TAP the STORY

ジャニス・ジョプリンがクリス・クリストファーソンから受け継いだ「自由」の歌

2015.10.03

Pocket
LINEで送る

クリス・クリストファーソンが、ほんとうの「自由」の意味を知ったのは1965年のことだった。

父が空軍の元将軍で、自分もオックスフォード大学を卒業後、西ドイツで空軍のパイロットとして従軍したクリスは、退役後に就職したばかりの仕事を辞めることを決意した。

念願だった音楽の道に進み、ソングライターをめざすためである。
しかし、29歳で幼い子供を持つ父親のクリスに、そんな「自由」な生き方が許されるはずはない。

高校時代に知り合って結婚していた妻は、娘たちを連れて家を出ていってしまう。
「自由」であることは両刃の剣だった。
ほんとうの「自由」とは失うものが何もない身のことだと、クリスは初めて感じたという。

「ミー・アンド・ボビー・マギー」の歌詞には、そのときの体験が込められている。

自由という言葉は言い換えれば
失うものが何も残っていない身ということ
値うちのあるものなんて何もないけど自由



1970年7月3日、グレイトフル・デッドやザ・バンドなどを筆頭に、大勢のミュージシャンが「フェスティバル特急」と呼ばれた列車に乗って行ったカナダ・ツアーの最終日、ステージには星条旗をスカーフのように巻いたジャニス・ジョプリンが立っていた。

「わたしが知っている歌はひとつだけ。いいわ、とにかくその歌を唄うからね」と言って歌い出したのは、別れて間もないクリスが作った「ミー・アンド・ボビー・マギー」だった。

ジャニスにとってのボビー・マギー、それは2ヶ月前に自分の部屋を出ていった男、クリスの姿や歌声に重なってくるものだった。

ボビーがブルースを歌っていれば
ほんとうにすぐいい気分になれたの
ええ、私にはもうそれで十分だった
私とボビー・マギーには 十分だった


ツアーから3か月後の10月4日、アルバムをレコーディング中だったジャニスは、自室で亡くなっているところを発見された。
享年27歳、ドラッグの過剰摂取が死因だ。

ジョーン・バエズからジャニスの死を知らされたクリスは、ジャニスがレコーディング中だったスタジオに行った。
彼女の遺した「ミー・アンド・ボビー・マギー」のテープを聴いて、クリスはこう言ったという。

「ジャニスのために書いたわけじゃないのに、ジャニスのことのようだ」


ジャニスに歌い継がれて死後に発売された「ミー・アンド・ボビー・マギー」は、1971年3月に全米チャート1位の座に輝いた。
シングル盤が大ヒットしたのは、ジャニスにとってこれが最初で最後のことだった。

それから40年以上もの年月を経て、クリスは2013年6月に取材に答えてこう語っている。

「ボビー・マギーは私にとって重要な歌だ。歌うたびにいつも、まだジャニスについて考えるんだ」


Pocket
LINEで送る

スポンサーリンク

関連アーティスト

関連するコラム

[TAP the STORY]の最新コラム

このコラムへの感想・コメントを書く

Pagetop ↑