「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

石浦 由高

1959年神奈川県横浜市生まれ。ライター/エディター。
アメリカに遊学、「Writing(執筆学)」を修める。長年、音楽と暮らす内、時代ととも生まれた歌詞の意味を読み解くことに、尽きせぬ楽しさを覚えるという。ワイン好き。

石浦 由高 が最近聴いてるアルバム

石浦 由高 の記事一覧

TAP the ROOTS

ポール・ウェラーがシティという聖地で目撃した「若者の理想像」

 イデア。  それはアイディアという言葉の語源となるギリシア語で、プラトンが使ったことで有名だ。我々が暮らす現象世界とは別の、イデア世界があり、我々が目にするも…

TAP the ROOTS

なぜフレディ・マーキュリーは「伝説のチャンピオン」を複数形にしたのか

♪ ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ マイ・フレンド ♪  フレディー・マーキュリーが書いた「伝説のチャンピオン」は、試合後、勝者を讃える歌として数多くの競技場…

TAP the STORY

1973年、大切な曲

1973年。いわゆるビートルズの「赤盤」「青盤」と呼ばれるベスト盤が発売された年。 ジョニー・キャッシュの長女であり、その後、何度もグラミー賞を獲得することにな…

TAP the ROOTS

北原白秋が歌詞に込めた思いと、過去の成功体験にしがみつく世界と社会

♪ 待ちぼうけ 待ちぼうけ ある日せっせと 野良稼ぎ そこに兎がとんで出て ころりころげた 木の根っこ ♪ 「待ちぼうけ」は、1924年に作られた歌だ。  作詞…

TAP the ROOTS

炎の輪に堕ちていったジョニー・キャッシュ

 2003年5月17日。ジョニー・キャッシュの愛妻ジューン・カーターは、彼女の故郷であるテネシー州ヘンダーソンヴィルの墓地に埋葬された。葬儀には、その4カ月後に…

TAP the ROOTS

刑務所の服役者が熱狂した絵本作家の一曲

 ジョニー・キャッシュがサン・クェンティン刑務所でライブを行ったのは、1969年の2月のことである。ナッシュヴィルはまだ冬の真っただ中にあった。 「その当時、ナ…

TAP the ROOTS

彼女の背中に永遠の愛を彫った男の歌

♪ 真実の愛はけっして消えることはない 真実の愛はけっして消えることはない。。。 ♪  ポップ・ソングの中にはさまざまな職業の主人公が登場する。  だが、タトゥ…

TAP the ROOTS

フィービ・スノウが思いを寄せた「ポエトリー・マン」とは何者だったのか

 エンターテイナーだった父メリル・ローブと、モダン・ダンスの父と呼ばれたマーサ・グレアムの舞踏団でダンサーをしていた母リリ・ローブの間に生まれたフィービ・アン・…

TAP the ROOTS

他人のために書かれた歌を見事に歌いきったブロンディの「コール・ミー」

 イタリア出身の音楽プロデューサー、ジョルジオ・モロダーは、今年で78歳になる。ジョン・レノンと同じ1940年に生まれた彼は、23歳の時、シンガーとしてデビュー…

TAP the ROOTS

ルー・リードが歌にした“ワイルドサイド”に生きるものたち

♪ ホリーは、フロリダ州マイアミから USAをヒッチハイクで横断して やってくる途中 眉毛を抜き、すね毛を剃って 彼は彼女になったのさ ♪  ルー・リードは、ネ…

TAP the ROOTS

ビリー・ジョエルとウィーン、そして父の言葉

♪ スピードを落とすんだ   クレイジー・チャイルド   青春特有の野心がみえみえだ   それに、それほど利口だというのなら   何故に、それほど怯えてるんだい…

TAP the ROOTS

「ピアノマン」の舞台となったとあるバーの物語

 1971年に発表したファースト・アルバム『コールド・スプリング・ハーバー』は失敗だった。ビリー・ジョエルは失意に沈み、鬱になり、マネージャーだったエリザベス・…

1 / 1912345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ