Extra便

エレキギターと椎名林檎の「ギブス」、若者のロック離れとロックの初期衝動

音楽ファンに衝撃をもたらした「ギブソン経営破綻か」というニュースをめぐって、朝日新聞の「耕論」というページに3人の識者による見解が取り上げられたのは5月15日だ…

TAP the DAY街の歌

Born in Chicagoを聴きながら…ホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドの足跡を辿る

この歌は、アメリカを代表するホワイトブルースの先駆者ポール・バターフィールドが率いたバンドの記念すべきデビュー曲だ。 一部の洋楽ファンの間では「日本において過小…

TAP the NEWS

谷川俊太郎とプロテストソング②〜中島みゆきにデビューのチャンスを辞退させた詩「私が歌う理由」

1960年代、アメリカでは若者たちの間でフォークソング・ムーブメントの風が吹き荒れていた。 ベトナム戦争に対しての新しい反戦歌が次々に作られ、ジョーン・バエズ、…

TAP the STORY

ニコ27歳〜ブライアン・ジョーンズが参加したデビューシングル、そしてアンディ・ウォーホルとの出会い

ニコ…本名はクリスタ・ペーフゲン。 彼女は生まれながらの嘘つきだった。 幼い頃からたくさんの嘘をついていたという。 彼女はそれを“お話”と呼んでいた。 その嘘は…

TAP the SCENE

ファクトリー・ガール〜ウォーホルとディランの狭間で破滅した女神イーディ・セジウィック

現代アートの伝説アンディ・ウォーホル。その黄金期は言うまでもなく、ポップアートや実験映画などでその名を美術史に永遠に刻んだ1960年代。 ニューヨークにある「フ…

PICK UPTAP the NEWS

死んだ男の残したものは〜鉄腕アトムの主題歌で知られる詩人・谷川俊太郎が書いた反戦歌

世界各地で起きているテロ事件や争いごと、格差社会への不安と不満…そんなニュースを日々見聞きしている我々は、ほぼ“戦争を知らない子供たち”である。 戦争、そして暴…

TAP the STORY

ジョニー・キャッシュ〜“本物”を伝え続けた奇跡のTVショー

「俺はここ以外で、やらないよ」 ジョニー・キャッシュは自身の名前がつけられたTVショーの収録会場について話し合っている時、キー局のお偉方にそう言い放った。“ここ…

TAP the COLOR

2月のナンバーワンアルバム④〜ボブ・ディラン/マドンナほか

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第241回〜WHITE〜 1990年代以降、ビルボードのアルバムチャ…

TAP the STORY

デビュー前の青春時代〜パティ・スミス27歳〜

「パティ。僕らみたいに世界を見る奴なんて、誰もいないんだよ」 写真家ロバート・メイプルソープは、デビュー前のパティ・スミスに対していつもそう言っていたという。 …

TAP the NEWS

Fire and Rain〜鬱病を患っていた20歳のジェイムス・テイラーが紡いだ名曲

1960年代から70年代のミュージックシーンでは、社会的なメッセージを歌ったアーティストが数多く活躍した。 ボブ・ディラン、ジョン・レノン、マーヴィン・ゲイ、ジ…

TAP the SONG

サム・クックが残したメッセージ・ソング「ア・チェンジ・イズ・ゴナ・カム」

ゴスペル・クァルテットの最上級と目されていた名門グループ、「ソウル・スターラーズ」のリード・シンガーだったサム・クックは、1957年にR&Bのソロ歌手…

TAP the ROOTS

“第2のボブ・ディラン”の中で最後発だったスティーヴ・フォーバートの歌世界

 第2の◯◯、新世代の◯◯という言い方がある。  オリジナリティを否定するということで最近はあまり使われなくなったが、1970年代までは、偉大なる1960年代の…

スポンサーリンク

1 / 1212345...>>
Pagetop ↑