「本物の音楽」が持つ“繋がり”や“物語”を毎日コラム配信

TAP the POP

TAP the SONG

内田裕也がカヴァーしたレイ・チャールズの「ワット・アイ・セイ」~クレイジーで穏やかなロックンローラーの歌声

TAP the SONG

「愛さずにはいられない」~レコード会社の反対を押し切って自分の音楽の純粋性を貫いたレイ・チャールズ

ソウル・ミュージックの先駆者として活躍してきたレイ・チャールズは、主に黒人音楽のレコードを扱っていたアトランティックとの契約が切れた1960年、きわめて好条件を…

TAP the SONG

多くの日本人が忘れていた「忘れないわ」を縁があって歌い継いだシンディ・ローパー

「けっしてあなたのことを忘れない」という意味を持つ日本語の歌に、シンディ・ローパーが最初に出会ったのは1982年のことだった。 ブルーエンジェルというバンドでデ…

TAP the SONG

追悼・森山加代子の華やかな復活~「白い蝶のサンバ」を書いて強く推した阿久悠のカムバック・ソング論

打ちひしがれた人が希望を取り戻して、元気に立ち上がれるようになるには、どんな歌が必要とされているのか…? そんな作詞家の思いを象徴するような歌として生まれたのが…

TAP the SONG

レイ・チャールズの記憶がジャズ・スタンダードと出会って生まれたソウルの傑作「我が心のジョージア」

ジョージア州オルバニーで生まれたレイ・チャールズは、数カ月後にはジョージア州との州境に近いフロリダ州北部に移り住んで、極貧に近い暮らしのなかで育った。 そして7…

TAP the SONG

意味不明の歌詞でも大ヒットした森山加代子の「じんじろげ」は中村八大による多国籍ポップスの傑作

日本における”変な歌”の歴史において筆頭格、まるで意味不明な歌詞にもかかわらず1961年に大ヒットした「じんじろげ」は、インドが発祥地と…

TAP the SONG

忌野清志郎「自分の感じたことを、そのまま形にしたいから、一つの詩を、ああでもない、こうでもないと、何日も考えてる」

(写真・井出情児) 「ダーリン・ミシン」という不思議なタイトルの歌を書いたのは忌野清志郎だ。 まだ貧しくて無名の恋人同士、「君」と「僕」が部屋で過ごしているシチ…

TAP the SONG

無名時代だった阿久悠を慰めてくれたレイ・チャールズの「旅立てジャック」と坂本九の「上を向いて歩こう」

中村八大&永六輔コンビの書き下ろしによる「上を向いて歩こう」が、坂本九によって「第3回中村八大リサイタル」のなかで最初に唄われたのは1961年7月21日のことだ…

TAP the SONG

作曲家コンクールの応募曲からスタンダードになった「翼をください」に託された夢

「翼をください」が発表されたのは1970年の11月、三重県志摩郡のリゾート施設「合歓の郷」で開催されたプロの作曲家によるコンテストの会場においてであった。 これ…

TAP the SONG

ボ・ディドリーにインスパイアされて生まれたローリング・ストーンズの「19回目の神経衰弱」

ザ・ローリング・ストーンズのシングル「19回目の神経衰弱」は、53年前の1966年2月5日にUKで、2月12日にはUSでも発売された。 その新しいリリック・ビデ…

TAP the SONG

16歳にしてひとつの到達点にまで至った山口百恵のバラード「冬の色」

1974年の夏に「ひと夏の経験」が大ヒットしてからの山口百恵は、歌手としてだけではなく芸能活動全般において、あきらかに勢いがついてきた。 9月に新曲の「ちっぽけ…

TAP the SONG

沢田研二によって発売から50年でスタンダード・ソングになってきた「風は知らない」

タイガース時代の隠れた名曲といわれていた「風は知らない」が、2018年から19年にかけて行われているツアー〈沢田研二70YEARS LIVE『OLD GUYS …

4 / 28<<...23456...>>

SNSでも配信中

Pagetop ↑

トップページへ