「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

エルヴィス・プレスリー特集~68 カムバック・スペシャル

Pocket
LINEで送る

1961年3月のハワイにおけるチャリティーコンサートを最後に、エルヴィスは生の姿を人々の前に見せなくなった。
エルヴィスの動く姿を見るためには、年に3本ほど公開される映画を観るしかなかった。
そのうちに発売されるレコードも映画のサントラ盤が中心になり、映画がマンネリ化していくにつれて、当然ながらヒット曲も生まれなくなっていく。

そんな状況の中でエポックメイキングだったのが、1965年8月27日に世界的なスターになったビートルズと会見したことだろう。
エルヴィスが大好きでロックンロールに夢中になったイギリスの少年たちが、次の時代のスターになってアメリカを席巻し、キング・オブ・ロックンロールを表敬訪問したのである。
エルヴィスという偉大なる現役のシンガーと、新しい才能を発揮して勢いづいていたビートルズとの、新旧の鮮やかな対比はわかりやすいニュースとなった。

その時にジョン・レノンは憧れの人に向かって、率直にこんな質問をして表現者としてのあり方に、はっきり疑問を投げかけている。
それが眠れる獅子を怒らせると同時に、初めて闘志に火をつける結果をもたらしたのかもしれない。

「どうしてあなたは古い要素を捨ててきたのですか」
「ロックンロールは?」
「最近は映画ばかり、やわなバラードばかりですね」
「ぼくはサンのレコードがすきだった」


それから3年後の夏、エルヴィスはNBCテレビの特別番組「ELVIS(通称カムバック・スペシャル)」のために、スタジオでのライブを敢行する。
サン・レコード時代のカントリーやR&B、初期のロックンロールを中心にした楽曲で始まった内容は、まさにジョンの質問に答えるかのような選曲であり、しかもこの日のための新曲まで含まれる意欲的なものだった。

1968年12月3日にNBCテレビからオンエアされた「ELVIS」は、大方の想像を超えて驚異的ともいえる視聴率を記録した。
映画用に作られた凡庸な曲に我慢していたファンたちにとって、積年の鬱憤を晴らすかのような充実した内容の音楽番組からは、生身のエルヴィスの魅力が十二分に伝わってきたのだった。

そして翌年1月、60年代後半にふさわしいメッセージ・ソングの「サスピシャスマインド」を含む、全36曲のレコーディングを行ったことで、エルヴィスは音楽活動の第一線に復帰したのである。
さらにはそれから8年間、最後の炎を燃やすかのように、精力的にコンサートを行っていくことになる。

そんな奇跡的なカムバックから今年で50年という節目を迎えたのを機に、これまでに紹介してきたエルヴィスにまつわる様々な物語を、今あらためて振り返っていきたい。

Pocket
LINEで送る

エルヴィス・プレスリー特集~68 カムバック・スペシャル

TAP the CHANGE

聖歌隊のソプラノだったキースの人生を変えたエルヴィスの「ハートブレイク・ホテル」

神への感謝を捧げる聖歌隊のボーイソプラノ、それが少年時代のキース・リチャーズの姿だった。 ロンドン中心部から東に位置する郊外の町、ダートフォードにキースが生まれ…

TAP the DAY

「ハートブレイク・ホテル」誕生秘話 ~ 60年の時を経て明かされた謎とは?

エルヴィス・プレスリーが「ハートブレイク・ホテル」で、初めて全米1位を獲得したのは1956年3月3日のことだ。 それは、田舎町から出てきた若者の人気が本物である…

TAP the SONG

安井かずみや平尾昌晃というソングライターを通じて歌謡曲にも影響を与えていたエルヴィス・プレスリー

エルヴィス・プレスリーがアメリカだけでなく、世界的に人気歌手の地位を確立したのは1956年、ヨーロッパや日本でも大ヒットした 「ハート・ブレイク・ホテル」からだ…

TAP the CHANGE

デヴィッド・ボウイを音楽の世界へと導いた「ハウンド・ドッグ」

デヴィッド・ボウイが音楽に特別な関心を抱くようになったのは、彼が9歳のときだった。 「うんと小さい頃、僕は従姉が踊ってるのを見た。プレスリーの『ハウンド・ドッグ…

TAP the SONG

アメリカン・ポップスの黄金時代を牽引するリーバー&ストーラーが脚光を浴びた「ハウンド・ドッグ」

アメリカン・ポップスの黄金時代を牽引したジョニー・リーバー&マーク・ストーラーが書いた最初のナンバーワン・ヒットは、ゆったりしたルンバのリズムの乗せたシンプルな…

Extra便

テレビ出演で猟犬に向かって「ハウンド・ドッグ」を歌わせられたエルヴィスの屈辱

1950年代半ばのアメリカでは一般家庭にテレビの普及が進んでいたので、エルヴィスのマネージメントを手がけるパーカー大佐は、新しいメディアの影響力を最大限に利用し…

Extra便

歌う楽曲を自分で選んでプロデュースすることで未来を先取りしていたエルヴィス・プレスリー

1965年にロスアンゼルスで設立されたダンヒルは、プロデューサーのルー・アドラーによる新興レーベルだったが、初陣を飾ったバリー・マクガイアの「明日なき世界」が全…

TAP the SONG

「監獄ロック」~最盛期に最高の映画が公開されなかったエルヴィスと日本の不幸なめぐり合わせ

1957年秋に公開されたエルヴィス・プレスリーが主演する映画『監獄ロック』は、彼が出演した31本の作品の中でも爆発的な人気を博したことや、生き生きとした歌と踊り…

TAP the SONG

エルヴィス・プレスリーの「ラヴ・ミー・テンダー」と、忌野清志郎による日本語詞のカヴァ―

エルヴィス・プレスリーの初主演映画は南北戦争を舞台にした西部劇、「The Reno Brothers(原題・リノ兄弟)」のために作られた「ラヴ・ミー・テンダー(…

TAP the ROOTS

エルヴィスの一言によって永遠のラヴソングとなった「好きにならずにいられない」

♪  賢者が言うには  恋を焦るのは愚か者  でも僕は  君と恋に落ちる自分を  どうすることもできないのさ ♪  映画「ブルーハワイ」の挿入歌として使用された…

TAP the LIVE

12月31日に全盛期の輝きを取り戻したエルヴィス・プレスリー

“キング・オブ・ロックンロール” “史上最も成功したソロ・アーティスト” 貧しい片田舎出身の若者、エルヴィス・プレスリーは1950年代後半、わずか数年で誰も掴み…

TAP the ROOTS

エルヴィスが友人たちの前で生前最後に歌った別れの歌

 1998年。ジョニー・キャッシュはキャリア最後となるライブ・アルバムをウィリー・ネルソンとの共演という形で発表している。『VH1 Storytellers』と…

TAP the STORY

エルヴィス、キャッシュ、パーキンス、ルイスによる奇跡のセッション「ミリオンダラー・カルテット」

世界中にロックンロールが広まったエポック・メイキングな1956年も、そろそろ終わりが近づいてきた12月4日、いくつもの偶然が重なりあったことから、音楽史に残る奇…

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ