「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

石浦 由高

1959年神奈川県横浜市生まれ。ライター/エディター。
アメリカに遊学、「Writing(執筆学)」を修める。長年、音楽と暮らす内、時代ととも生まれた歌詞の意味を読み解くことに、尽きせぬ楽しさを覚えるという。ワイン好き。

石浦 由高 が最近聴いてるアルバム

石浦 由高 の記事一覧

TAP the ROOTS

『ロッキー3』の主題歌を手がけることになったサバイバーの前に現れた難敵

 1974年8月9日。「黒い炎」などのヒット曲で知られるブラス・ロック・バンド、チェイスのメンバーを乗せた飛行機が墜落。中心メンバーのビル・チェイスをはじめ、機…

TAP the ROOTS

60歳を目前にそれまでの人生を清算したエリック・クラプトン

2004年。3月30日に59歳となったエリック・クラプトンは、その1週間前に、敬愛するブルースマン、ロバート・ジョンソンの作品を取り上げたアルバム「ミー・アンド…

TAP the ROOTS

捨てられた古臭いラブソングをヒットさせたスリー・ドッグ・ナイト

 スリー・ドッグ・ナイトは不思議なコーラス・グループだった。彼らが歌うと、どんな曲も魔法がかかったようにヒットした。  1967年。ダニー・ハットン、コリー・ウ…

TAP the ROOTS

J.J.ケイルを見つけだした男

 1970年。後にソング・ライティング部門でグラミー賞を受賞することになる男は、食い詰めていた。1938年生まれのその男は、1956年に地元のオクラホマ州タルサ…

TAP the ROOTS

ハッケンサックに住むことを夢見る移民

前回のコラムで紹介した「ウィーン」は、ビリー・ジョエルの代表作となったアルバム『ストレンジャー』のB面1曲目に収録された作品である。 ♪ スピードを落とすんだ …

TAP the ROOTS

スザンヌ・ヴェガの「トムズ・ダイナー」の舞台となったマンハッタンの<トムズ・レストラン>

 スザンヌ・ヴェガ。  1959年7月11日生まれの彼女は、昨日、新たに年齢を重ね、来年は還暦を迎える。今日は、様々なアーティストにリミックスされた彼女の代表曲…

TAP the ROOTS

エルヴィスの一言によって永遠のラヴソングとなった「好きにならずにいられない」

♪  賢者が言うには  恋を焦るのは愚か者  でも僕は  君と恋に落ちる自分を  どうすることもできないのさ ♪  映画「ブルーハワイ」の挿入歌として使用された…

TAP the ROOTS

キース・リチャーズが、ジミー・ペイジが敬愛したギタリスト、スコティ・ムーア

 1950年代に青春を過ごした者たちは、誰もがエルビスに憧れたものだった。デビュー前のビートルズは、ジョンもポールもジョージも、リーゼントで革ジャン姿だった。だ…

TAP the ROOTS

ボン・イヴェールが映画俳優のヒース・レジャーに捧げた歌

 2011年6月21日。  この日リリースされたボン・イヴェールのセカンド・アルバム『ボン・イヴェール』は全米チャート初登場2位という快挙を遂げ、バンドはその年…

TAP the ROOTS

ポール・ウェラーがシティという聖地で目撃した「若者の理想像」

 イデア。  それはアイディアという言葉の語源となるギリシア語で、プラトンが使ったことで有名だ。我々が暮らす現象世界とは別の、イデア世界があり、我々が目にするも…

TAP the ROOTS

なぜフレディ・マーキュリーは「伝説のチャンピオン」を複数形にしたのか

♪ ウィー・アー・ザ・チャンピオンズ マイ・フレンド ♪  フレディー・マーキュリーが書いた「伝説のチャンピオン」は、試合後、勝者を讃える歌として数多くの競技場…

TAP the STORY

1973年、大切な曲

1973年。いわゆるビートルズの「赤盤」「青盤」と呼ばれるベスト盤が発売された年。 ジョニー・キャッシュの長女であり、その後、何度もグラミー賞を獲得することにな…

1 / 2012345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ