佐藤 剛

1952年岩手県盛岡市生まれ、宮城県仙台市育ち。プロデューサー/作家。
音楽業界誌『ミュージック・ラボ』を経て、1977年から86年の解散まで甲斐バンドのマネージメントとプロデュースを行う。
1988年〜2008年はファイブ・ディー代表としてTHE BOOM、プライベーツ、宮沢和史、喜納昌吉とチャンプルーズ、ヒートウェイヴ、中村一義、有里知花、スーパーバタードッグ、ハナレグミ、小野リサなどをプロデュース。
舞台「久世光彦 マイ・ラスト・ソング~あなたは最後に何を聞きたいか~」、「Sing with TORIRO 三木鶏郎と異才たち」、美空ひばり二十三回忌イベント「HIBARI 7 DAYS」などのプロデュースと演出も手がける。
著書にはノンフィクション『上を向いて歩こう』(岩波書店/小学館文庫)、『黄昏のビギンの物語』(小学館新書)、『歌えば何かが変わる: 歌謡の昭和史』(共著・徳間書店)がある。

佐藤 剛 が最近聴いてるアルバム
★デヴィッド・ボウイ「Blackstar」

佐藤 剛 の記事一覧

TAP the SONG

自作のオリジナルソング「神様お願い」から始まったテンプターズの快進撃

ビートルズの来日公演に影響を受けたグループサウンズのブームの中に、ロカビリー時代の反社会的で危険な香りを持ち込んだのは、萩原健一(ショーケン)という稀有な表現者…

TAP the SONG

50年の歳月を経て新しく生まれ変わった『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』

1967年6月1日、ザ・ビートルズは『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』を発表、イギリスのアルバム・チャートでは27週にわたって1位の座…

TAP the STORY

エルヴィス、キャッシュ、パーキンス、ルイスによる奇跡のセッション「ミリオンダラー・カルテット」

1956年12月4日、いくつもの偶然が重なって音楽史に残る奇跡のセッションが起こった。 世界中にロックンロールが広まったエポック・メイキングな年も、そろそろ終わ…

TAP the SONG

ビートルズとストーンズに最も近かったのが1967年のザ・テンプターズ

「カッコいい」「あこがれ」「美少年」 「自意識」「純粋さ」「反骨精神」「スタイリッシュな生き方」‥‥ グループ・サウンズ(GS)は1967年から68年にかけて、…

TAP the STORY

ロンドンに置き去りにされたウェイラーズ~27歳のボブ・マーリィ

27歳のボブ・マーリィが夏でも肌寒いロンドンで、夜の寒さに耐えていたのは1972年のことだった。 ピーター・トッシュとバニー・ウェイラー、そしてボブ・マーリィの…

TAP the SONG

石原裕次郎に導かれるように誕生した作詞家・なかにし礼の出世作「知りたくないの」

立教大学の学生だった中西禮三(後の作詞家・作家 なかにし礼)はシャンソン喫茶でアルバイトするようになり、美輪明宏(=丸山明宏)がホームグラウンドにしていたことで…

TAP the SONG

『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』で最初にレコーディングされたポール・マッカトニーの曲

1967年に発表されたビートルズのアルバム『サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンド』に収録されている「ホェン・アイム・シックスティー・フォー」…

Extra便

ちあきなおみが歌った昭和の歌謡曲と演歌10曲で作られた幻のドラマ『ちょっと噂の女たち』

昭和という時代を彩った人気テレビドラマ『時間ですよ』『寺内貫太郎一家』『ムー一族』などの演出家・プロデューサーの久世光彦は、ドラマに使った劇中歌から「水色の恋」…

TAP the SONG

かまやつひろしが美空ひばりの「リンゴ追分」からジャズの匂いを感じたハーモニーの可能性

1952年4月に民間放送のラジオ東京(現TBS)の開局を記念してオンエアされたラジオドラマ、『リンゴ園の少女』の挿入歌として作られたのが「リンゴ追分」である。 …

TAP the STORY

名曲「ウィズアウト・ユー」を書いた後、自死に追い込まれたバッドフィンガーの2人

ビートルズが作ったレコード会社のアップルから1968年にデビューを飾ったアイヴィーズは、ビートルズの弟分的存在として期待されていた。 ところが運が悪いことにアッ…

TAP the SONG

ジョン・レノンの直感がもたらしたレコーディング技術によって完成した「ストロベリー・フィールズ・フォーエバー」

1966年の9月初旬からビートルズのメンバーはソロ・プロジェクトに挑戦しはじめたので、滅多に顔をあわせることがなかった。 しかし再集結して新しいアルバムのレコー…

TAP the SONG

ウォン・カーウァイ監督『恋する惑星』の主題歌としてヒットしたフェイ・ウォン「夢中人」

フェイ・ウォンの「夢中人」が2017年4月22日のレコード・ストア・デイで、日本独自の企画として7インチ・ヴァイナルで限定リリースされる。 1994年に公開され…

Extra便

2017年4月22日(土)に全世界で同時に開催されるレコード・ストア・デイ

2008年4月19日にアメリカで始まった「RECORD STORE DAY」は、“レコードショップに出向いてレコードを探す面白さ、ヴァイナルやカセットテープで聴…

Extra便

追悼・加瀬邦彦~ビートルズ来日公演がきっかけで生まれた「想い出の渚」

1966年5月、日本におけるエレキブームの立役者だったブルージーンズのギタリスト、加瀬邦彦はバンドを脱退することを決意した。 原因は6月に来日する予定のビートル…

Extra便

追悼・ペギー葉山~信頼できるマネージャーとして60数年間の活動を支えた音楽人

青山学院女子高等部に在学中から米軍クラブで歌っていたペギー葉山は、60数年間にわたって同じ事務所に所属して活動してきた。 その間、信頼できるマネージャーとして彼…

TAP the SONG

山本リンダの「恋のカーニバル」が「どうにもとまらない」に変わった経緯

人気作詞家になってヒット曲を量産し始めた阿久悠が、音楽業界に次なるイノベーションを巻き起こしたのは、旬を過ぎたアイドル歌手の山本リンダに書いた「恋のカーニバル」…

TAP the SONG

阿久悠の”ない・ソング”3部作「朝まで待てない」「ざんげの値打ちもない」「どうにもとまらない」

1967年11月10日にシングル盤「朝まで待てない」でレコード・デビューしたザ・モップスは、日本で最初にサイケデリック・サウンドを打ち出したバンドだった。 その…

TAP the SONG

追悼・加川良~かまやつひろしをカヴァーした「どうにかなるさ」からにじみ出てくるリアリティ

・撮影 吉村輝幸 ・撮影場所 下北沢ラカーニャ 加川良はシンガーやシンガー・ソングライターであると同時に、普通の生活をする市井の人であった。 歌を作ってうたうと…

TAP the SONG

ブラジルの貧民街とアメリカの刑務所で撮影されたマイケル・ジャクソンのショート・フィルム

1995年のアルバム『ヒストリー』に収録された「They don’t care about us(彼らは僕らのことなんて考えちゃいない)」は、妥協を許さない表現…

TAP the SONG

「教訓Ⅰ」が21世紀になって浜田真理子や大友良英に歌われるまで

「御国」のために大切な一人ひとりの生命を棄てることが、さも美徳であるかのように教えこまれていた戦前や戦中を想い起こさせながら、ユーモアのある語り口調で国家権力へ…

スポンサーリンク

1 / 2112345...>>
Pagetop ↑