「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

石浦 由高

1959年神奈川県横浜市生まれ。ライター/エディター。
アメリカに遊学、「Writing(執筆学)」を修める。長年、音楽と暮らす内、時代ととも生まれた歌詞の意味を読み解くことに、尽きせぬ楽しさを覚えるという。ワイン好き。

石浦 由高 が最近聴いてるアルバム

石浦 由高 の記事一覧

TAP the ROOTS

「懐かしき恋人の歌」~ダン・フォーゲルバーグと雪の日の邂逅

 クリスマス・イヴにコンサートがブッキングされていないことは、ひとつの奇跡だった。少なくとも、レコード・デビューして以来、イヴやクリスマスの日には、いつもどこか…

TAP the ROOTS

なぜミック・テイラーはストーンズのメンバーになれたのか?

 1974年12月12日。  ひとりの男がザ・ローリング・ストーンズを去っていった。 『スティッキー・フィンガーズ』『メイン・ストリートのならず者』『山羊の頭の…

TAP the ROOTS

晩年に復活したロイ・オービソンの偉大なる歌声

♪ 孤独でいることには もう飽き飽きしたのさ 私にはまだ 愛を与えられるのに ♪  1988年。ロイ・オービソンがトラヴェリング・ウィルベリーズのメンバーとして…

TAP the ROOTS

暗く、寒い日々の中でジョージ・ハリスンが待ち望んだもの

♪ ほら、太陽が顔を出した   ほら、太陽が顔を出した   最高な気分さ ♪ イギリスの冬は暗く、長い。 だからこそ、春の日差しを待ちわびるのだ。 ジョン・レノ…

TAP the ROOTS

「ヘルター・スケルター」に取り憑いたチャールズ・マンソンの妄想

♪ ヘルター・スケルター 汗だくの夏 ♪  1971年。ドン・マクリーンは「アメリカン・パイ」の中でそう歌っている。汗だくの夏と彼が歌ったのは、1969年の夏。…

TAP the ROOTS

青い瞳に宿る悲しげな思いと「追悼のメロディ」

 2007年11月15日。 『ダリル・ホールの家からのライブ』という名の番組がネットで公開されるようになった。  スモーキー・ロビンソン、ジョー・ウォルシュ、ロ…

TAP the ROOTS

もしマール・ハガードが生きていたら今のアメリカに何を思うか

 その男は、1937年4月6日に生まれ、2016年の4月6日に永い眠りについた。  彼の父、ジェイムス・フランシス・ハガードと、母フロシー・メイはオクラホマで結…

TAP the ROOTS

不調のどん底のディランの前に現れたイエス・キリスト

1979年11月1日。  ボブ・ディランはサンフランシスコのステージに立っていた。ツアーの幕開けとなるこの夜のコンサートで、ディランは初めて新作『スロー・トレイ…

TAP the ROOTS

デュアンがスライド・ギターと出会った瞬間

 その時、デュアン・オールマンは風邪でベッドの中にいた。1968年。オールマン・ブラザース・バンド結成の前年のことである。  そこへ見舞にやってきたのは、弟のグ…

TAP the ROOTS

ルー・リードが歌にした“ワイルドサイド”に生きるものたち

♪ ホリーは、フロリダ州マイアミから USAをヒッチハイクで横断して やってくる途中 眉毛を抜き、すね毛を剃って 彼は彼女になったのさ ♪  ルー・リードは、ネ…

TAP the ROOTS

フリー・バード~アメリカ南部で生まれた”旅立ちの歌”

1970年代前半にアメリカ南部から登場したバンド、レーナード・スキナード。 サザン・ロック特有の泥臭さとトリプルギターが生み出す多彩なサウンドで人気を博し、19…

TAP the ROOTS

ワルツ#2~歪んだ空間に響く母への愛

映画『グッド・ウィル・ハンティング』の主題歌「Miss Misery」でアカデミー賞の楽曲部門賞にノミネートされたエリオット・スミスに「Waltz#2」という曲…

1 / 2112345...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ