TAP the SCENE

エディ&ザ・クルーザース〜その正体はジョン・キャファティ&ザ・ビーバー・ブラウン・バンド

2016.11.16

Pocket
LINEで送る

1983年。アメリカで1本の映画がひっそりと公開された。タイトルは『エディ&ザ・クルーザース』(Eddie and the Cruisers)。主演はTVドラマで人気が出始めていたマイケル・パレと、70年代から何本かの映画に出演していたトム・べレンジャー。後にパレは『ストリート・オブ・ファイヤー』、べレンジャーは『プラトーン』で誰もが知るスター俳優となる。

映画は本国でヒットしなかったことから、日本での劇場公開は見送られた。しかし翌年、この映画をサウンドトラックが救う。劇中歌を担当したのはジョン・キャファティ&ザ・ビーバー・ブラウン・バンド。全曲に渡って彼らがオリジナルやカバーを演奏し、収録曲の「On the Dark Side」が全米7位の再ヒットを記録。彼らの名は一気に知れ渡り、全盛期に入っていたMTVでも頻繁に流れ始めた。

その声やサウンドが、当時『Born in The U.S.A.』で頂点にいたブルース・スプリングスティーン&ザ・Eストリート・バンドにあまりにもそっくりだったため、日本の音楽メディアもそれに便乗した取り上げ方ばかりだったのは残念だが、確かにスプリングスティーンの世界的ヒットがなければ、彼らにスポットが当たることはなかったのかもしれない。

だが、今聴きなおしてみると、「Tender Years」や「Wild Summer Nights」なんて心にグッとくる名曲だし、けっこう優れたサウンドトラックだったことも解る。映画は無事に日本版DVDも発売されたので、マイケル・パレの口パク演技の上手さも楽しんでほしい。音楽ファンならかなり入り込めるストーリーだ。

ニュージャージーのローカルバンドながら全米ナンバー1ヒットを放ち、1964年に2枚目のアルバムを録音した直後にリーダーが事故死。アルバムのマスターテープもなぜか消え、バンドはそのまま解散。あれから18年が経ち、伝説となっているエディ&ザ・クルーザース。

TV局のリポーターのマギー(エレン・バーキン)は、当時死体はあがらなかったエディが実は今も生きていて、幻のセカンドアルバム『シーズン・イン・ヘル』もどこかに存在しているのではないかと、追跡ドキュメントを企てている。アルチュール・ランボーの詩から取られた作品名がどうしても引っ掛かるのだ。

エディ(マイケル・パレ)のバンドでキーボード兼作詞を担当していたフランク(トム・べレンジャー)は、今は高校で教員となって働く日々。マギーはさっそく手掛かりをつかむため、フランクに取材を依頼するが、彼はもう過ぎ去ったことだと拒否する。

しかしその夜、フランクの部屋が何者かに荒らされていた。その後、DJ、カジノディーラー、ノスタルジーバンドとして働く元メンバーたちと再会していくフランクは、関係者全員の部屋が同様に荒らされていることを知る。誰かが幻のマスターテープを探しているのだ。

フランクはエディと出逢い、一緒に活動した60年代の記憶の旅へ出る。すべてはニュージャージーのアズベリー・パークから始まった日々を。果たしてマスターテープの存在は? エディは本当に生きているのか? そして意外なクライマックスがやって来る……。

ジョン・キャファティ&ザ・ビーバー・ブラウン・バンドは、ロード・アイランド州の労働者の町で、ローカルバンドのリーダー的存在のメンバーが集まって1972年に結成された。古くなったマーケットをスタジオ代わりに使っていた彼らは、倉庫にあったペンキで外壁を塗った。使えるのはビーバー・ブラウン色くらいだった。ギグの前日にバンド名が必要となり、そこから名付けたそうだ。

R&RやR&Bやソウルのコピーバンドだったが、77年頃からオリジナルも演り始め、83年に遂に架空のバンドのサウンドトラックという形でデビュー。1985年には来日公演も実現している。現在も活動中とのこと。

予告編


名曲「Tender Years」

『エディ&ザ・クルーザース』

『エディ&ザ・クルーザース』


*公開時ポスター(日本は劇場未公開)
eddie_and_the_cruisers
評論はしない。大切な人に好きな映画について話したい。この機会にぜひお読みください!
名作映画の“あの場面”で流れる“あの曲”を発掘する『TAP the SCENE』のバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the SCENE]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑