「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

佐藤 輝

1984年東京都生まれ。ライター。
R.E.M.を子守唄として聴かされ、高校受験のときに母親から渡されたベックの『Mellow Gold』とクラッシュの『London Calling』でロックに目覚める。明治学院大学ではジャズ研究会に所属。卒業後、下北沢の風知空知で接客業をしながらPAを学ぶ。2011年よりファイブディー・ラボに勤務。

佐藤 輝 が最近聴いてるアルバム

佐藤 輝 の記事一覧

TAP the LIVE

ジョニー・キャッシュ~最後に遺した言葉

30年以上に渡ってジョニー・キャッシュを支え続けてきた最愛の妻、ジューン・カーター・キャッシュが亡くなったのは2003年5月。 ジョニー・キャッシュ自身も自律神…

TAP the LIVE

クラッシュ~「あんな夜は生涯に一、二度あるかないかだね」

「あの夜は、まさにパンクがブレイクした日だ。」 クラッシュのボーカル、ジョー・ストラマーは1977年5月9日のライブについてそう言葉を残している。 1977年、…

TAP the LIVE

NIN~泥だらけで挑んだ大舞台

ジミ・ヘンドリックスのステージを始めとして、数々の伝説が生まれたウッドストック・フェスティバル。 その25年という節目に催されたのがウッドストック’…

TAP the LIVE

ニルヴァーナ~車椅子で登場したレディング・フェス

1992年8月、イギリス南部で毎年開催されている世界最大級のフェス、レディング・フェスティバルの最終日。 そのトリを飾るのはカート・コバーンを中心とする3人組の…

TAP the LIVE

ボブ・ディラン~グラミーの舞台で歌った「戦争の親玉」

1991年2月20日、ボブ・ディランはグラミー賞で音楽への功績を称えられて「特別功労賞」を受賞する。 俳優ジャック・ニコルソンの紹介で舞台に登場したボブ・ディラ…

TAP the LIVE

オアシス~パフォーマンスを捨てたバンド

1994年、アメリカではカート・コバーンの死によってニルヴァーナが解散となった。 一方イギリスでは新人バンド、オアシスがメジャー・デビューを果たし新たなロックの…

TAP the LIVE

シンディ・ローパー~苦境の中で必要なもの

2011年3月11日に起きた東日本大震災、そして津波によって起こった福島原子力発電所の事故。 多くの海外ミュージシャンが放射能の危険から身を護るために日本公演を…

TAP the LIVE

リバティーンズ~3度目のレディング&リーズ・フェスティバル

リバティーンズがイギリス最大級のフェス、レディング&リーズ・フェスティバル に初めて出演したのは2003年8月末。 しかし、そこにバンド・メンバーの1人であるピ…

TAP the LIVE

ローリング・ストーンズ初来日~最後にして最大の大物

1966年のビートルズ来日を契機にして、日本には数多くのロック・バンドが来日を果たした。 そして最後にして最大の大物と言われたのが、ローリング・ストーンズだった…

TAP the LIVE

エリック・クラプトン~残された者たちへの歌

1992年1月16日。 エリック・クラプトンは人気番組『MTVアンプラグド』の収録でスタジオにいた。 『MTVアンプラグド』は電気を必要とする楽器や機材を一切使…

TAP the LIVE

KISS~JAPAN NEEDS US

「フロムミー トゥーユー」 キッスのボーカル、ポール・スタンレーはそう言うと、「上を向いて歩こう」を歌い出した。 2013年10月、結成40周年を迎えた7年ぶり…

TAP the LIVE

ダックウォーク~ロックに刻まれたアヒルのリズム

膝と腰を曲げてアヒルのように歩きながらギターを弾くダックウォーク。 そのルーツは、エレクトリック・ギターをブルースに取り入れて革命をもたらしたブルースマン、Tボ…

28 / 29<<...2526272829

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ