TAP the CHART

「I Love Rock’n’Roll」を叫んだ1982年、ジョン・ベルーシとランディ・ローズが逝く

2015.09.10

Pocket
LINEで送る

「TAP the CHART」第18回は、1982年を取り上げます。まずはシングルとアルバムの年間チャートTOP 10から。

【1982年のBillboard年間チャート】

★TOP 10 SINGLES

❶Physical / Olivia Newton-John
❷Eye of the Tiger / Survivor
❸I Love Rock’n Roll / Joan Jett and the Blackhearts
❹Ebony and Ivory / Paul McCartney and Stevie Wonder
❺Centerfold / The J.Geils Band
❻Don’t You Want Me / The Human League
❼Jack & Diane / John Cougar
❽Hurts So Good / John Cougar
❾Abracadabra / Steve Miller Band
❿Hard to Say I’m Sorry / Chicago

1982年の年間TOP20。TOP10は4分39秒以降。


★TOP 10 ALBUMS
❶Asia / Asia
❷Beauty and the Beat / The Go-Go’s
❸4 / Foreigner
❹American Fool / John Cougar
❺Freeze Frame / The J.Geils Band
❻Escape / Journey
❼Get Lucky / Loverboy
❽Bella Donna / Stevie Nicks
❾Chariots of Fire / Vangelis
❿Ghost in the Machine / Police

スクリーンショット(2015-09-08 16.58.40)
【1982年の主な音楽的出来事】
○9月3〜5日、伝説の『USフェスティヴァル』が開催される。
(詳しくはこちらをお読みください)
あのIT起業家が約50億円を自腹で投じて開催した夢のロックフェス

○ジョン・ベルーシが死去。享年33。
(詳しくはこちらをお読みください)
ジョン・ベルーシとダン・エイクロイド〜旅と悲しみから生まれたブルース・ブラザースの絆

○ランディ・ローズが死去。享年25。
(詳しくはこちらをお読みください)
オジー・オズボーンとランディ・ローズ〜運命のオーディション

○ジョーン・ジェット&ザ・ブラックハーツの「I Love Rock’n’Roll」が大ヒット。

○クラッシュが『Combat Rock』をリリース。アメリカでもブレイク。

○ジョン・クーガーが『American Fool』で大ブレイク。

○スーパーグループと称されたエイジアのデビュー作が大ヒット。

○オーストラリアのメン・アット・ワークが大ブレイク。

○TOTOやドナルド・フェイゲンらのAORの名盤が生まれる。

○マーヴィン・ゲイ『Midnight Love』リリース。遺作となった。

◯アフリカ・バンバータ&ソウル・ソニック・フォースが「Planet Rock」をリリース。

◯グランドマスター・フラッシュ・アンド・ザ・フューリアス・ファイヴが「The Message」をリリース。

○ヒットから遠ざかっていたシカゴがバラード路線で復活。「Hard to Say I’m Sorry」が大ヒット。
○イギリスではネオ・アコースティックのシーンが浮上。
○アフリカ・バンバータ「Planet rock」リリース
○フリートウッド・マック『Mirage』リリース
○ヴァン・ヘイレン『Diver Down』リリース
○マイケル・ジャクソン『Thriller』リリース(12月)
○プリンス『1999』リリース
○ロキシー・ミュージック『Avalon』リリース
○デキシーズ・ミッドナイト・ランナーズ『Too-Rye-Ay』リリース
○ヤズー『Upstairs at Eric’s』リリース
○デュラン・デュラン『Rio』リリース
◯Z.Z.ヒル『Down Home』リリース
○ビリー・アイドルが初ソロ作をリリース
○UKハードコアパンクのGBH、ディスチャージが初フルアルバムをリリース
○カルチャー・クラブ、ソニック・ユース、トラブル・ファンクがデビュー
◯ジャズではウィントン・マルサリスがデビュー
○ザ・クラッシュ、キンクス、プリテンダーズ、デュラン・デュランらが初来日公演
○ドゥービー・ブラザーズが解散ツアー
○ザ・ジャム、スクイーズ、ジャパンが解散

○1982年に亡くなったミュージシャン
ライトニン・ホプキンス(1月30日)
セロニアス・モンク(2月17日)
ジョン・ベルーシ(3月5日)
ランディ・ローズ(3月19日)
アート・ペッパー(6月15日)
ジェイムス・ハニーマン・スコット<ブリテンダーズ>(6月16日)
マーティ・ロビンス(12月8日)

【1982年のBillboard1位獲得シングル/アルバム】○内数字は獲得した週。
★SINGLES
Physical/Olivia Newton-John ⑩*前年6週分含む
I Can’t Go for That (No Can Do)/Daryl Hall and John Oates ①
Centerfold/The J.Geils Band ⑥
I Love Rock’n’Roll/Joan Jett and the Blackhearts ⑦
Chariots of Fire/Vangelis ①
Ebony and Ivory/Paul McCartney and Stevie Wonder ⑦
Don’t You Want Me/The Human League ③
Eye of the Tiger/Survivor ⑥
Abracadabra/Steve Miller Band ②
Hard to Say I’m Sorry/Chicago ②
Jack & Diane/John Cougar ④
Who Can It Be Now?/Men at Work ①
Up Where We Belong/Joe Cocker and Jennifer Warnes ③
Truly/Lionel Richie ②
Mickey/Toni Basil ①
Maneater/Daryl Hall and John Oates ④*後年2週分含む

1982年のナンバー1ヒットは16曲。

★ALBUMS
For Those About to Rock We Salute You/AC/DC ③*前年1週分含む
4/Foreigner ⑩*前年7週分含む
Freeze Frame/The J.Geils Band ④
Beauty and the Beat/The Go-Go’s ⑥
Chariots of Fire/Vangelis ④
Asia/Asia ⑨
Tug of War/Paul McCartney ③
Mirage/Fleetwood Mac ⑤
American Fool/John Cougar ⑨
Business as Usual/Men at Work ⑮*後年8週分含む

【1982年の全米ベストセラーアルバム】
○2900万枚/マイケル・ジャクソン『Thriller』
○1100万枚/イーグルス『EAGLES GREATEST HITS VOLUME II』
○700万枚/フォリナー『Records』
○700万枚/エリック・クラプトン『TIME PIECES/BEST OF ERIC CLAPTON』

【1982年のグラミー賞】
最優秀レコード/TOTO「Rosanna」
最優秀アルバム/TOTO『TOTO Ⅳ』
最優秀ソング/ウィリー・ネルソン「Always on My Mind」
最優秀新人/メン・アット・ワーク

年度ごとの音楽の出来事やヒットが分かる!〜TAP the CHARTのバックナンバーはこちらから

Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the CHART]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑