するストレートな異議申し立てであり、レアすぎるほどに〈吐きすて〉の歌だった。  これは詞も曲も…

スポンサーリンク

1 / 912345...>>
Pagetop ↑