「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

街の歌

駅〜今はなき東急東横線旧渋谷駅が舞台となった竹内まりやの名曲

2017.10.08

Pocket
LINEで送る


見覚えのある レインコート 黄昏の駅で 胸が震えた
はやい足どり まぎれもなく 昔愛してた あの人なのね

懐かしさの一歩手前で こみあげる 苦い思い出に
言葉がとても見つからないわ
あなたがいなくてもこうして元気で暮らしていることを
さり気なく告げたかったのに…

二年の時が変えたものは 彼のまなざしと私のこの髪
それぞれに待つ人のもとへ 戻ってゆくのね 気づきもせずに

ひとつ隣の車両に乗り うつむく横顔見ていたら
思わず涙あふれてきそう…


この楽曲は1986年に竹内まりやが中森明菜のアルバム『CRIMSON』への提供曲として書き下ろしたもの。
翌1987年に自身の16枚目のシングルとしてリリースし、以降、彼女の代表曲として長きに渡ってファンに愛され続けている。
歌詞には、駅で繰り広げられる男女の切ない“すれ違いの情景”が見事に描かれている。なんとも言えない余韻を残しながら幕を降ろすその物語には、二通りの解釈があるという。

今になってあなたの気持ち 初めてわかるの痛いほど
私だけ愛してたことも…


彼が“私だけを痛いほど愛してくれていた”と気づく。
彼のことを“私だけが痛いほど愛していた”と気づく。
作者の竹内がこの歌詞の込めた思いは前者の方だという。
しかし、中森は後者の解釈で歌唱しているのだという。

私だけ愛してたことも…


実に日本語の面白さを感じる一行である。
もしかすると聴き手の心理状況で、聴こえ方が違ってくるのかもしれない。
後に竹内自身は「楽曲提供の依頼がなければ自分のために書く事はなかったタイプの曲ですね」と語っている。


ラッシュの人波にのまれて消えていく後ろ姿が 
やけに哀しく心に残る
改札口を出る頃には 雨もやみかけたこの街に
ありふれた夜がやって来る
ララララ ラララララ


ところで、この歌に出てくる“駅”が実在したことをご存知だろうか?
これまでも諸説あったのだが、数年前に作者の夫・山下達郎のラジオ番組によって明らかにされたのだ。
2013年3月17日、山下がパーソナリティを務めるFMラジオ番組に一件のリクエストが届いた。

「あの駅が移設されて寂しいから…かけて下さい」

それは、妻・竹内まりや本人からのリクエストだった。
山下はその日の放送の最後にこの「駅」を流した。
妻が27年前に書いた楽曲の舞台となった場所(駅)がなくなってしまい、寂しがる妻への彼なりのなぐさめだったのかもしれない。
その放送のつい二日前(3月15日)に東急東横線渋谷駅の地上2階にあったホームの使用が終了となり、翌日から地下にもぐることとなった。
85年間使用されたその駅を惜しみ、たくさんの人が渋谷駅を訪れたという。
東京で暮したことのある者、東京を訪れたことのある人にとっては、それぞれに思い出のある駅。
開発と共に日に日に表情を変えてゆく渋谷。
竹内もかつて、通学するときにその駅を利用していたという。
この歌に唄われているように、駅という場所は、色々な人の様々なドラマや思い出が交差する場所なのだ。

Pocket
LINEで送る

あなたにおすすめ

関連するコラム

[街の歌]の最新コラム

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ