佐藤 輝

1984年東京都生まれ。ライター。
R.E.M.を子守唄として聴かされ、高校受験のときに母親から渡されたベックの『Mellow Gold』とクラッシュの『London Calling』でロックに目覚める。明治学院大学ではジャズ研究会に所属。卒業後、下北沢の風知空知で接客業をしながらPAを学ぶ。2011年よりファイブディー・ラボに勤務。

佐藤 輝 が最近聴いてるアルバム

佐藤 輝 の記事一覧

dylan&hank

TAP the CHANGE

ボブ・ディランがハンク・ウィリアムスから学んだこと

20世紀のアメリカ音楽史を語る上で決して欠かせない存在、ハンク・ウィリアムス。 カントリーというジャンルで活躍しながらも、その影響力は1つのジャンルにとどまらず…

david_bowie2

TAP the DAY

モンキーズに同姓同名がいるという理由で改名したデヴィッド・ボウイ

1966年1月14日、一枚のシングルが発売された。 それは、デイヴィー・ジョーンズがデヴィッド・ボウイへと生まれ変わったことを知らせる一枚だった。 1964年、…

humanbein

TAP the DAY

フラワー・ムーブメントの幕明けを告げたヒューマン・ビー・イン

何万人ものヒッピーたちが1ヶ所に集まる。 その初の試みが行われたのは1967年1月14日のことだった。 場所はサンフランシスコに位置する広大な公園、ゴールデン・…

bowie_dog

TAP the CHANGE

デヴィッド・ボウイを音楽の世界へと導いた「ハウンド・ドッグ」

デヴィッド・ボウイが音楽に特別な関心を抱くようになったのは、彼が9歳のときだった。 「うんと小さい頃、僕は従姉が踊ってるのを見た。プレスリーの『ハウンド・ドッグ…

story_170107

TAP the STORY

ロック・スターのイメージを脱ぎ捨てたデヴィッド・ボウイの新たな挑戦

「多くの人が、あれ以上のショウはありえないと思ってくれているんだ」 デヴィッド・ボウイがそう語ったのは、1974年に企画された「ダイアモンド・ドッグス・ツアー」…

vlcsnap-2017-01-03-13h05m52s174

TAP the LIVE

鳴かず飛ばずだったワム!に舞い込んだ千載一遇のチャンス

1982年秋のある日。 ワム!のジョージ・マイケルは、プロデューサーのスティーヴ・ブラウンとバーで飲んでいた。 会話の中心は2ndシングル「ヤング・ガンズ」が、…

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

TAP the LIVE

ジョージ・マイケルが少年時代からのヒーロー、エルトン・ジョンと歌った「僕の瞳に小さな太陽」

ジョージ・マイケルにとって、エルトン・ジョンは少年時代からのヒーローだった。 ジョージがロンドン郊外で生まれたのは1963年、本名はヨルゴス・キリアコス・パナイ…

george_michael

PICK UPTAP the LIVE

フレディ追悼のコンサートで憧れの場所に立ったジョージ・マイケル

♪ 毎朝、目が覚めるたびに 死が少しずつ迫ってくる クイーンのボーカルにして稀代のスーパースター、フレディ・マーキュリーが亡くなったのは1991年11月24日の…

pattimick

TAP the CHANGE

ストーンズの「タイム・イズ・オン・マイ・サイド」がパティ・スミスにもたらした衝撃

それはパティ・スミスがまだ10代だった頃のことだ。 「唯一カッコ良かったのは黒人音楽だったわ。スモーキー・ロビンソン、ジェームズ・ブラウン、ジョン・コルトレーン…

pattismith_title

TAP the LIVE

悲しみの底にいたパティ・スミスを救ったボブ・ディラン

最愛の夫、そして実の弟。 わずか1ヶ月の間にパティ・スミスは大事な家族を2人も亡くした。 1975年に『Horses』でデビューしたパティは、ニューヨーク・パン…

hibariinamerica

TAP the LIVE

美空ひばりのロサンゼルス公演を実現させるために一肌脱いだのは作曲家の小林亜星だった

童謡「赤とんぼ」などを作曲し、大正から昭和にかけて日本での西洋音楽の普及に大きく貢献した音楽家、山田耕筰が亡くなったのは1965年のことだった。 遺言には「自分…

keithelvis

TAP the CHANGE

聖歌隊のソプラノだったキースの人生を変えたエルヴィスの「ハートブレイク・ホテル」

神への感謝を捧げる聖歌隊のボーイソプラノ、それが少年時代のキース・リチャーズの姿だった。 ロンドン中心部から東に位置する郊外の町、ダートフォードにキースが生まれ…

petetownshend

TAP the CHANGE

ストーンズとの共演でようやくロックに目覚めたピート・タウンゼント

ザ・フーのピート・タウンゼントとロックの出会いは、同じ時代を生きた多くの少年少女と同様にビル・ヘイリーの「ロック・アラウンド・ザ・クロック」だった。 この歌をは…

story_161126

TAP the STORY

ポール・マッカートニーの27歳~ポール死亡説と隠遁生活、そしてリンダへの愛

『ポール・マッカートニーは死んでいる?』 そんな見出しの記事がアイオワ州にある大学の新聞に掲載されたのは1970年9月17日、ポールが27歳のときだった。 記事…

joe-cocker-leon-russell-1970

TAP the LIVE

レオン・ラッセルによって窮地から救われたジョー・コッカーと集ったミュージシャンたち

ジョー・コッカーが母国のイギリスから海を超えて、ロサンゼルスへと休暇にやってきたのは1970年3月上旬のことだった。 前年の夏に出演したウッドストック・フェステ…

story_161119_2

TAP the STORY

ジョージ・ハリスンの27歳~ビートルズ解散によって大きく羽ばたいた“静かなるビートル”

「さあ、終わったぞ。僕はもうビートルじゃないんだ!」 ジョージ・ハリスンがそう口にしたのは1966年の8月、サンフランシスコでビートルズ最後のコンサートを終えた…

leonardhank

TAP the CHANGE

レナード・コーエンが尊敬するハンク・ウィリアムスから歌い継いだ愛と孤独

シンガー・ソングライター、そして詩人としての顔を持つレナード・コーエン。 彼が生み出した楽曲の数々は、ボブ・ディランやU2、R.E.M.などをはじめとして、数え…

concert-for-bangladesh

TAP the LIVE

バングラデシュ・コンサートを成功に導いたミュージシャンたちの想い

1971年6月末。ロサンゼルス。 ジョージ・ハリスンは、シタールの師匠にして互いに良き理解者だったラヴィ・シャンカールから、バングラデシュ(当時はまだ東パキスタ…

axl&elton

TAP the LIVE

「ノーベンバー・レイン」でエルトン・ジョンとの共演を果たしたアクセル・ローズの想い

1987年に『アペタイト・フォー・ディストラクション』でデビューを果たしたガンズ・アンド・ローゼズ。 出だしこそほとんど注目されなかったが、MTVで「ウェルカム…

paul_clock

TAP the CHANGE

ポール・マッカートニーをロックの世界へと導いた「ロック・アラウンド・ザ・クロック」

♪ ワン・ツー・スリー・オクロック フォー・オクロック・ロック ♪ ビル・ヘイリー&ヒズ・コメッツが1955年にリリースした「ロック・アラウンド・ザ・クロック」…

スポンサーリンク

1 / 1112345...>>
Pagetop ↑