140331_bobdylan

BOB DYLAN ボブ・ディラン特集

bob-dylan-carnegie-chapter-hall11

TAP the DAY

〈吐きすて〉の歌の原点=11月4日、ボブ・ディランの初コンサートには53人の客しかいなかった

ボブ・ディランの初コンサートが行われたのは1961年の11月4日、場所はニューヨークのマンハッタン7番街と57丁目の一角を占めるカーネギー・ホールだ。 ただしカ…

news_151004

TAP the NEWS

The Times They Are A-Changin’〜変わりゆく時代、変わることのない歌のチカラ〜

19歳になったボブ・ディランは、ミネソタ大学を中退して単身ニューヨークに移住する計画を立てていた。 1961年1月20日、テレビのブラウン管に映し出されたジョン…

tumblr_maaxhotEIg1rbq3vro1_1280

TAP the ROOTS

ディランに解放を叫ばせたのは何だったのか?

♪ 我が愛する人  彼女は、沈黙の如く語る  理想論も暴力もない   ♪ 「ラヴ・マイナス・ゼロ/ノー・リミット」はボブ・ディランが1965年に発表した5枚目の…

dylan

TAP the ROOTS

ボブ・ディランが4丁目の仲間たちに送った辛辣な言葉

♪ この僕を友達と呼ぶとは   どんな神経をしているんだ   僕が落ち込んでた時   ただ突っ立って   ニヤニヤ笑ってた君が  ♪ 4丁目。それはボブ・ディラ…

dylan1965

TAP the ROOTS

ボブ・ディランが描こうとした「聖と俗」「空と色」。そして「彼女」の正体は?

♪ 人々は手に薔薇を携え   時間ごとに誓いを立てる   我が愛する人   彼女は花の如く微笑む   ヴァレンタインでは   彼女の心は買えないのだ ♪ ボブ・…

1.-Bob-Dylan-Newport-Folk-Festival-July-25-1965-1

TAP the ROOTS

ディランが別れを告げたベイビー・ブルーの正体

♪ ここから去るがいい   必要なものを   永遠に残ると思ったものを手に ♪ アルバム『ブリング・イット・オール・バック・ホーム』が発売された1965年の夏、…

bobdylan

TAP the ROOTS

「ローリング・ストーン」(転がり続ける石)となる強い決心

♪ ハイウェイはギャンブラーのもの   感覚を使うのさ    偶然、集めたものを   手にしていくがいい      ♪ 「イッツ・オール・オーヴァー・ナウ、ベイ…

extra_140331_yamaguchi

Extra便

山口洋が語るボブ・ディラン

TAP the POPにもコラムを寄稿していただいているHEATWAVEの山口洋さん。 先日、ご自身のブログに書かれたボブ・ディランに関する文章【blog上地獄…

EdieSedgwick1966

TAP the ROOTS

疲れと乾きの中でディランが心惹かれた「色」-Just Like A Woman-

♪ 彼女は女の如く奪い、そうさ   彼女は女の如く愛を交わし、そうさ   そして彼女は女の如く痛みを感じる   だが、少女のように   わっと泣き出すのだ   …

bob-dylan-band-1965

TAP the ROOTS

ドラッグ・ソングとされた「雨の日の女」に隠された時代の伝道者の叫び声

♪ みんな、ゲット・ストーンドすりゃいいのさ ♪ マリファナでハイになった状態のことを、ストーンドといいます。 実際、スタジオではミュージシャンたちがマリファナ…

Dylan_Baez

TAP the ROOTS

「ジョアンナ」を自分のことだと信じようとしたジョーン・バエズ

「ねぇ、マジソン・スクエア・ガーデンで演ろうよ」  突然、ボブはそう言った。 「怖いわ」  ジョーンは少し考えた後、そう答えた。 「それって」と、彼女は言葉を続…

jimi

TAP the SONG

ジミ・ヘンドリックスの「All Along The Watchtower / 見張塔からずっと」

1967年11月、ボブ・ディランはバイク事故による休養と沈黙を経て、アルバム『John Wesley Harding』をリリースする。 その頃、ジミ・ヘンドリッ…

dylan_1968

TAP the DAY

姿を消したディランを再び表舞台へと導いたウディ・ガスリー追悼コンサート

ウディ・ガスリーは、フォークソングの父とも称される人物だ。 1912年にオクラホマで生まれ、大恐慌時代のアメリカを放浪し、各地のフォーク・ソングを歌い継ぎながら…

story_140315

TAP the STORY

ディランがカントリーの聖地、ナッシュビルに求めた救い

1969年2月、ボブ・ディランはカントリーの聖地、ナッシュビルにいた。 激動する時代の波にのまれ、バイク事故による休養も重なってコンサートから遠ざかっていたディ…

story_140322

TAP the STORY

ボブ・ディラン〜TV出演で、ディランの意外な悩み

1969年6月7日に始まったカントリーのアウトロー、ジョニー・キャッシュによるTV番組「ジョニー・キャッシュ・ショー」の第1回。 ゲストは28歳のボブ・ディラン…

10262182_861890130492622_1961953546822815467_n

Extra便

【スペシャルライブレポート】中川五郎が語る“今”のボブ・ディランの魅力とは?

(このコラムは2014年4月の来日時に公開されたものです) 「アップデート」、「バージョン・アップ」、あるいは「上書き」。 3月31日、東京Zepp Diver…

pat_garrett

TAP the LIVE

ブルース・スプリングスティーンの「天国への扉」を聴いてディランに蘇った原風景

2015年2月6日。 グラミー賞の2日前となるこの日、ロサンゼルスのコンベンション・センターではボブ・ディランのトリビュート・コンサートが催されていた。 ミュー…

dylan_blue

TAP the ROOTS

ブルーにこんがらがって(前編)

「10年の人生を、2年かけて書き上げた曲」 ステージの上で、ディランは「Tangled Up in Blue」(「ブルーにこんがらかって」)について、そう説明し…

dylan_blue

TAP the ROOTS

ブルーにこんがらがって(後編)

【前編はこちらからどうぞ】 さて、前編で「Tangled Up in Blue」(「ブルーにこんがらかって」)の物語を時間軸に合わせて再現すると、4)節目からス…

bob-dylan-last-waltz

TAP the LIVE

『ラスト・ワルツ』の本番中に突然、同じ曲を2回演奏したボブ・ディラン

ザ・バンドの伝説的なコンサート、ラスト・ワルツでトリを飾ったボブ・ディランについて、ロビー・ロバートソンはこう振り返っている。 「大勢が僕たちと演奏しに来てくれ…

every grain of sand

TAP the ROOTS

エヴリィ・グレイン・オブ・サンド~先達たちの遺産

数多く存在するディラン伝説のひとつが、その名前だ。 ロシアでの迫害からの逃れてアメリカへやってきたユダヤ系移民の孫としてミネソタ州で生を受けた時、彼の名はロバー…

keith_richards_2006_08_15

TAP the NEWS

その歌は貧しい人々のために唄われた・前編〜ディランの歌、反骨の血、その源流を辿る〜

■世界で最も貧しい国の男たち“サプール”が全力でオシャレする理由(しらべぇより) 大半の国民が1日1ドル以下で生活をするこの国で、アルマーニやプラダといった一流…

Bob Dylan & Tom Petty

TAP the LIVE

ボブ・ディラン~引退を思いとどまらせたロカルノでのコンサート

1987年7月、グレイトフル・デッドとのツアーの中で歌い方を変え、力を取り戻したディラン。 (詳細はこちら【TAP the LIVE】ボブ・ディラン~年配のジャ…

dylan&springsteen

TAP the LIVE

アメリカが生んだ2人の偉大なミュージシャン、ディランとブルースによる共演

詩人、そしてフォーク・シンガーとして知られるボブ・ディランだが、ロックにも多大な影響を与えたことが評価されて、1988年にロックの殿堂入りとなる。 その授賞式で…

スポンサーリンク

Pagetop ↑