「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

Extra便

追悼・内田裕也~売れていないRCサクセションをフェスティバルに出して多くのロック・リスナーに紹介したプロデューサー

2019.03.21

Pocket
LINEで送る


RCサクセションは1979年の夏に、3年ぶりのシングル「STEP!」を発売した。
しかしプロモーションに力を入れた割に、レコードはまったく売れずに終わってしまった。
だからその時点の彼らは以前にフォークソングを唄っていたグループが、パンク・バンドみたいになったという表層の変化だけで受け取られた。

忌野清志郎を手がけたい一心でキティ・レコードに入社した森川欣信は、当時のもどかしい思いや口惜しさを、ディレクターの立場からこのように述べていた。

たとえ年齢とかにギャップがあったって、そんなこと問題にならないサイキックなパワーを彼らを観るたびに感じた。
でもRCはずいぶん不当な扱いを受けていた。
79年の夏は、いろんなオムニバス・コンサートに出演したけど、それこそ無名の新人バンド以下の扱いだった。
楽屋で誰かが、「RCはロートル・バンド」だって言った。そんなふうにのさばってる、わけのわからないポッと出野郎の隅にRCは追いやられてた。
僕は「この野郎」って思って、立ち上がろうとしたら、清志郎が涼しい顔で、「ロートルって何の意味?」って僕に尋ねた。


そんなRCサクセションが多くのロック・リスナーに発見されることになったのは、内田裕也がプロデュースする年末恒例のロックイベント、「NEW YEAR ROCK FESTIVAL」に出演したからである。
197912月31日の浅草国際劇場。
この年で7年目を迎えた「NEW YEAR ROCK FESTIVAL」には、「80年への狙撃!! 紅白だけが祭りじゃない!!」というサブタイトルがついていた。

チケットはSOLD OUT、観客は超満員となった。
座席のキャパシティは3800人強だが、立ち見を加えると4000人以上は入っていた。
出演者は以下の顔ぶれだった。

ダウンタウンブギウギバンド
クリエイション
ジョー山中&フレンズ
桑名正博 & Tear Drops
柳ジョ−ジ&レイニーウッド
ジョニー大倉 & VACATION CLUB
近田春夫 & BEEF
Birds Eye View (森園勝敏グループ)
アン・ルイス&ブラッドショット
山本翔 with 一風堂
力也&クロコダイル
BORO
連続射殺魔
新井英一
ダディ竹千代&東京おとぼけCATS
ヒカシュー
RCサクセション
シーナ&ロケッツ
P-MODEL
ハウンドドッグ
パーティ
MOON DANCER
かまやつひろし
内海利勝
スマイラー
内田裕也&1815 Super R.R.B
アイ高野


内田裕也人脈ともいえる錚々たるメンバーが揃ったリストに入ると、RCサクセションは全くといっていいくらいに無名だった。
だが彼らはここで鬼気迫るライブ・パフォーマンスを披露し、観客に強烈な印象を残したことで、その後は大会場をものともしなくなっていく。
当日の会場に来ていた若者が書いてくれた、臨場感に満ちた文章を紹介したい。

22時過ぎにRCサクセション登場!
この日のライブは凄かった!凄すぎた!
かつて体験したことのない迫力!
清志郎の目、声、動きの全てにロックが宿り、それがメンバーに呼応して、テンポがいつもよりアップに感じる。
1曲目の『よォーこそ』のチャボのMCから煽る、煽る、煽りまくる!
清志郎が走って出てきて、大きな弧を描くジャンプとともに、若いオーディエンスがステージに押し寄せる!


「この世界を変えてやる!」という忌野清志郎の歌とパフォーマンスとともに、RCサクセションは気合と気迫がこもったロックン・ロール・ショーを、大観衆を相手に挑発的に展開していった。

「スローバラード」でロック少女たちのハートのドアを叩き、「ステップ」で若い奴らが踊りだす!
ロックもパンクもテクノもニューウェーブも関係なく、若い奴らがダンスダンスダンス!
日本でそんな光景に出会ったのははじめてだったので、僕たちティーンエイジャーは戸惑っていた。


最後の曲になったところで、忌野清志郎が力強くこう言った。

「もう僕たち最後の曲になっちゃいました!OK!チャボ!」

ギターのリフが印象的な新曲「雨あがりの夜空に」のイントロが始まった。
まだレコードが発売前だったので、ほとんど誰も知らない曲だった
しかしバンドの勢いは削がれなかった。


どこからのぼってきたのか?警備員の間をすり抜けてステージ上に若い女の子があがり、曲にあわせて踊りだす。
それを見つけた清志郎がなんとその女の子にキスをした! 
ブッ飛んだ! モラルが吹き飛んだ!
気がついたら僕も友達も清志郎のように手を振り回し、ジャンプしていた。


迫力のライブが終了した後、楽屋にやって来た内田裕也からメンバー全員に「お年玉」として2万円が手渡されたという。
その時、忌野清志郎は2万円のうちの1万円を、「今年、とても世話になったから」という言葉を添えて、ディレクターの森川にプレゼントした。

売れる前だったからみんなお金には不自由していたし、できればそのまま2万円もらいたいのが本音だっただろう。
しかし、忌野清志郎は自分たちのために1年間、一生懸命に動いてくれた森川に半分の1万円を分けたのである。

忌野清志郎とともに世の中の無理解と戦ってきた森川に、その意味がわからないわけがない。
年が明けてから帰宅した森川は、その1万円を額に入れて自分の部屋に飾った。
その横にはビートルズのレコードと発売前のRCサクセション『雨あがりの夜空に』のテープがあった。

RCサクセションが伝説の「屋根裏」4日間ライブを成功させて、大きくブレイクするのはそれからわずか19日後のことになる。
<参照コラム>最後となった「屋根裏」4日間連続ライブから始まったRCサクセションの快進撃

当日の会場に来ていた若者はその後、レコード会社に入社して音楽業界で活躍するようになってから筆者と知り合い、現在に至っている。

2年前、内田裕也さんに取材でお会いした際、この時の話をしたら笑顔で喜んでくれました。
そして清志郎を回想して、このようなことを語ってくれたんです。
「ある時、忌野にばったり会った時に“裕也さん、いくつになりましたか?”って聞かれたんだよ。オレが“52になったよ”と言ったら、あいつはニッコリ笑って“僕、40になりました”って言ったんだよ。あの時の忌野の笑顔が忘れられないよ」


ちなみに浅草国際劇場の楽屋で2万円をもらった忌野清志郎は28歳、内田裕也は40歳だった。


(注)文中に引用した森川欣信氏の言葉は、連野城太郎著「GOTTA!忌野清志郎」(角川文庫)からの引用です。

Pocket
LINEで送る

関連するコラム

[Extra便]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ