160604_tv3

テレビからヒット曲が生まれた時代

家庭に急速にテレビが普及し始めた1959年の3月に、日本テレビ、TBS、テレビ朝日に続いて、関東4番目の民放テレビとしてフジテレビが開局しました。こうして1960年代はテレビの黄金時代を迎えます。NHKの『夢であいましょう』、フジテレビの『ザ・ヒットパレード』、日本テレビの『シャボン玉ホリデー』と、伝説となった音楽番組からは、次々と新しい都会的なヒット曲が誕生しました。
そして1966年のビートルズ来日公演まで、テレビは当時の少年少女たちの音楽体験に、大きな影響を与え続けたのです。

u

TAP the SONG

黒柳徹子が持ち味を発揮し始めた伝説の番組『夢であいましょう』

歌を耳で聴くだけではなく、目でも音楽を楽しむ。 そんな生活が身近になったのは1960年代前半に、テレビが一般家庭にまで普及したおかげだった。 餓えや衣食住の心配…

story_160604

TAP the STORY

黒柳徹子~私達は手をとりあって、よくわからない〈テレビ〉という暗闇の中を進んでいった

黒柳徹子は小学校のときからバレリーナ、幼稚園の保母さん、従軍看護婦、スパイ、競馬の騎手と、なりたいものがいろいろあったが、香蘭女学校を卒業後にはオペラ歌手になる…

day_131211

TAP the DAY

世界で一番有名な「ジャパニーズ・ソング」はこうして生まれた! 後編

第3章 作詞家の内なる「挫折」 「六・八コンビ」のソングライティングには、特別の取り決めがあった。 永六輔がこう語っている。 普段僕らが使っている言葉だけで歌詞…

永六輔 さすらいの旅

TAP the SONG

ヨーロッパでもアフリカでも歌われていた「遠くへ行きたい」

日本テレビ系列で1970年から放送されている長寿番組が『遠くへ行きたい』、そのテーマソングとして今でも使われている歌が「遠くへ行きたい」である。 NHKの音楽バ…

シャボン玉ホリデー

TAP the DAY

伝説となったクレイジー・キャッツとザ・ピーナッツの番組『シャボン玉ホリデー』が始まった

1961年6月4日に『シャボン玉ホリデー』が放送開始したときの視聴率は10,1%で、それが9月まで続いていたが、10月から急に16%前後に跳ね上がった。 その理…

シャボン玉ホリデー クロージング

TAP the SONG

「シャボン玉ホリデー」のテーマ曲として永く記憶されるザ・ピーナッツの「スターダスト」

「スターダスト」はソングライターで俳優のホーギー・カーマイケルが、1927年に発表したスウィング・ジャズのスタンダード。 ミッチェル・パリッシュにより歌詞がつけ…

どんと節

TAP the SONG

音楽と笑いでブームを巻き起こしたクレイジーキャッツの”変な歌”①「スーダラ節」

1960年代初頭からテレビで人気が上昇してたクレイジーキャッツだが、最初の爆発は植木等の歌った「スーダラ節」の大ヒットから始まった。 そこから「ドント節」「五万…

植木等 無責任一代男

TAP the SONG

革命的なブームを巻き起こしたクレイジーキャッツの”変な歌”②「無責任一代男」

①「PTAのおばさまなんかがガタガタ騒ぎ出すようなバカ歌で、バンバン売れる歌を作る」という選択 青島幸男が書いた「スーダラ人生 クレージー・キャッツ物語」による…

2013120718134134b ザ・タイガース

TAP the DAY

ロック・バンドを目指していたファニーズがザ・タイガースになったことで誕生した日本のGS

1966年5月10日、京都会館第一ホールで行われた「全関西ロックバンド・コンテスト」で、約30バンドを抑えて優勝し、賞金をものにしたのは京都出身の「ファニーズ」…

aku

TAP the SONG

久世光彦が作った沢田研二主演のドラマから生まれた「時の過ぎゆくままに」

1975年にオンエアされたテレビドラマのテーマとして作られた「時の過ぎゆくままに」は、大ヒットを記録して沢田研二の代表作になった。 時の過ぎゆくままに この身を…

ザ・ベストテン サザンオールスター

TAP the SONG

勝手に売れたわけではなかったサザンオールスターズの「勝手にシンドバッド」②

激動の60年代後半から70年代にかけてはまだベトナム反戦運動や反体制の学園紛争の名残が残っていて、ロックバンドやフォークシンガーたちは、個と個のつながりが感じら…

スポンサーリンク

Pagetop ↑