「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the LIVE

ビーチボーイズのターニング・ポイントとなった1964年と『エド・サリヴァン・ショー』への出演

2019.09.24

Pocket
LINEで送る

1964年は全米チャート・シーンに大きな変化が起きた年だ。
ビートルズを筆頭にイギリスのロック・バンドが次々とアメリカに進出し、全米トップチャートを席巻したのである。
ブリティッシュ・インヴェイジョン(イギリスの侵略)とも呼ばれるこの現象により、アメリカ国内のシンガーやバンドは軒並み順位を落としてしまうのだった。

そうした中、イギリスのバンドに対抗する国内のバンドとして、若者たちから支持されたのがビーチボーイズだ。
ビートルズがトップ5を独占するという快挙を成し遂げた4月4日付けのチャートでは13位に甘んじていた。
しかし翌月にリリースした「アイ・ゲット・アラウンド」が徐々に売上を伸ばしていき、7月4日付のチャートではついに彼らにとって初の1位をもたらしたのだ。



1961年に「サーフィン」でデビューしたビーチボーイズ。その曲名とバンド名から分かるように、デビューからしばらくはサーフ・ミュージックを売りにしたバンドだった。
だがソングライティングを手がけるブライアン・ウィルソンは、次第にサーフ・ミュージック以外の曲にも挑戦してみたいと感じるようになる。
そうした意識の変化、そしてバンドの成長がサウンド面に大きく現れ始めたのが1964年であり、「アイ・ゲット・アラウンド」だったのである。

このヒットがぼくらをビートルズに続く次なるポップ・アクトにしてくれた。ぼくらのほうがビートルズよりいいっていう人たちもいた。ぼくらの曲は音楽的におもしろいし、洗練されているし、ポジティヴなエネルギーを作り出してくれるというのが理由だった。
(『ブライアン・ウィルソン自伝』より引用)


こうしてビートルズと比較される存在となったビーチボーイズが、人気バラエティ番組『エド・サリヴァン・ショー』への出演を果たしたのは9月27日のことだった。
半年前の2月にはビートルズが出演し、視聴率60%という驚異的な数字を記録したテレビ番組だ。
この番組に出たことにより、サーフ・ミュージックから卒業した新しいサウンドのビーチボーイズは、アメリカ全土へと知れ渡ったのである。
ブライアン・ウィルソンは、のちに放送を観たときのことをこのように記している。

ドラムを叩いてるデニスの顔がクローズアップになったときに女の子たちがキャーキャー言うのが、いつも最高に好きだった。
カールが「アイ・ゲット・アラウンド」のギター・ソロを弾いてるときに、マイクがおもしろいダンスをしてみせる場面も好きだ。




ビーチボーイズは大きく躍進し、彼らの日常は一気に慌ただしいものになった。
誰もがビーチボーイズのこれからに大きな期待を寄せたことだろう。
しかしバンドは、予想だにしない方向へと舵を切ることとなる。
その年の12月、ブライアンがステージに上がることを拒否し、作曲に専念することをメンバーに宣言したのだ。

突然バンドが有名になってしまったことに、ブライアンは困惑していた。そして頂点へと登りつめることに、恐怖と虚しさを感じていた。
そうしたストレスに耐えきれず、ついにはツアー先へと向かう飛行機の中で失神してしまったのだ。

1964年、それはビーチボーイズにとってまさにターニング・ポイントであり、激動の一年だったのである。



Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[TAP the LIVE]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ