「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

藤圭子と宇多田ヒカルの母子をつないだカーペンターズの「遙かなる影(Close to You)」

バート・バカラックの代表作となった「遙かなる影(Close to You)」は、俳優のリチャード・チェンバレンが1963年にリリースしたシングルのB面曲だった。…

TAP the SONG

久世光彦と阿久悠が作った沢田研二主演のドラマから生まれた「時の過ぎゆくままに」

1975年にオンエアされたテレビドラマ『悪魔のようなあいつ』のテーマとして作られた「時の過ぎゆくままに」は、大ヒットを記録して沢田研二の代表作になった。 時の過…

TAP the SONG

「イパネマの娘」を作った作曲家のアントニオ・カルロス・ジョビンと詩人のヴィニシウス・ヂ・モライス

ブラジルで最も偉大な音楽家として敬愛されたアントニオ・カルロス・ジョビン(愛称トム・ジョビン)は、1994年12月8日に心臓発作のためニューヨークで死去した。6…

TAP the SONG

西岡恭蔵が「ミスター・ボージャングルズ」からひらめいて矢沢永吉のために作詞した「バーボン人生」

矢沢永吉がソロになってから3枚目のアルバム『ドアを開けろ』(1977年)は、最後から数えて2番目に収録されていた「バーボン人生」と、それに続くラストの名曲「チャ…

TAP the SONG

菅原洋一の「知りたくないの」はシャンソンの訳詞をしていたなかにし礼が作詞家になった出世作

立教大学の学生だった中西禮三(後の作詞家・作家 なかにし礼)はシャンソン喫茶でアルバイトするようになり、美輪明宏がホームグラウンドにしていたことで知られるシャン…

TAP the SONG

E.YAZAWAの世界を確立する矢沢永吉を作詞で支えた西岡恭蔵 ③~「A DAY」

セカンド・アルバムのタイトル曲になった「A DAY」は、矢沢永吉のなかでも屈指のラブ・バラードだ。 この静謐な楽曲の完成度は尋常ではない。 矢沢はセルフ・プロデ…

TAP the SONG

星野源やチャラン・ポ・ランタンたちが「スーダラ節」を歌い継ぐことで何かが変わるのか?

2011年7月30日、フジロック二日目のリハーサルが始まったアヴァロン・ステージでは、前日に5回目の出演を果たしたSAKEROCKの星野源が、ソロライブを行うこ…

TAP the SONG

自衛隊の市ヶ谷駐屯地で自決を遂げた日に三島由紀夫が歌った「唐獅子牡丹」

三島由紀夫が自衛隊の市ヶ谷駐屯地において東部方面総監室を占拠し、憲法改正のために自衛隊の決起を呼びかけた後で、覚悟の自決を遂げたのは1970年11月25日のこと…

TAP the SONG

ロックスターになっていく矢沢永吉をソングライターとして支えた西岡恭蔵 ②~「トラベリング・バス」

写真・井出情児 いつだってとどまることのない挑戦の姿勢ーー、それが矢沢永吉というロックスターの核であり、表現者としての本質なのであろう。 ソロ・アルバム『アイ・…

TAP the SONG

日本で最初にヒットしたロックンロール・ナンバー「ダイナマイトが百五十屯」の破壊力

日本で最初にヒットしたロックンロール・ナンバーと言われているのが、1958年11月に発売されたシングル盤の「ダイナマイトが百五十屯」である。 歌ったのは当時23…

TAP the SONG

小林旭の「ダイナマイトが百五十屯」~詞・曲・歌唱が奇跡的に融合され爆発している”土着ロック”の最高傑作

1958年に「ダイナマイトが百五十屯」が発表されたとき、それが日本語のロック第1号楽曲として21世紀にまで受け継がれることなど、当事者の誰もが想像だにしなかった…

TAP the SONG

矢沢永吉を支えたソングライターとしての西岡恭蔵①~「ライフ・イズ・ヴェイン」

ふたりが出会ったきっかけについて、西岡恭蔵は「ディレクターの方とか矢沢本人とかが作詞をする人を捜してたんてすよね。で、その中にピックアップされて、今も続いている…

5 / 28<<...34567...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ