すべてはこの男から始まった〜ジョニー・キャッシュ特集

Pocket
LINEで送る

TAP the POPはスタートした2013年11月当初より、ある一人のアーティストに心を動かされてきました。
「音楽が秘めた力を、もっと多くの人たちに知ってほしい。広めたい」
「
音楽が持つ繋がりや物語を、次の世代に伝えたい。聴いてほしい」
これは私たちのポリシーですが、“ジョニー・キャッシュ”と出逢わなければ、この想いや取り組みは生まれなかったと思います。

今回はこれまで配信してきた関連コラムを年代順にまとめて特集します。
1950年代半ばのR&R黎明期、激動と信念の60〜70年代、不遇だった80年代、伝説の復活となった90年代、そして死と向かい合った00年代──ジョニー・キャッシュという“人間ドラマ”を巡ります。

編集部が推薦するジョニー・キャッシュの3枚


220px-The_Legend_of_Johnny_Cash
『The Legend of Johnny Cash』
1955〜2003年の全キャリアを包括したアンソロジー。全米でベストセラー。

220px-Johnny_Cash_At_Folsom_Prison
『At Folsom Prison』
1968年の伝説の刑務所ライブ。翌年の『At San Quentin』も必聴です。

220px-JohnnyCashAmericanRecordings
『American Recordings』
新しい世代に支持された1994年からの晩年録音集。全6作とも左胸直撃です。

Pocket
LINEで送る

Extra便

ジョニー・キャッシュ〜【特集序文】老いても、それでも歌い続けるということ

ロックンロールが産声を上げたばかりの1950年代半ば。 エルヴィス・プレスリーは、幼い女の子たちに挑発的に腰を振ってすべての大人たちから怒りを買った。そしてチャ…

TAP the STORY

カール・パーキンス〜男の美学が生んだ名曲

ジョニー・キャッシュとカール・パーキンスは、ともに55年にサン・レコードからデビューする。 キャッシュがすぐに「Cry Cry Cry」のヒットを出したのに対し…

TAP the LIVE

ジョニー・キャッシュ~囚人をも魅了する反逆のカリスマ

その生涯で何度にも渡って、刑務所での慰問コンサートを行ってきたジョニー・キャッシュ。 初めて刑務所で歌ったのは1958年の1月1日、場所はカリフォルニア州で最も…

TAP the STORY

ジョニー・キャッシュ〜“本物”を伝え続けた奇跡のTVショー

「俺はここ以外で、やらないよ」 ジョニー・キャッシュは自身の名前がつけられたTVショーの収録会場について話し合っている時、キー局のお偉方にそう言い放った。“ここ…

TAP the STORY

ノーパンの魔女

「リンダがジョニーとリハーサルをしていたの。 見ていたジューンは彼女がノーパンだと気づき、楽屋にもどってきてこう言ったわ。 “誰かブルマーを買ってきて!リンダが…

TAP the STORY

ロイ・オービソン〜泣いた男たちの果樹園

「どっちにしても君は歌が下手だし、弱々しい声だから、聴衆がよく聞こえるようにマイクに近づいて歌うことだな」 デビューのきっかけとなったサンレコードを辞めて他のレ…

TAP the STORY

いつも黒い服をまとう男、ジョニー・キャッシュ

20世紀の後半はロックとカントリーの間には、歴然とした境界線があった。 そうした時代だったにもかかわらず、ジョニー・キャッシュが立ちはだかる壁を越えて活躍し、両…

月刊キヨシ

ジョニー・キャッシュ〜ほつれかけの星条旗

次の大統領、トランプが、アメリカはもはや、「世界の警察官」ではないと言い出したが、残念ながら介入で立ち直った国の噂は聞かない。 「Ragged Old Flag…

TAP the PIC

デラウェア川

ジョニー・キャッシュの「Ragged Old Flag」に出てくる一場面。 アメリカの田舎町。すっかりさびれた郡(カウンティ)の庁舎の前にあるベンチに老人は座っ…

TAP the STORY

1973年、大切な曲

1973年。いわゆるビートルズの「赤盤」「青盤」と呼ばれるベスト盤が発売された年。 ジョニー・キャッシュの長女であり、その後、何度もグラミー賞を獲得することにな…

Extra便

ウィリー・ネルソンとウェイロン・ジェニングス〜カントリーのアウトローたち

1960年代のカントリー界は、商業的成功を第一に掲げたクセのない甘くポップなサウンドが主流となっていた。テネシー州ナッシュビルがすべてをコントロールしていたが、…

TAP the STORY

ジョニー・キャッシュ〜とんだところでキースとばったり

ロック、カントリー、ソングライター、ゴスペル。4つの部門での殿堂入りを果たした歌手はジョニー・キャッシュをおいて他に誰もいない。 1992年1月、ロックン・ロー…

TAP the STORY

世代を超えて通じ合う、アウトローの心

カート・コバーンが「ジョニー・キャッシュのようなシンガー・ソングライターとして評価されたい」と憧れを公言していたように、カートの自殺の1ヶ月前にデビューを果たし…

TAP the NEWS

救いの歌〜二人のカリスマの出会いと死〜

♪「Redemption Song」/ジョニー・キャッシュ&ジョー・ストラマー 【ジョー・ストラマー命日・トリビュートコラム】 2002年4月、ジョニー・キャッ…

TAP the STORY

ジョニー・キャッシュ「Hurt」〜声に滲む、ロックンロールの本質

リック・ルービンは、完成した「Hurt」のビデオクリップを初めて観た時、作り手側でありながら感極まって涙したという。 「ジョニー・キャッシュは本当に素晴らしいア…

TAP the NEWS

よみがえる歌〜Ain’t No Grave〜

♪「Ain’t No Grave」/ジョニー・キャッシュ 俺の死体が入る墓 そんなものは存在しない ラッパの音色が聴こえたら 地面を突き破り 墓を抜…

TAP the LIVE

ジョニー・キャッシュ~最後に遺した言葉

30年以上に渡ってジョニー・キャッシュを支え続けてきた最愛の妻、ジューン・カーター・キャッシュが亡くなったのは2003年5月。 ジョニー・キャッシュ自身も自律神…

TAP the STORY

一本の電話〜最後のレコーディング

奇跡のような最後のレコーディングは、あの一本の電話から始まった。…

TAP the COLOR

黒衣の男ジョニー・キャッシュ

★ダウンロード/ストリーミング時代の色彩別アルバムガイド 「TAP the COLOR」連載第29回 ジョニー・キャッシュほど、音楽と真摯に向き合った人はいない…

TAP the PIC

ジョニー・キャッシュミュージアム

2013年5月1日、ナッシュビルにジョニー・キャッシュ・ミュージアムがオープンした。 カントリーのメッカであるこの地にはカントリー音楽の殿堂博物館や、ウィリー・…

月刊キヨシ

【特別企画】 ジョニー・キャッシュ来日コンサートの思い出

≪まえがき≫ 日本にも熱烈なファンが多いジョニー・キャッシュだが、来日公演のことになると、あったのかどうかが、どうもはっきりしない。調べていると、1962年11…

TAP the LIST

TAP the LIST〜伝説のジョニー・キャッシュ15曲

多くのミュージシャンに影響を与えてきた〈マン・イン・ブラック〉ジョニー・キャッシュ。彼が遺してきた(星の数ほどある)楽曲群の中から、TAP the POPが厳選…

スポンサーリンク

Pagetop ↑