TAP the CHART

ボブ・マーリィが逝った1981年、ストーンズが伝説のツアーをしてMTVが開局した

2015.09.22

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第19回は、1981年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1981年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES

❶Bette Davis Eyes / Kim Carnes
❷Endless Love / Diana Ross & Lionel Richie
❸Lady / Kenny Rogers
❹(Just Like) Starting Over / John Lennon
❺Jessie’s Girl / Rick Springfield
❻Celebration / Kool & the Gang
❼Kiss on My List / Hall & Oates
❽I Love a Rainy Night / Eddie Rabbitt
❾9 to 5 / Dolly Parton
❿Keep on Loving You / REO Speedwagon

1981年の年間TOP20。TOP10は4分22秒以降。


★TOP 10 ALBUMS
❶Hi Infidelity / REO Speedwagon
❷Double Fantasy / John Lennon and Yoko Ono
❸Greatest Hits / Kenny Rogers
❹Christopher Cross / Christopher Cross
❺Crimes of Passion / Pat Benatar
❻Paradise Theater / Styx
❼Back in Black / AC/DC
❽Voices / Hall & Oates
❾Zenyatta Mondatta / The Police
❿The River / Bruce Springsteen

スクリーンショット(2015-09-21 16.54.13)
【1981年の主な音楽的出来事】
○ボブ・マーリィ死去。享年36。
(詳しくはこちらをお読みください)
ボブ・マーリィ〜心臓の鼓動をとらえた音楽レゲエで世界を一つにした男

○8月1日、MTVが放映開始。
(詳しくはこちらをお読みください)
8月1日にMTVが開局して僕たちは音楽を見た。親が寝静まった後に訪れる夢のような時間だった。

○映画化もされたローリング・ストーンズの北米ツアーがスタート。過去最大規模と興行的成功が話題に。
(詳しくはこちらをお読みください)
ブラジルのビーチを150万人で埋め尽くした「世界最高のロックバンド」の稼ぎ方

○ゴーゴーズのデビュー作『Beauty and the Beat』が大ヒット。ガールズバンドとして過去最高の成功を収める。

○ヴァンゲリスによる映画『炎のランナー』のサウンドトラックが大ヒット。

○フリートウッド・マックの歌姫スティーヴィー・ニックスの初ソロ作『Bella Donna』が全米1位に。

○REOスピードワゴンが地道なツアー生活を経て大ブレイク。この年はジャーニー、フォリナー、スティクスらの新作も大ヒット。日本では「産業ロック」と揶揄されるが、洋楽初心者には大切な青春のサウンドトラックとして機能。もっと再評価が望まれる。

○ピーター・ウルフが看板のJ・ガイルズ・バンドが、ローリング・ストーンズのツアー前座をきっかけに大ヒットを飛ばす。

○リック・スプリングフィールドが大ブレイク。

○ジュース・ニュートンがブレイク
○のちにカントリー界のスーパースターとなるジョージ・ストレイトがアルバムデビュー
○映画『エンドレス・ラブ』の主題歌が大ヒット
○リック・ジェイムス『Street Songs』リリース
○フィル・コリンズが初ソロ作をリリース
○英国ではデュラン・デュラン、ティアーズ・フォー・フィアーズ、デベッシュ・モード、ニュー・オーダーなどがデビュー。また、アダム&ジ・アンツやヒューマン・リーグがブレイク
○ジャズ・シーンではウェイントン・マルサリスのデビューが話題に
○AC/DC、クラフトワーク、キング・クリムゾンらが初来日公演
○イエス、スティーリー・ダン、ウイングスが解散

○1981年に亡くなったミュージシャン
ビル・ヘイリー(2月9日)
マイク・ブルームフィールド(2月15日)
ボブ・マーリィ(5月11日)
ロイ・ブラウン(5月25日)
ハリー・チェイピン(7月16日)
ホーギー・カーマイケル(12月27日)

【1981年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
(Just Like) Starting Over/John Lennon ⑤*前年1週分含む
The Tide Is High/Blondie ①
Celebration/Kool & the Gang ②
9 to 5/Dolly Parton ②
I Love a Rainy Night/Eddie Rabbitt ②
Keep on Loving You/REO Speedwagon ①
Rapture/Blondie ②
Kiss on My List/Daryl Hall and John Oates ③
Morning Train (Nine to Five)/Sheena Easton ②
Bette Davis Eyes/Kim Carnes ⑨
Medley/Stars on 45 ①
The One That You Love/Air Supply ①
Jessie’s Girl/Rick Springfield ②
Endless Love/Diana Ross and Lionel Richie ⑨
Arthur’s Theme (Best That You Can Do)/Christopher Cross ③
Private Eyes/Daryl Hall and John Oates ②
Physical/Olivia Newton-John ⑩*後年4週分含む

1981年のナンバー1ヒットは17曲。

★ALBUMS
Double Fantasy/John Lennon and Yoko Ono ⑧*前年1週分含む
Hi Infidelity/REO Speedwagon ⑮
Paradise Theater/Styx ③
Mistaken Identity/Kim Carnes ④
Long Distance Voyager/The Moody Blues ③
Precious Time/Pat Benatar ①
4/Foreigner ⑩*後年3週分含む
Bella Donna/Stevie Nicks ①
Escape/Journey ①
Tattoo You/The Rolling Stones ⑨
For Those About to Rock We Salute You/AC/DC ③*後年2週分含む

【1981年の全米ベストセラーアルバム】
○900万枚/ジャーニー『ESCAPE』
○800万枚/クイーン『GREATEST HITS』
○700万枚/フォリナー『Records』

【1981年のグラミー賞】
最優秀レコード/キム・カーンズ「Bette Davis Eyes」
最優秀アルバム/ジョン・レノン&ヨーコ・オノ『Double Fantasy』
最優秀ソング/キム・カーンズ「Bette Davis Eyes」
最優秀新人/シーナ・イーストン

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑